津島市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この項目「津島市」には、その地域のことが詳しく書かれてるような気がするけど、
だからってこの項目を書いた人が津島市に住んでるとか思わないでよ。
地図見れば分かることなんだし、多分・・・。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「津島市」の項目を執筆しています。

津島市(つしまし)とは、名古屋共和国の自治体の一つである。超貧乏な市。

概要[編集]

名古屋共和国の西部に位置する。とにかく凄く貧乏で、市内に名鉄津島線が通り、特急が止まる駅もあるがもはや市の存在すら誰も気にしない。 政治は主にゴミ収集のおじさん達がおこなっている。←え?ネタじゃないよ。本当。

歴史[編集]

織田信秀の本拠地として栄えた。信秀は住民に対して巨額の税金を課し、このため津島市は一生貧乏な市になってしまった。 江戸時代には佐屋街道の宿場町だったが、誰にも気にしてもらえず、無視された

施設[編集]

名鉄津島駅
全列車停車。駅前には商店街がありそこの目玉はズバリ、シャッター。理由は商店街の主が市に買って貰うため、もちろん、貧乏な津島市のみならず市民にはとても高価なので買うことは出来ない。
死人病院
貧乏人である市民が医者にかかれるように建てた、やぶ医者だらけの病院。基本的に誰でも利用できるが、ここに入って帰ってきたものはいない。かと言って閉鎖すると、貧乏市民がかかれる病院は世界中から無くなってしまうのだ。
津島神社
昔は凄かった神社らしい。もちろんここも貧乏であり、巫女をバイトで雇っている。←え?これも本当

このバイト代は市民の大切な収入源となっている。 賽銭の量はお察し下さい

貧乏住宅
津島市では家を買えない人のために、市営の住宅がある。土壁の家や壁がブロック塀でできたマンションなど様々。土壁の家には断熱材として草を生やす。

産業[編集]

津島市ではくつわという食べ物がある。これは、石に砂糖をかけたもので貧乏市民にも手が届く食べ物である。ただ、石というだけあって食べると歯が砕けてしまうので漬物石として利用される。 そして、似た系列としてあかだがある。一件、球の醤油味のお菓子ぽいが、所詮、貧乏津島市である。中は空洞で当たり前だが味もしない。そのくせ、6個入り300円というぼったくり。

有名な祭り[編集]

土のう積み上げ大会
市内を流れる日光川を挟んだ東西の町で、川が氾濫しそうな時に開催される。どちらの方が土のうをより高く、より頑丈に積み上げられるかというものである。負けた方には川の水がお察し下さい

参加資格は消防団に入団。これだけ!

隣接自治体[編集]

愛西市
反津島、反貧乏を掲げ誕生。津島市を避けるように合併したために南北に長い。
あま市
書くことが本当に無い。ただのド田舎の市。津島市ほど貧乏ではない。
蟹江町
お金を貯めてもすぐに町全域が沈んで流されるので、貧乏である。ほぼ津島市と同等ぐらい。

関連項目[編集]

この項目「津島市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)