武蔵小杉駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武蔵小杉駅」の項目を執筆しています。

武蔵小杉駅(むさしこすぎえき、MUSASHI-COSUGI STATION)とは、川崎市の中央部から外れたところにある街の駅である。 南武線東急東横線が交差しており、21世紀になる直前に東急目黒線が割り込んできた。横須賀線湘南新宿ラインは隣接するNECから敷地をもらって2010年3月13日から突撃を開始した。東横線は東京メトロ副都心線2013年に乗り入れを開始し、2019年からは最強線相模鉄道も乱入してきたので、独立国家樹立を目論み(後述)駅周辺の工場の移転跡地や銀行グランド跡地、さらにはアパート住民や社宅住民を退去させてまで鬼のように高層マンションを建設しまくっている。保育所は急激に増殖させたが追いつかない。小学校は校庭にプレハブ建てても焼け石に水。現時点で30クラス不足という現実に途方にくれ、やむなく日本医科大から土地を供出させ小学校の建設を目論んでいる。幼稚園は何の手も打たれてない。今後は周辺の中学校高校も侵略される勢いであるが、侵略軍が最新式の10式戦車を主力とする戦車師団であるのに対し、防衛軍には少数の八九式戦車があるものの、大多数は国民義勇戦闘隊や本土決戦第三次兵備の沿岸配備師団程度の貧弱な装備しかなく玉砕は確実な状況である。神奈川県総司令部は戦況に対応するため県立高校を撤退転進させた。

歴史[編集]

国有化前の南武鉄道と強盗慶太による大盗急成立前の東京横浜電鉄の路線が偶然小杉町で被ってしまったのだが、南武は「グラウンド前」「(初代)武蔵小杉」、東横は「工業都市」と町内で別々に駅を設けた。第二次世界大戦中に南武鉄道が省線南武線となった際に東横線との交差地点付近にあったグラウンド前が(二代目)武蔵小杉を襲名(同時に初代は検閲により削除)、大盗急成立後の東横線にも「省線と接続しないのは非国民である!」として新丸子から3.20hyde、工業都市から1.28hydeしか離れていない南武線交差地点に武蔵小杉駅がでっちあげられ、南武線の同駅と接続され乗り換え可能になる。町田駅新秋津駅から見ればうらやましい限りだ。戦後、工業都市駅は検閲により削除されるが新丸子駅はそのままにされ、現在に至るまで東横線最短の駅間距離を保持している。2000年目黒線が進出、翌2001年に乗り入れ先の南北線埼玉高額鉄道と直通開始したことで、等々力陸上競技場が本拠地である川崎フロンターレのテリトリーを、宿敵の赤い悪魔のサポーターとラッピング電車が侵略するようになる。2019年には横浜国際総合競技場まで侵略が進んだ。

利用可能な路線[編集]

盗急ホーム

乗り場[編集]

JR[編集]

1 南武線 鹿島田川崎方面
2 南武線 武蔵溝ノ口登戸府中本町立川方面
3 横須賀線 横浜大船鎌倉逗子久里浜方面
湘南新宿ライン(横須賀線直通) 横浜・大船・鎌倉・逗子方面
湘南新宿ライン(東海道線直通) 横浜・大船・藤沢平塚小田原方面
相鉄線直通 羽沢横浜国大海老名方面
4 横須賀線 品川東京千葉成田空港方面
特急「成田エクスプレス 成田空港方面
湘南新宿ライン(宇都宮線直通) 渋谷新宿池袋大宮小山宇都宮方面
湘南新宿ライン(高崎線直通) 渋谷・新宿・池袋・大宮・熊谷高崎方面
埼京線直通 渋谷・新宿方面

東急[編集]

1 東横線 日吉菊名横浜方面
みなとみらい線直通 元町・中華街方面
2 目黒線 日吉方面
3 目黒線 大岡山目黒方面
南北線埼玉高速鉄道線直通 赤羽岩淵浦和美園方面
都営三田線直通 西高島平方面
4 東横線 自由が丘中目黒渋谷方面
副都心線西武線東武東上線直通 池袋所沢川越方面
なお、東横線目黒線の一部列車は当駅で力尽きる。

愛称について[編集]

中原区議会議員の圧力と裏金により武蔵小杉の愛称をMUSACO(むさこ)とすることが決定されたが、武蔵小山の二番煎じだぞごるぁ!!」と武蔵小杉の住民が多摩川で捕獲した魚介類を投げつけるなどして反発したため、現在、この愛称は使用されていない。

「解せぬ」
愛称 について、武蔵小金井

独立国家への歩み[編集]

たまに埼玉高額鉄道からの侵略者が来る。

竹中工務店や三井不動産などの有力企業と協力して高層ビルを大量に建設し、住民を大量に集めることで独立国家を設立することを目指している。毎年8月に行われる多摩川花火大会で打ち上げられる花火は、後の独立戦争の際に使用する弾薬を使用しているのではないかという指摘が出ている。


自衛隊久里浜駐屯地の公式発表↓

当局の検閲により削除されました

名物[編集]

武蔵小杉駅から半径500メートル内に散りばめられたハトの糞は、平和の象徴からの贈り物とされ、住民の心の支えとなっている。駅ホームに取り付けられている金属の針状のものは、ハト避けのためにあるのではなく検閲により削除のハトのために用意された大人の玩具である。

また、ムサコマダムの生息地となる高層ビルを大量に建ててできたビル風も名物である。どんなに穏やかな天気でも、特定の場所に行くと、木やオートバイを倒すほどの風を感じることができる。

横須賀線の突入[編集]

横須賀線・湘南新宿ラインの武蔵小杉駅をNEC玉川事業所脇に建設され、2010年3月13日に何とか開業した。ただ同線の武蔵小杉駅は西府駅西大宮駅五十歩百歩だという人もいる。また、本家から300~400M近く離れている為、ワープトンネルを造っているが、完成した際はたぶん武蔵浦和駅の長い通路を思わせるきつい通路ができあがるだろう。京葉線東京駅並に歩かされると言う噂もある。東京発の武蔵野線をここまで伸ばす発想はないようである。新鶴見でのスイッチバックが面倒なのだろう。さらにこの横須賀線が武蔵小杉に通った時の被害は数知れず、とくに今までの南武線、横須賀線間の乗り継ぎ駅の鹿島田新川崎間が非常に寂れてしまった。(理由はwebで)

ちなみに西大井駅新川崎駅の間に割り込む寸法である。

「いらねーよ、そんなの!!」
横須賀線の停車 について、武蔵小杉駅利用客
「あーめんどくさー。」
武蔵小杉に停車すること について、横須賀線&湘南新宿ライン
「こやつめ、武蔵小杉駅を罵倒しおって、全くもってけしからん!!!」
すべての発言 について、磯野波平
うるせーな!全員帰れ!!
すべての発言 について、JR東日本佐野実

関連項目[編集]



Gomen.jpg この「武蔵小杉駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)