渋川市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渋川市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「渋川市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「渋川市」の項目を執筆しています。

渋川市(しぶかわし)は、日本列島中央部にある群馬県のそのまた中央部に位置する、きわめて中央志向の強い都市である。「へそ湯立て」というへそを沸かす珍しい伝統芸能が残されている。

概要[編集]

日本のへそ[編集]

北海道宗谷岬から鹿児島県佐多岬(沖縄県ではなくて)までの真ん中にあることと、坂上田村麻呂のお墨付きで、渋川は「日本へそ」であると自称している。

そのため、になると、へそをだして腹踊りをする「へそまつり」なるものを開催しており、公衆の面前で贅肉をさらけ出し滑稽な格好をして踊り続けなければならず、いわば羞恥プレイといえるが、ドMな渋川市民には や、桐生の八木節にくらべると非常に華がないものとなっている。

ただ日本のへそと名乗っている都市は他にもいくつかあり、特に「日本へそ公園」を設立してみせた兵庫県西脇市とは長い冷戦中だが、そもそも日本のへそを誰が裁定できるのかは誰にも分からない。

伊香保温泉[編集]

その昔、へそから湯を出す能力を持つがこの地に降臨したことから、温泉の湧出口は今でも「神のへそ」と呼ばれている。その開湯神話を再現したものが「へそ湯立て」といわれる神事である。

走り屋の聖地[編集]

鉄馬信仰を基にしたカルト宗教団体である走り屋聖地であり、その一派であるハチロク分派根本経典の舞台となっている。聖地であるにおいて、神速を極めることによりとの一体化を目指すことが彼らの教理であるが、太田市を拠点とするテロ集団であるスバリストとは長年にわたる抗争を繰り広げており、殉教者も続出していることから両者の関係は険悪である。

地理[編集]

群馬県中央部利根川吾妻川合流地点榛名山赤城山中間地点に位置する。

渋川市街地は榛名山の裾野にあり、古くは群馬郡に属し、近世まで高崎の勢力下にあったが、現在は前橋の勢力圏に組み込まれている。

伊香保地区の榛名山、小野上地区の小野子山、子持地区の子持山、赤城地区の赤城山、北橘地区の橘山などの山々とそれに付随する峠は、走り屋たちの儀礼の場となっている。

歴史[編集]

渋川という名前が日本史の檜舞台に出て最も活躍した時代は南北朝時代である。元々は足利将軍家の分家である渋川家が渋川を統治していたが、二代将軍足利義詮の正室が渋川家出身であり、九州探題にも任命されるなど、室町幕府の重鎮として勢力を振るった。 しかし将軍の正室の実家という美味しいポジションは公家の日野家に奪われ、九州探題も名ばかりで領土は佐賀県の一部地域のみで、足利将軍家の分家のアドバンテージを活かせられなかった。最後は戦国時代山口の大内氏に滅ぼされてしまった。

昨今は高崎市に次ぐ交通の要衝として、県都前橋市と県北の主要地である沼田市中之条町中継地点として栄えている。

国内有数の温泉地である草津温泉伊香保温泉四万温泉への玄関口となっているが、単なる中継ぎに過ぎず、中途半端な都市機能しか持ち合わせていないのが現状である。

沼田市とは県北の主要都市の座をめぐって対立を続けており、沼田市は平成の大合併により老神温泉を手中に収めたが、渋川市は国内において抜群の知名度を誇る伊香保温泉を手に入れており、観光都市としての成長が期待される。

しかし渋川市は中毛とされることが多いので、北毛の中心都市は沼田市となった。

関連項目[編集]


この項目「渋川市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)