東武日光線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東武日光線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東武日光線」の項目を執筆しています。

日光線(にっこうせん)は、埼玉県南埼玉郡宮代町東武動物公園駅から栃木県日光市東武日光駅までを結ぶ、東武鉄道の鉄道路線。東武動物公園以北での重要度は東武伊勢崎線よりも高い。

概要[編集]

大正期、国鉄日光線が日光東照宮への観光客を独占しているのを妬み、自分もそこに進出しようと画策した東武鉄道により、伊勢崎線の手下として昭和4年に全線が開業した。

このとき、当初は館林より佐野、葛生を経て日光にいたる計画を立てていたため、その区間に先行して路線を有していた佐野鉄道を併合して同社の佐野線としたものの、優柔不断さから経路を最短コースに変更することになり、現行の路線が形成された。いわば佐野鉄道は無駄な買収活動の「巻き添え」となってしまったのである。

さてそうして全線が開業し、これまたどっかから引っこ抜いた部下の鬼怒川線と共に、国鉄日光線と昭和40年ごろまで激しいバトルを繰り広げることになるわけだが、国鉄が飽きっぽくて勝負を一方的に放棄してしまい(東北方面へ向かう東北本線などの輸送力強化に注力することになったため)、以後は競争相手も自動車バスが主体となり、平成に入ると日光の観光客減少もあって勢いを失ってしまった。集客のため栃木県の中心の宇都宮市に出ようと、昭和6年に無理やり日光線から分岐する形で敷設した宇都宮線も同様で、東武鉄道の田舎イメージ強化に拍車をかけている。

そんな中、新都心に通じていない伊勢崎線の手下にされていることが全ての悪の根源であるとして、日光線群各線は伊勢崎線に対して反抗的になっていき、結果として平成18年からは伊勢崎線だけでなく、JR東日本の有する宇都宮線湘南新宿ラインへも優等列車が直通するようになっている。「敵の敵は味方」の発想に基づくとしかいいようがない。

運行形態[編集]

優等列車が多い反面、地域列車は結構少なめである。そのため、栃木県内で1時間に一本の地域列車を待っていると、数回特急が通過する。快速を区間快速に変更して、急ぐ客を特急に誘致しようとするなど、露骨な増収政策も昨今では見られる。また、そんなこともあって地域列車といえども長距離を走るものが増えたので、乗り過ごしには注意が必要である。特に東武動物公園・南栗橋間では、短距離移動のつもりが下りではうっかりすると日光とか会津田島なんていう訳の分からない秘境までいってしまうし、上りでも間違えれば二子玉川とか多摩田園都市とかいう、埼玉や栃木とは別の世界に到達してしまうことがある。

主要駅[編集]

東武動物公園駅
起点駅。日比谷線の電車の多くがここを終点にしていたりするので、知名度は高い。東急メトロは東武の宣伝を担わされているのである。
杉戸高野台駅
杉戸町のかなり外れにあり、駅から1分も歩かないうちに幸手市に入るため実質南幸手駅である。どれだけ幸手に近いかと言うと、駅前のマクドナルドの手前からが幸手である。駅利用者は幸手市民6、杉戸町民が4くらいの比率で使用されている。ていうか西口が過疎過ぎてちょっと困る。東武動物公園では発着音が流れるが、ここから先は流れない。なぜだ。
幸手駅
幸手市の中心駅。東武日光線最大の乗客数を誇る駅……とはいえ駅舎はかなりボロ。高架駅舎が実現するまでの辛抱だとはいえ。
南栗橋駅
こちらもかなり幸手市よりの駅。杉戸高野台・南栗橋両駅ともに幸手市よりなのは、幸手駅の利用客が多すぎるため、利用客を分散させるためでもある。日比谷線と半蔵門線電車はここで折り返す。
田園都市線の沿線住民でもその名は知っているだろうが、駅周辺の開発は途上以前の問題にある。
栗橋駅
JR宇都宮線東北本線)との接続駅。ここで直通列車が運転停車(ドアは開かない)するが、肝心の旅客扱いをする停車列車はどっちも少ない。
新古河駅
路線は茨城県を通ってないが、客を誘致するため茨城県古河市の名をつけた駅。古河の街は川向こうであり、相当無理をしてこの名を名乗っている。
柳生駅
かなり長い間改築されていない為、やけにさびれた感じの漂う駅。1番線と2番線を繋ぐ歩道橋のようなものがホームの端にあるのでうっかり寝過ごしてこの駅で降りたとき、反対側のホームにすぐ電車が来たと喜ぶのも束の間、目の前で電車を見送ることもしばしば。しかもその階段がものすごく急傾斜。またホーム内に時刻表がないので電車がいつくるのかわからない。ただ、トイレはものすごくキレイ。
板倉東洋大前駅
茨城県古河市の古河駅同様、群馬県にちょっとだけ足を踏み込んだ所にある平成時代に出来た駅。そのためか、群馬県の威信をかけて、大学の名を名乗るなどイメージアップに懸命である。しかし未だ開発途上。半蔵門線をここまで持ってくるよう圧力も県や地元や大学はかけている。
栃木駅
栃木市という、宇都宮市に県庁を奪われた都市の中心。両毛線と接して特急も止まる。
ホームにいれば分かる。隣の両毛線の列車本数がいかに悲惨かが。
なお、駅の建物は新栃木駅よりも新しい。
新栃木駅
東武宇都宮線の分岐駅。しかしどっちも昨今は地味なイメージしかないため、「新」を名乗っているのに栃木のもう一つの玄関という感じはしない。
半蔵門線をここまで引き込む案も一時期あったが、今のところそんな動きはない。
なお、隣の栃木駅よりも駅の建物が古い。
合戦場駅
戦いがあったことを懸命にアピールしようとしているが、誰が戦ったのかほとんどの人は知らない。それほどマイナーな戦いのあった土地。名前は格好良いが無人駅。
家中駅
家の中というが、実際には駅舎さえも無くなった無人駅。
楡木駅
周りに何もない無人駅。一応市の体育館最寄駅だったりする。
樅山駅
近くの個人商店で切符を購入できた無人駅。
新鹿沼駅
東京方面へ直通していて優等列車が来る分、JR日光線鹿沼駅より地位が高かったりする鹿沼市の玄関。
下今市駅
鬼怒川線の分岐駅。日光線の今市駅は歩いて少しの距離だが、そっちの方に当駅までの徒歩連絡の案内があるほど、鬼怒川の観光誘致に昨今は懸命だが、温泉地につきものの秘宝館やらストリップ劇場などの質はイマイチ。
快速や特急がやたらに長く止まったりする。
鬼怒川方面の特急「きぬ」「きぬがわ」に乗っても、ここで日光行き列車の接続があるので安心。結構便利。
東武日光駅
終端駅。ターミナル駅ではあるが、優等列車の方は実は多くが鬼怒川方面に向かってしまうため、普通・快速列車のほうがたくさん来たりする。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「東武日光線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)