死人に口なし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「死人に口なし」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クチナシ」の項目を執筆しています。

死人に口なし(Gardenia for Death)とは、非業の死を遂げた者の霊魂を慰めるため、クチナシ(梔子)のを手向けるという古来よりの風習である。

概要[編集]

Hiyoko.jpgこのユーザーはひよこ陛下に永世の忠誠を誓っています。
ひよこ陛下万歳!
  1. クチナシの花言葉は「私はとても幸せです」であり、原産国台湾では古来より死んで行った同胞に対し、その在りし日の思い出を胸に、クチナシの花を墓へ捧げる風習があった。現在では廃れてしまったが、形を変えてその精神は継承されていると言われている
  2. また一説においては、クチナシは「朽ち無し」とも言われ、その場合の花言葉は「朽ちる事のない=永遠なる(主語は随意に決めることができる)」を意味し、ひよこ大王国においては偉大にして永遠なるひよこ陛下へ無二の忠義を示した臣民に対する最大級の栄誉として下賜される花(あるいは花を象った紋章)であり、その遺された九族は末代まで手厚く保護されるとされている。
  3. さらに異説として、クチナシは「口無し」ともされており、不都合な真実を暴露させぬできぬまま粛清したされてしまった同志に対し、偉大なる将軍様たちから支給される手厚い遺族年金(現物支給)であるとも言われている。

弔いの歌[編集]

Sennokaze.jpgこのユーザーは千の風になったので、お墓にはいません。

死人に口なしをテーマとした死者へ捧げるバラッド(題『くちなしの花』/作詞:水木かおる/作曲:遠藤実)が、渡哲也によって1973年に発表されている。

歌詞(「かつてはひぐらしのなく頃に」ED候補にもノミネートされたが、圧倒的不評によってなかったこととされた)
  1. 今では首も回らぬほどに 積もり積もった お前の悪行 クチナシの花の かすんだ香りが 黄泉路の果てまで つきまとう クチナシの白い花 まるでお前の顔色
  2. 管理者たちを困らせた 荒らしみたいな あの日のお前 クチナシの雨の 哀しい別れ 今もブロックされている クチナシの白い花 まるでお前の顔色
  3. 小さな幸せ それさえも 忘れてしまった お前の愚かさ クチナシの花を むしるそのたび 思い浮かぶは 恍惚の眼差し クチナシの白い花 まるでお前の顔色

その後、この歌は千の風になってと並ぶ葬式の定番ソングとして1970年代から2010年代にかけて一時的に大ヒットしたものの、次第に飽きられ、忘れ去られて行ったのであった

弔いの碑[編集]

これはアンサイクロペディアの荒野に華々しい功績と武勇伝を残してバカバカしく散って行った同志たちの墓標であり、彼らの生きざまに敬意を表し、その歴史的栄誉を永遠に刻みつけておくために書かれた弔辞でもある。その残された九族(配偶者および兄弟姉妹、父母、祖父母、曾祖父母、高祖父母、子、孫、曾孫、玄孫)は末代まで罵倒され、嘲笑され、後ろ指さされてしまうのである。

逆の利用法[編集]

イメージ画像……え、これは牡丹だって? 余計な事を言うと、クチナシにされてしまいますよ?

近年において、医者などからさまざまな宣告を受けたり、フラグが立ってしまったり、死兆星が見えてしまったりして、自ら死期を悟った者が、残される愛しい者たちに対してクチナシを贈る習慣が、一部地域において確認されており、そのメッセージは、

「今まで、ありがとう。私は、とても幸せでした。
あなたと一緒になってから、いつも色々あったけど。
苦しいこと、悲しいこと、どちらかというとそんなどうしようもない事ばかりだったけど。
でも、一緒に乗り越えた時の、あの感動は一瞬だとしても、私にとっては永遠でした。
改めて言うのは照れてしまうけれど、今まで本当にありがとう。」
あなたの愛 について、俺の嫁
Quote1.png 私は、心から幸せでした。 Quote2.png

ちなみに、クチナシの花言葉には、他に「純潔の誓い」「喜びを分かち合う」という意味もある。

輪廻の祈り[編集]

また、先述したようにクチナシは「朽ち無し」すなわち永遠の霊魂が転生する輪廻の象徴でもあり、花の美しさによって前世の罪業が洗い清められることを願って死者の墓前に供える風習もあり、その願いが叶った者の霊魂は一度、鷽(ウソ、かつてばかり吐いていたので神から嘴を取り上げられた伝承=「嘴無し・くちなし」に基づく)に乗り移って後7年で生まれ変わって人間の母胎に宿ると言われる。毎年「母親の記念日」とされる6月7日に生まれた子供は、ネ申の祝福を受けた聖なる子として「出家させれば九族ことごとく繁栄する」と言われ、世界的に名を知られた徳の高い僧侶には6月7日生まれが多いのはそのためである。[要出典]

余談[編集]

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

上記のごとく、何かと美談の多いクチナシであるが、一部地域(中国・壮族自治区あたり)においては草食系男子に対するスラングとして「マザコン」(転生=出産=母親の象徴する花であることから)を意味することがある。求愛の告白をされた女性が返事をする時にクチナシを渡した場合、それは「No」すなわち「あんたみたいなふにゃちんのマザコン野郎とつき合うほど、あたしゃ落ちぶれちゃいないわよ、おととい来やがれって言うのよバカバカバーカ!」の意味であり、それは男にとって死にもまさる屈辱であるとされているが、それで実際に憤死する者などおらず、黙って次のターゲットに求愛するまでの話である。

また、とある世界においてはクチナシの花がこうした意味において毎日大量に消費されているらしい。[要出典]

外部リンク[編集]

  • クチナシの花物語&花言葉(写真付き)[1]
  • クチナシ[2]

関連項目[編集]

世界にクチナシのを祈るダライ・ラマ14世猊下。


又吉イエス顔写真.jpg 死人に口なしは腹を切って死ぬべきである。また死人に口なしはただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
死人に口なしを笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)