絶交

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

絶交(ぜっこう)とは、主に幼稚園から小学校低学年程度の友達同士が、よりお互いの友情を深める際に行われる、一種の通過儀礼である。「絶交」とは「交わり」を「絶つ」意であるが、実際は絶つどころか、強化してしまう作用を持つ。しかし、近年はシカトに取って代わられつつある。

まあ、要はツンデレを小学生サイズにしたものである。(ただし、一部の地域では粛清を意味するので注意が必要である。)

絶交の発生[編集]

絶交の発生は、例えば待ち合わせに来なかったとか、カードおもちゃを取られたとか、そういうことから始まる。このとき、何らかの被害を受け、「もう一緒に遊びたくない!」と思った友人(以下友人A)が、その加害者の友人(以下友人B)に、絶交を宣告することで、絶交は発生する。宣告の手段としては、以下のような方法がある。

  • 直接
最も単純且つ汎用的に使われる方法。出任せの時もあれば、何日も前から決心して言うこともある。すぐ反論できるので、効果は薄い。しかし、言い方、表情によっては、大きなダメージを与えることとなる。
  • 電話
宣言の後、友人Aがすぐ電話を切ってしまうことで、大きな精神的ショックを与える。しかし母親の長電話など、実現不可能な場合もある。
  • 手紙
靴箱や机の引き出しにいれ、開けたとき衝撃の事実を知る、という方法。友人Aが直接告げる訳では無いので、効果が出たかどうか友人Aは知ることが出来ない。よって、「あの手紙……読んだ?」などとおずおず尋ねてしまうことになる可能性がある。

絶交の進展[編集]

絶交の宣告をするとしばらくして、友人Aは「あんなこと言わなきゃ良かった……。」、友人Bは「あんなことしなきゃ良かった……。」と思う。それによってお互いの大切さをもう一度認識し、2人の対立も雪解けに向かう。この時期は短くて3秒、長くても1日程度である。

絶交の終焉[編集]

先述のような流れを経て、2人は仲直りをする。このとき、プレゼントなどを持っていくと効果が倍増する。しかし、このとき、タイミングをしっかり見計らないと、失敗に終わることがある。そうするとまた一からやり直しである。

絶交の効果[編集]

時間が過ぎればいい想い出になるものである。

そして、仲直りするまでの時間が短ければ短いほどあとで必ずにやける


この項目「絶交」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)