概要

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「概要」の項目を執筆してくれています。

概要(がいよう)とは全体の要点を取りまとめることで何を言いたいのかをめんどくさがりな人に対しても理解してもらいたい様にする便利な言葉の集まりである。

概要[編集]

枝葉末節を取り除いた短い文章を用いることで、時間がない人・短気な人・活字アレルギーor貧血の人などにも話を理解してもらえるのである。

利点[編集]

概要[編集]

読みにくい文章や話であっても意味がつかみやすくなり、全体の理解が助けられる。

外国語[編集]

人類にとって母語以外の言語を理解するということは一般的に困難であるとされている[要出典]。そのような状況に陥った場合においても、概要さえあれば他言語を解読しなければならない苦痛は最低限に抑えられ、頭が爆発したり知恵熱に悩まされたりする事が予防される。

長い話[編集]

校長先生おじいちゃん等のありがたい話や壮大なプロジェクトにおける会議は長いため、途中で貧血で倒れる人が続出することがおおく、その人たちはその話題に加わることが出来なくなる。

だがそんな場合であっても、概要を書いた紙を予め配布しておく、あるいは概要を口頭で伝えておくことが出来れば、途中で倒れた人にとっても全体の理解が助けられ、ありがたい話や壮大なプロジェクトは威厳を保つことが出来る。

所謂悪文[編集]

国語の問題に出題されるような著名な評論家などの文章に良く見られるが、これらの文章においては文章表現を駆使してわざと読みにくい文章を書いている[1]

これにはいくつかの目的があり、一般人に対し「俺様はこんな難しい文章を書くんだぞ、なかなか読めないだろう?」と虚勢を張ること、「内容がないことを悟られないためにわざわざ難しい言い回しを選んで使ってごまかす」等である。

これら頭の悪い文章を読む場合、相当な苦労を要する。概要さえあれば本文を読む必要もなく、無駄な時間を費やす事もなくなる。

欠点[編集]

概要[編集]

同じ話を結果2回聞くことになって手間となる。また、ネタバレを嫌う人からは不評である。

二度手間[編集]

同じものがもう1つあることになって、その分読者の大事な時間を徒に消費することになってしまう。この問題は概要を短くすれば解消する可能性は存在する。しかし、今度は概要が短くなりすぎてその文章の伝えたいことが「わかる人」にしかわからず、一部のひとには伝わらず、そのことについて苦情が出るという問題が発生する。

ネタバレ[編集]

あらすじは物語の概要である。その物語が心理描写や物語の枝葉を楽しむもの、内部のやり取りを楽しむものではなく、物語の構造がその作品の主題であったり、構造が物語の根幹にあったりする場合、そのあらすじを全部聞いてしまうとおもしろくなくなる。

そのような話においては、その概要を聞くことにより物語の本質を喪失することになりかねない。そのために、大衆文化においては話をかいつまんで聞かされる事が忌避され嫌悪される場合もあるのである。

頭の固い百科事典における概要[編集]

概要[編集]

頭の固い筆禍百科事典を名乗る公衆まとめサイトの日本語版ではしばしば概要の意味が取り違えられ、社会問題となっている。

定義文崩壊[編集]

百科事典を読んだことのない教養高い連中の集まりであるウィキペディアンたちはしばしば「概要」節を定義文の代わりにしてしまい、宇宙の法則が乱れる問題が発生している。即ち、本来定義文で説明するべき文章を故意あるいは過失で概要節に記載する事により、該当記事において説明している事物の定義が変わってしまうと言う事象が見られる。

すると「ウィキペディアは事実を書くサイトである」と勘違いした情報弱者は「これがこのサイトのやり方か」と思い込んでしまう。さらにあろう事かそういった連中が古参となり、その方式を他者にも押し付けようとしだす。そうしてその方式が固まってしまい、正しい形式を知らない連中が現実世界にまであふれだしてしまい、結果リアル世界にまでトラブルが持ち込まれるのである。

アンサイクロペディアにおいて[編集]

当然、このことは知恵のジャガイモにおいても発生している。たちの悪いミスター寄付金の差し向けた刺客に関してはこの件に関してリバート合戦を繰り返し、結果投稿ブロックされてしまうという結果に陥るのである。結果は無常である。

脚注[編集]

  1. ^ 通常、よい文章の条件は「誰にでもわかり、読みやすいこと」であるが、これらの文章はなぜか「読みにくければ読みにくいほどよい」とされている[要出典]

関連項目[編集]

この項目「概要」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)