美濃赤坂線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

美濃赤坂線(みのあかさかせん)とは、JR東海のローカル線である。JR東海道本線唯一の盲腸支線となっていて、ほとんど利用者がいないのに1919年からずっと存続している。

概要[編集]

大垣駅からボロい南荒尾信号場を経由して超ド田舎無人駅の美濃赤坂へ向かう路線である。 昔は東海道線の直通快速列車や4両編成の電車も走っていたが、近年は路線の合理化が進み、ほとんどの列車がワンマン列車の2両編成になった。また、有人駅は大垣駅のみになってしまい、JR東海から見捨てられた名松線よりも有人駅の数が少なくなってしまった。また、超ド田舎なのでICカードは使えない。また、駅番号が設定されていない。 全線単線で、路線距離が5kmで駅数が3駅しかないのに全線電化されている。

運行状況[編集]

2両の313系が2時間ごとにのんびりと行きかっている。ボロいので最高速度85km/hになっている。平日ダイヤで18.5往復しかない。 こんなにひどいローカル線なのに、1960年代末期には、大垣夜行が、美濃赤坂支線を走行したことがある。どうせ嘘だと思うけど

列車[編集]

普通列車[編集]

ほとんどがワンマン列車で運行されている。3駅しかないので、すぐに終点についてしまう。 今は「美濃赤坂」、「大垣」にしか行かないが、昔は「名古屋」、「豊橋」、「岡崎」、「大府」、「刈谷」、「笠寺」、「浜松」、「静岡」、「東京」など、様々な方向へ行く列車があった。

快速列車[編集]

かなり昔に廃止された。名古屋まで直通していて便利だったが、火災帝国の陰謀により廃止されてしまった。 美濃赤坂線内では各駅停車だったので快速の意味が無かった。

特急列車[編集]

そんな列車は走っていません。

急行列車[編集]

そんな列車は走っていません。

貨物列車[編集]

美濃赤坂駅より北を走っている赤字鉄道会社とJR貨物による貨物列車は石灰石を運搬する1日2往復の専用貨物列車が、美濃赤坂駅で接続するどこかの駅から美濃赤坂線美濃赤坂駅 - 大垣間と東海道本線大垣 - 笠寺駅間を経由して、名古屋のどこかの鉄道会社の名古屋の南の貨物駅まで運行されている。

幽霊電車[編集]

一部列車は人間界とはとても思えない区間に乗り入れている。特に美濃赤坂以北は人外魔境とされており、謎の場所に向かう線路すらあるため探検はおすすめできない。実際、魔列車が設定されていたという証言もある。2008年ごろ、美濃赤坂駅付近で発見された人間二名の証言によると、その列車は「ああああああああ駅」「浜松駅」「鹿児島駅」「大阪駅」などの駅に停車し、あれが満載されたことから二名とも窓から飛び降り、気づいたら美濃赤坂駅に留置中のワンマン列車の車内にいたという。どこかの地方では「旧型くん」と呼ばれているが、大垣付近で目撃された時には茶色のボロい車体に魔改造されていたという。

存続の理由[編集]

  • 美濃赤坂駅の木造駅舎を取り壊すのがもったいないため
  • 西濃鉄道に怒られてしまうため
  • 廃線のための手続きがタルいため。
  • 沿線住民に怒られてしまうため
  • 313系3000番台の居場所がなくなってしまうため
  • 日本貨物鉄道に怒られてしまうため

ずっと貨物列車が廃止されない事を根拠に、最後の説が最も有力視されている。

関連項目[編集]