種付けプレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ひよこ陛下
Notアダルトな記事
この記事は多少えっちだけどYahoo!きっずキッズgooでも見れる記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。
これでエロいとかってんなら、魔乳秘剣帖を規制してみやがってください。お願いしましたよ。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「種付けプレス」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「種付けプレス」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「種付けプレス」の記事を執筆しています。

種付けプレス(たねつ-)とは、農林水産省が発行している農水機関誌である。

概要[編集]

種付けプレスは年四回の季刊発行誌で、主に種苗類の植え付け/放流に関する話題を扱っている[1]。農業にせよ漁業にせよ、個別でバラバラにやっていても効率は上がらない。その為各地域が一斉に足並みを揃えて行動しなければならず[2]、その意思統一の手段として愛好されている。

版型はB5版で一般書店での販売は現在行われておらず[3]、全国のJAにある物販コーナーでのみ購入可能。2018年現在の価格は1,380円(税込)。

傾向[編集]

季刊発行としての特性を生かし、三ヶ月毎の種苗予定表や種芋/稚魚などの誌上通販に農水関連の交流ページまでその内容は多岐に渡っている。最近では種付けを扱ったマンガライトノベルも掲載され、ニコニコ動画pixivにもタグが出来るなど若者層にも人気となっている[要出典]。元は「季節の種苗読本」というタイトルだったが、1978年に農水省から農林水産省に名称が変更された際に本誌も今のタイトルへと変更された。

脚注[編集]

  1. ^ 「種苗」と言うと字の如く種や苗が思い浮かべられる事が多いが、稚魚なども含まれる。尚、海草類の場合は「胞子」と書くことも。
  2. ^ 新規就農者が陥りがちな落とし穴として、周囲と足並みを揃えず身勝手に有機農法や珍品種の栽培をして周囲に迷惑をかける、という事が良く有る。
    土は繋がっているし害虫たちも拡散するため、一戸が勝手なことをすると皆が迷惑するのである。
  3. ^ 過去には行われていたが、そもそもの発行部数が少数でありコスト高騰から廃止された。

関連項目[編集]