桜前線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

桜前線(さくらぜんせん)とはが来たことを知らせるために気象庁によって作られた前線のことである。

概要[編集]

春はの季節であり、桜が咲くと多くの人が春が来たなぁと感じる。このことを逆手に取り無理やり春ということを感じさせるために桜前線は作られた。このようにして作られた物にはほかにも花粉注意報春一番などがある。そしてこれらのすべては曖昧なものである。ゆえに外すことも多々ありそのたびに花見客などからの盛大なクレームが毎年のように来る。気象予報士ももう少しはっきりしたデータにもとづいて説明してくれればいいのだが、毎年花粉などのその他のデータなどから大まかに予想すると言う無責任極まりない方法で桜前線は作られている。まあ、実際はそれを行うのは気象庁なので気象庁の責任なのだが基本的に怒られるのは気象予報士たちである。その理由は政府のお偉いさ検閲により削除。だが、2010年に民間企業に任せるようになり気象庁の責任ではなくなったためクレームの電話は減少傾向にありつつあるらしい。なぜ民間企業になるとクレームがそっちにいくのかとい検閲により削除

前線である理由[編集]

桜前線は等圧線などと同じように開花日が同じ日を結び、引いた線がが前線のようだったがゆえに桜前線と名づけられたと言われている。だが、同じ日を結んだはずが結果は4~5日ほどずれがあったという事はよくあることである。ならば無理に前線にせずに天気予報のように地点ごとに分ければいいのではないかという意見も今までに幾度と無く出たが気象庁は無視したまま今日も桜の開花を前線にしてしている。なんにせよ、前線である必要などないのだ

観測方法[編集]

花粉症の人間が苦しみ始めるころ、全国の気象台は花粉の量を観測するついでに気温なども観測する。そして花粉の量などを主としておおよそどのタイミングで桜が咲くかを予測する。その際にどの花粉が多く飛び回っているかも重要になってくる。スギ花粉が多いのなら開花は遅めとなり、地面に生えるタイプの単子葉類のものが多かった場合は開花は早目となる。このほかにもさまざまな種類の花粉でで予想し、それを桜前線として発表する。なお、なぜこれで桜の開花時期が測定できるかは守秘義務らしい。

ちなみに漢の中の漢達は、咲いている桜が何分咲きか確認し、最前線まで南下し前線を見つけるというアナログな手法で観測した。

備考[編集]

近年は相次ぐ観測所の閉鎖によりただでさえ当たりにくかった予測がより不正確になった。また、開花すると言ってもすべての桜が開花するわけではなくある1本が咲く日を開花予報日とするらしい。

関連項目[編集]