涼宮レルヒさん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

涼宮レルヒさん(りょうぐうれるひさん)とは、「日本スキー発祥100周年」に便乗して地元を全国に売り出そうと目論む上杉市頚城県によって製作された観光促進用アニメ「涼宮レルヒさんシリーズ」に登場するキャラクターである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「涼宮レルヒさん」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

涼宮レルヒさん(公開直前の告知ポスター用デザイン)

20世紀末に訪れた若者のウィンタースポーツ離れによる利用客激減に頭を痛めていた頸城県のスキー場関係者及び観光課公務員が、たまたま近づいていた「日本のスキー発祥100周年」を利用して、スキー人気を復活させようとして作り上げたキャラクター。個人製作アニメが大ヒットするこの時代に、それを利用しない手はないということで、極めて強引にそのままアニメ化が決定されることとなった。

スパイ活動のカモフラージュとしてスキーを利用したものの、頸城県の雪質のよさに惚れ込んでしまい、本腰をいれてスキーに取り組んでしまった、ハンガリー帝国出身であるテオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐をモデルに大胆な原作破壊を行った野心溢れる意欲作である。地元での放送結果は概ね良好だったことから、ストラップやキーホルダー、ヌイグルミなどのキャラクター商品も展開されている。

当初は、比較的メジャーな人物をモデルとする予定が、上杉謙信は既に使い古された感がある上に、スキーとはイマイチ共通点がなく、田中角栄は頸城県とそれほど縁がないことから選考は難航。そんな中、貴重とも言えるスキー関係者であるレルヒ少佐に白羽の矢が立てられることとなった。折角の外人設定を最大限に活用すべく腐女子受けのいい美形きゃらとしてデザインされる予定だったが、腐女子にしか受けないのでは、ガタケットならいざしらず肝心のスキー客誘致にはつながらないということから、当時たまたまリメイクされたひょっこりひょうたん島の登場人物をパクった参考にしたデザインにと変更され、現在のようなユーモラスな外見として完成に至った。

基本ストーリー[編集]

着ぐるみも製作され、スキー場などのイベントで人気を集めている。

頸城県のスキー場の常連である涼宮レルヒさんが、スキー場やその周辺で発生した厄介事を、スキー場スタッフや町の人達と一緒に悪戦苦闘しつつも解決していくというコメディ作品。あくまでスキー振興とスキー場の活性化が目的である為、移動手段の大半がスキーとなっていることが最大の特徴となっている。1作目では、上杉市のスキー場という設定で、看板や標識などの表記があったが、他の市町村から独占行為との苦情があったことから、2作目からは県内のスキー場が順に舞台として紹介されることとなった。

尚、当初は頸城県の著名人をゲスト出演させる予定だったが、肖像権の問題に加え、キャラクターデザインの経費、そして何より頸城県には知名度のある人物がほとんど存在しないことを指摘されたことで中止となっている。

登場人物[編集]

涼宮レルヒさん
ハンガリー帝国から日本に移住してきた元軍人。退役直前の階級から「少佐」あるいは「少佐さん」と呼ばれることも多く、特に「少佐ならうまくやれますよ。」というおだてに弱いことから、無理難題を押しつけられ、様々なトラブルに巻き込まれることが多い。なぜかいつも頭に雪を載せている。
お館様
レルヒさんが常連のスキー場のオーナーとみせかけて実は頸城県の陰の支配者。おと塩辛いものが好物で、大の世話好き。困っている人をみると放ってはおけない性格でトラブルに巻き込まれたレルヒさんを助けようとして騒ぎを大きくしてしまうことも多い。特技はトイレで倒れること。実は毘沙門天の化身で、雪崩に巻き込まれようと、に襲われようと、「いや~えらい目にあったいや~」の一言と笑顔と共に無事生還する。
キョソ
頸城県の山中に生息するカモシカの一種。時々、レルヒさん達が乗ったソリを引くこともある一方で、あまりにも思慮にかけるレルヒさんを止めるべく体当たりをすることも多い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

作品一覧[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「涼宮ハルヒの憂鬱」の項目を執筆しています。


Kyon.jpg この項目「涼宮レルヒさん」はハルヒに関連した書きかけ項目だが…悪いが誰かに代わってこの記事に加筆してやってくれ。でないと閉鎖空間が出て厄介な事になる上にハルヒに怒られるからな。 (Portal:スタブ)