沢木哲也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

沢木 哲也 (さわき てつや) とは、『仮面ライダーアギト』の主人公。え?津上翔一じゃないのかって?いや、本名はですよ。『仮面ライダー響鬼』の主人公の記事をヒビキ(ヒビキさん)の名前で作りますか?作るなら、日高仁志(ヒトシくん)の名前でしょ?まあ、津上翔一についても書きますけど。

沢木哲也[編集]

光の力に選ばれた男。「アギトの真世界」で仮面ライダーアギトに変身する男。記憶喪失になり、手紙にあった「津上翔一」の名を名乗るようになる。もう定着しすぎていたため、本名がわかった後も「津上翔一」の名を使っている。本当の津上翔一は死んじゃったし。

一言で言えば万能な天然ボケ。

津上翔一[編集]

闇の力に選ばれた男。5年前にノーテンキラキラな私立探偵と都知事選を行い知事になりそのあとガキに殺されたダークザイドの幹部のなれの果てである。 よく死に、よく蘇る男。蘇ったはいいが、そのときすでに沢木哲也が「津上翔一」の名前を使っていたため、仕方なく「沢木哲也」を名乗る。俺の本名を返せ!。

沢木哲也の異世界同位体[編集]

五代雄介の異世界同位体と共闘することが多い。さすが、平成の1号・2号。

矢野テツヤ[編集]

スーパー戦隊の世界」でブラックバイソンに変身する。五代雄介#天宮ユウスケ(レッドファルコン)とともに、大教授ビアスと戦う。ブラックだが、性格はレッド。

津上翔一の異世界同位体[編集]

光の力と闇の力の両方に力を認められた男のため、たいていアギトの力に目覚める。といか目覚めまくる。もうなんというか、アギトの力プラスアルファ。

間口ショウイチ[編集]

「アギト&555の世界」(「アギトの真世界」と「555の真世界」の間に存在するパラレルワールド)でミラージュアギトに変身する。

使徒再生しオルフェノクの力とアギトの力を得る。ドッグオルフェノクがG3に殺されたことで、ミラージュアギトに変身してG3を殺す(「ライダーマンみたいな役立たずのくせして、うちの犬に何をする」は有名な台詞となっている)。

その後、怒り冷めやまず、「アギトの真世界」に行き他のライダーと戦っていくが、アナザーアギトとエクシードギルスと仮面ライダーアギト(沢木哲也)という3対1の状況には勝てず、変身が解け、警察に逮捕されてしまう。

ショウイチは逮捕された怒りで再度変身し、別世界へ飛ぶが、刑務所から飛んだため、着いた世界でも刑務所の中であり、そこで三条という怪人を仲間にし、巨大な仮面ライダーと囚人を殺す。その世界こそ「キバの異世界」であり、殺したライダーこそ仮面ライダーアークであった。だから、「キバの異世界」には仮面ライダーアークはもういない。

だが、自身の世界(「アギト&555の世界」)に帰ると、その世界のアークオルフェノクは姿を消していた。「自分がG3を殺したことで、G3-Xの開発が早まり、555やデルタなどの兵器開発が進んだために、アークオルフェノクが世界を捨てて逃げた」とショウイチは予想している(実際には、大ショッカーによって強制的に加盟させられ、アンデッドも殺せる悪魔によって殺されることとなる)。

ショウイチはアークオルフェノクを探すが見つかることはなかった。世界を旅して「555の異世界」にたどり着いたショウイチは、そこにもアークオルフェノクがいることを知る。スマートブレイン社に潜入、村上キョウジに会い、「オルフェノクの王を守るためのベルト」が結果的にオルフェノクを滅ぼす可能性を話し、それを破棄させ、代わりに自身が王を守る存在となる。

しかし、「オルフェノクは滅ぶべき」と考える花形によってファイズギアは尾上タクミの手に渡る。「都内の高校生の誰かに渡った」という情報を頼りに、村上はスマートブレインハイスクールを設立。表向きはオルフェノクの入校を許可しないとしないとながらも、ラッキー・クローバーという凄腕のオルフェノクを情報部として潜入させいた。

他校の情報やスマートブレインハイスクール内の生徒情報を探らせていたが、ラッキー・クローバーは突然仮面ライダー555と悪魔によって殺されてしまう。しかも、村上はショウイチを完全に信用していなかったため、ファイズギア以外のベルトをスマートブレインハイスクールの地下に隠しており、それを悪魔の仲間の泥棒に発見され盗まれてしまう。最後までスマートブレイン社の真意を隠し通した優秀な生徒たちの死とライダーベルトの盗難という怒りは、ショウイチをミラージュアギトへ変身させる。ミラージュアギトは、三条とともに仮面ライダー555(尾上タクミ)とローズオルフェノク(村上キョウジ)を殺すこととなる。だから、村上キョウジと尾上タクミは『仮面ライダーディケイド』の劇場版には登場しない(村上キョウジが『仮面ライダーディケイド』のテレビ版に登場しなかったのは本社にいたからであり、その当時はまだ生きていた)。

その後、世界の融合となるのだが、ショウイチの消息は不明となっている。一説には、ついに仮面ライダーアギトに変身できるようになり、悪魔と戦ったともされている。

芦河ショウイチ[編集]

アギトの異世界」でエクシードギルスに変身したかと思えば、アギトに進化する。

G3の装着者でグロンギと戦っていたが、アギトの力に目覚めたせいでアンノウンに狙われるようになる。ギルスとして戦っていたが、闇の力と触れ合いエクシードギルスに進化する。だが、闇の力が「助けたいと思う気持ち」と「アギトの力を滅ぼすべきという考え」の間で揺れ動いていたため、エクシードギルスでも安定はしていない。

悪魔と出会った事で、決意を固めアギトとして変身することとなるが、別に悪魔がいなくてもアギトの力くらい目覚めてたよ。だって、津上翔一の異世界同位体だよ。闇の力に選ばれた男だよ。闇の力に歩み寄って、その考えを変えることもできたかもしれないのに。っていうか、敵がエルロードじゃないじゃん!楽勝でしょう。

平維盛[編集]

NHK大河ドラマ「義経」に登場。鬱病を患った挙句、入水自殺。

関連項目[編集]


大大大大大将軍.jpg この項目『沢木哲也』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目なんだ。だからみんなも加筆してくれよな! してくれなかったら、絶対に許さねえ! (Portal:スタブ)