煽りあい

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あおり」の項目を執筆しています。
参加者の様子。

煽りあい(あお-)とはネット上で広く行われる新感覚対話型文筆コンテストである。「気に食わないから消えろ」というたった11文字で表される文章を変形していかに多彩かつ幼稚な愛嬌のある文章を作れるかを競う。

概要[編集]

このコンテストはインターネット上や学校大奥等でかつて行われていた「醜い喧嘩」を芸術の域まで昇華した物である。考案者は不明。参加者は小学生43%、中学生24%、高校生21%、その他が12%となっている。職種は自宅警備員が86%を占める。(日雇い含む)伝統を重んじるあまり、傍から見れば起源である喧嘩となにも変わっておらず、根拠の無い馬鹿の争いにしか見えないが、参加者はお互いに切磋琢磨し高めあっている事を忘れてはならない。それはこのコンテストのキャッチコピーである「由々しき仲にも礼儀あり」という言葉に強く表される。

参加資格[編集]

規定では「13歳以上であり、かつ現状の生活に不満のある者のみ」となっている。つまり小学生は参加出来ない。これはあまりにも小学生が優秀過ぎる(ネタにもなる)ためである。そのため、参加者の脳内に「小学生探知フィルター」が埋め込まれるようになった。ただし現在は年齢を偽る精神年齢小学生が増加してきているのが現状である。他にも内容の薄い文章を水増ししていかにも正しい主張であるかのように見せかけるなどの高度な文章力は必須とされる。

流れ[編集]

開催[編集]

まずは掲示板などに内心では全く思ってもいない過激な内容を書き込む。この際内容は何でも構わない。例えばアンチスレに特攻したり、「他県と比べて東京は被害が少なくてありがたい」等の不謹慎な発言をしたりするなどが挙げられる。その後、それを見た掲示板の住民がその発言に対し喧嘩を売却する。(1ドル)そして待ってましたとばかりに言い返し、茶々を入れることによって煽りあいが成立するのである。しかしこれはあくまでも全日本煽りあい協会の推奨している方法であり、大体の人は大したことない矛盾があったり、既に容認されているどうでもいい日本語の間違い(「爆笑は1人じゃできないんだがwwww」)等のネタになりそうな普通の書き込みを探してうまく相手の神経を逆撫でし、コンテストを開催させている。

投稿[編集]

忙しい参加者の例。

前述の流れの後、対話のように自分の書いた作文を投稿していく。この際どんなに長く複雑な文章でも内容を要約した場合すべて「気に食わないから消えろ」に帰結するようになっていなければならない。内容は最初のきっかけと一切関係なくてもよい。内容に応じて加点・減点がつく。相手の揚げ足を取る、または情弱扱いする等が基本テクニックである。長文であるほど高得点であり、やけに長い文章だと思ったら同じ事を繰り返しているだけということもある。また協会により以下の用語を相手に使用すると得点になるという一覧が提示されている。ここは重要な得点源となる。

子供系統
オタク系統
社会的立場系統

なおこの一覧は協会設立時に設定されたまま変わっていない。これは新規に追加する向きもあったのだが、これ以外見たことないという理由で棄却されているためである。
この他にも

  • html構文の入力((´◉◞౪◟◉)やm9(^Д^)プギャーなど)
  • 草を生やす
  • 逆に大草原を不可避状態にする。
  • こじつけにより相手の主張が一貫してないことにする

等がある。逆に減点要素としては

  • 敬語の使用
  • 無視(厳禁)
  • ユーモアや機知に富む内容
  • 「喧嘩はよそでどうぞ」と発言する等の妨害行為
  • アンサイクロペディアへのリンクの貼り付け(皮肉が思い付かなくても「これ見とけ」等は禁止)

などがある。
対話型ということもあり、このやりとりは時に3日以上にも及ぶことがある。

審査・表彰[編集]

審査はやりとりが終息した後、参加者自身によって行われ、作れた作品数、その長さ、そして前述の加点・減点ポイントを考慮して総合的に判断される。優勝すると賞品として名誉の贈呈が行われる。

煽りあいの例[編集]


評価[編集]

このコンテストに対し、各界から様々な評価がある。教育現場では「インターネット上での誹謗中傷」として否定的に捉えられることが多い。しかし、煽りあいはしばしば「楽しく生徒の国語力を鍛える最高の教材」として扱われる。
一方自民党では「コンテストのより一層の振興のためにも憲法改正が不可欠」との見方を示している。文部科学省は「極めて文化的な催しである。エクストリームスポーツ化も検討している」と話している。

関連項目[編集]

アンサイクロペディアで行うと名誉だけでなく閲覧専用権限も参加賞として獲得できる。


何だよこの記事wwwこんなつまんない記事書けんのってある意味天才なんじゃねえの?()なあ?(´◉◞౪◟◉)いや、早く直せよwwwもしかして九九覚えられなくてそんな余裕ないのかな?(。☉౪ ⊙。)これ以上は面白く出来ないのかなぁ?(^w^)wwwww (Portal:スタブ)