溶解ウォッチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: 妖怪ウォッチ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「溶解」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「溶解ウォッチ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

溶解ウォッチ(ようかいウォッチ、英語: Dissolution Watching)とは、物体が溶けゆく様をひたすら映し続けるというコンセプトのもとに作成された映像シリーズである。

概要[編集]

企画段階での試案。

様々なものを溶解し、その原型が無くなるまでを定点観測、あるいは追いかけるドキュメンタリーである。

製作のきっかけはTOTOの販売員ケータが、ある日福岡県に住む6歳の女児ふみちゃんに「トイレットペーパーはなぜアイスクリームではないのに溶けるのか?」と質問され、「大王製紙に聞けよ!!」と思ったが、自分も良く知らないため、その様子をビデオ撮影したのが原型である。その後、映像製作会社で、ノルウェーの暖炉にくべられた薪が燃える映像を淡々と流す番組の対抗作品として企画化された。

シリーズ化当初の作品は単純に物体を溶かし、液化していく様を撮影しており、物体が消え去っていく様が滅びの美学を表現するものとして高い評価を受けていた。しかし、レベルファイブに達した段階で早々にネタ切れを起こし、後述する作品リストに見られるように、視覚的概念やコミュニティへの同化、慣用句などを対象とする言葉遊びに走り始めて大喜利のようになり、最終的に溶解の文字すら違う始末となりシリーズは完結した。

ニッチ市場での長い期間の評価を保つためには、不断の創造性の発揮と迅速な撤退の強い決断力が必要であることを示した作品であるが、作品の評価としては科学への知的好奇心をくすぐり、独創的な視点のテーマが多く、個々の作品が様々な業界から高い評価を受けている。

作品リスト[編集]

作品番号 溶解対象 作品概要 備考
No.1 トイレットペーパー トイレットペーパーが便器に流され、水に溶けきるまで様子を撮影。ティッシュペーパーが溶けない様も同時撮影。 エリエールを始めとした数社のトイレットペーパーを使用。
No.2 アイスクリーム コンビニで購入後、溶けることでバーなどから落下し、地面に落下後、蒸発するまでの様子を撮影。 撮影スタッフに脱水症状を起こすものが多数発生した。
No.3 溶鉱炉での鉄鉱石から鉄が精製される様と、溶接作業の様子の2段構えで撮影。 暑苦しい、まぶしいと言ったクレームが多数届けられた。
No.4 石灰質 卵の殻や貝などの石灰質で構成されたものを、同時進行で溶かしていく形式で撮影された。 もっとも科学的で地味な作品であったが、高評価であった。
No.5 バター バターを溶かす様子を撮影するつもりだったのだろうが、大半の映像は料理シーンであった。 その料理手法とメニューの多彩さから、上沼恵美子川越達也など料理に造詣が深い著名人より高評価を受ける。
No.6 血栓 t-PA治療によって血栓が溶解する様を、ナノマシンカメラで撮影。非常に近未来的な高高度技術によって撮影された。 医学的見地から見て大変貴重な映像作品であり、世界的に高い評価を受けた。
No.7 チョコレート 湯煎で溶かされ型に入れ冷蔵庫で冷やし、デコレーションされて大切なあの人に放課後の教室で渡されるまでが撮影された。 見ているだけで甘い。
No.8 白球 野球のプレーヤーにカメラを装着し、薄暮の空やグラウンドにボールの色が同化する場面が多数収録されている。 視覚的な意味で「溶ける」を使い、本体の趣旨から逸脱し始める。しかし、この映像作品自体はプロアマ問わず野球チームが導入するヒット作となった。
No.9 父・祐太郎(33歳) イスタンブールに転勤の辞令を受け、現地職員と心を通わしオン・オフ共に充実した毎日を送るまでが撮影された。 現地のコミュニティに「溶け込む」のであって、対象が「溶ける」形ではない形式となった。
No.10 娘・麻奈(7歳) 父の転勤に伴い、イスタンブールに移住してきた少女が現地の子供たちと心を通わすまでが撮影された。 No.9と同時撮影。
No.11 産業スパイ ライバル会社に入り込み、潜入先の上司に気に入られ、何も知らない専務の娘である女性社員に言い寄られ、その心地よさに揺れながらも企業情報を入手に暗躍する姿が撮影された。 しかし、窓際社員である横山には最初から見抜かれていた。No.9同様、「溶け込む」タイプ。
No.12 会社から横領した金 3000万円を横領し、競馬で失う様子が撮影された。 大金が次々無くなっていく様が、臨場感あふれる映像。
No.13 愛する君の髪 様々な人の髪をブラッシングする様子が、途切れることなく収められている。 とうとう文字が「梳かす」となり、元々の趣旨と関係が無くなる。しかし、男女の愛情が溢れる映像は高評価を得た。
No.14 スマートフォン 提供期間が短い事と仕様がよく変わる事からお金がよく溶け込む。 ゲームにおいてもお金を使った感覚が分かりにくいので、機種・アプリでも提供会社は錬金術が多数横行していると言う。

関連項目[編集]


Jibanyan.jpeg ぎゃーーーー酷いニャン。「溶解ウォッチ」が、ピンチのときなにもしないなんてひどいニャン。ここは、最強の記事目指してがんばるニャン。 (Portal:スタブ)
銀
流行記事大賞 銀賞受賞記事

この記事は2014年流行記事大賞にて銀賞を受賞しました。
歴代の銀賞受賞記事を探す