清水寺

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

清水寺(きよみずでら)とは、京都市にある高層ビルである。

平安時代にこのような木造高層建築を建てた事で、五重塔とともに注目されている。建物の8割は支柱で出来ているため、ネズミで無い限り中に住むことは出来ない。しかし、ネズミでも住めるような場所は無い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清水寺」の項目を執筆しています。

起源[編集]

清水寺全景。投身自殺者の姿も見える。

本尊は千手観音という名のダッチワイフである。清水寺草創縁起によれば、行叡居士という男前に惚れた延鎮上人が作成した。延鎮と行叡は愛人関係にあったが、ある日突然行叡は、それまでの関係を清算したいと言い出し延鎮の前から姿を消した。自分の体に飽きたのか、それとも他に愛人でもできたのか。満足できる説明もされないままに捨てられた延鎮は悲しみに暮れ、毎夜枕を濡らしたという。しかし、いつまでも塞ぎ込んでいるわけにもいかない。自らの気持ちを整理し、彼への想いを吹っ切るためにも、延鎮は仏像でも作ろうかと思い立つ。ところが、彫りこんだ仏像の顔に、どうしても行叡の笑顔がちらついて消えてくれない。行叡のたくましい肉体や熱のこもった眼差し、優しく包み込んでくれるような声が忘れられないのである。ならばいっそのこと、とばかりに、彼に抱かれたあのとろけるような夏の夜を思い出しながら、欲望のおもむくままに延鎮は霊木を刻み続けた。そうして完成した千手観音を安置した場所が、現在の清水寺の起源である。西暦778年のことなんだってさ。うそくさいよね。

とにかく、上記したような経緯を持つため、清水寺の本尊の功徳は恋愛成就と安産祈願である。

その二年後、坂上田村麻呂は音羽山(清水寺の山号)で迷子になっていた。そんな半泣きの坂上田村麻呂を修行中の延鎮が偶然見つけ、言葉巧みにかどかわし、山奥の自分の草庵に連れ込んで検閲により削除。これがきっかけとなって深く愛し合うようになった二人は、ウェディングケーキ入刀とばかりに両手にノミと金づちを携え、観音像の脇侍として地蔵菩薩毘沙門天の像を作り、さらに本堂を無駄に大きく改築したのである。

境内[編集]

本堂は、懸造だとか舞台造だとか呼ばれる有名なあれである。清水寺と聞いて人が思い浮かべるのは、まず間違いなくこの本堂のことであろう。ここは飛び降り自殺をする者がいることでも知られ、「清水の舞台から飛び降りる」という有名な言葉まである。ただ、本当に死亡する人は統計的にそれほど多いわけではない。入館料を払ってまで自殺をするような馬鹿な輩は殆どいないためである。ただ、修学旅行生とも称される一種の軍隊の訓練場としてよく使われる(それこそ春休み夏休み冬休み以外ならいつ行っても鍛錬に励む彼らの姿を見かけるだろう)ため、負傷者の数は馬鹿にならない。もしかしたらここを見ている君もここで訓練中にずっこけてすりむいた記憶があるのでは?

音羽の滝というもある。この滝から清水寺の名前が来てるんだって。知ってた?ここから延命水と言われるたいそうな名前の水が出ている。これを京都の人は毎日飲んでいるので平均寿命が非常に長い。平均208.7年は世界的に見てもトップクラスである。

他にも三重塔とか色々あるんだけれど、あまりに本堂が有名すぎて見向きもされない。と同時に、特筆すべき点もない。

その他[編集]

  • 年末になると「今年の漢字」が発表される。その年を象徴する漢字を一文字選んで、舞台でバカデカい紙に書かれるわけだが、毎年毎年字が汚すぎていつも読めない。また、一般公募された上で決まった漢字であるはずなのだが、「その漢字が今年の何を象徴してるんだ?」と腑に落ちないことが多い。所詮その年が漢字1文字であらわせるはずもないし、あらわして欲しくない
  • 新・世界七不思議の候補地の一つにノミネートされた。ノミネートされただけだった。
  • 清水の舞台から飛び降りるもへったくれもなく、本来この清水寺(の前の谷)は葬送の地であった。一般庶民がに葬られることなど考えられなかった時代は、この舞台から死体を放り投げていたのである。
  • 清水寺は鉄格子に囲われているわけではないので、無料で入ろうと思えば入れる。早朝に行けば舞台の片隅で地域住民がラジオ体操をしているのを観ることもできる(あわよくば参加も随時可能であろう)。


スポーツ文化[編集]

清水寺では毎年、イレギュラーアクロバッティングと言われるスポーツが行われる。これは、境内から華麗に飛び降り、木にひっかからず、命を散らす競技である。無論、エクストリーム・自殺の1つである。

ルール[編集]

ポイント制で行われ、1番ポイントが高い人のお葬式が盛大に行われる。

追加点
失点
  • 健全...-1000P
  • かすり傷...-800P
  • 木に引っ掛かる...-500P
  • 落ちながらお経を唱える...-1000P
  • 落ちながら呂布に立ち向かい返り討ち...-10000P
  • 落ちながらウィキペディアを編集...-1000000000000000000000000000000000000000P

補足:去年の優勝者のポイント...21000P

オリンピックへの登録[編集]

2020年の東京五輪の際にイレギュラーアクロバッティングが競技として登録された。(選手が空港に戻ることはない...)現在清水寺では選手を募集している。あなたも是非!

アクセス[編集]

京都のどこでもいいのでタクシーを捕まえ、「清水寺までお願いします」と発声する。バス? 電車? アンサイクロペディアは観光案内所じゃありませんよ。ていうか参道なげぇ!! ちなみに、周辺の商店街は遠方からの旅行者にとって休憩所であると同時に散財スポットとして悪名高い。注意すること。

この項目「清水寺」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)