東急東横線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東急東横線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東急東横線」の項目を執筆しています。

東急東横線(とうきゅうとうよこせん)は、東京急行電鉄(東急)が保有する鉄道路線。東京横浜という関東の二大都市間を結ぶ、同社の基幹路線のひとつである。並行して走るどこぞの路線も、とても便利である。

路線データ[編集]

  • 路線距離:15.513khyde(24.2km)
  • 軌間:684mhyde(1067mm)
  • 複線区間:日吉〜田園調布間(3.65khyde,5.4km)を除く全線
  • 複々線区間:日吉〜田園調布間(厳密には目黒線の不法占拠)3.65khyde,5.4km
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:運転士の勘とCS-ATC
  • 最高速度:110km/h

歴史[編集]

今の東京急行電鉄の原型を築き上げ、自ら「白昼堂々と強盗を働く」と豪語していた強盗慶太は、もともとこの路線の敷設を目的に同社の前身である武蔵電気鉄道の経営に関わっていた。

しかし金が足らずに着工できなかったため、阪神急行電鉄社長の小林一三に知恵を借り、阪急がまず郊外電車の宝塚線を造って沿線を開発、それにより力を蓄えてから阪神二都市間の新線(神戸線)敷設に入った方法を採用することにした。 そしてまず目黒蒲田電鉄として目黒蒲田を結ぶ路線を敷設し、続いて社名を東京横浜電鉄と改称して当線の敷設に入ったのである。

そして阪急が神戸線沿線で六麓荘町甲陽園など高級住宅街を機軸とした沿線開発を行ったのと同様、東急も田園調布を開発した。ターミナルの渋谷駅も、規模こそ小さいものの後には阪急梅田駅と同様に複合施設へ変化させている。

東横線が阪急の神戸線と決定的に違うのは、いずれも既に国鉄私鉄の並行線(東海道本線+阪神電気鉄道ないし京浜電気鉄道)が存在する所へ切り込んで敷設した路線であるにも関わらず、阪急が高規格路線でスピードを出すことを重視したのに対し、東横は全くそんなことを考えなかった点にある。

これは五島が「極めてケチ」な性格だと評された通り、「沿線を開発すればいいんだから路線の質は低くてもいいだろう」と考えたからだと言われている(さらに阪急と違って、沿線都市は競争と無関係な所も大きい)。 それは開業から数年経ってようやく急行が走るようになったとき、シビアにコスト計算をして電車ではなく気動車を導入した所にもあらわれている。

戦後に沿線開発が進むとその流れにはいっそう拍車がかかるようになり、急行は「各駅停車」ならぬ「隔駅停車」となってしまった。一方の京急本線はスピードアップに熱心だったから、東横線の質の低さはいっそう目立つようになっていった。

近年では、JR東日本湘南新宿ラインに対抗して特急を走らせるなど変化が生じた。 横浜側ではその後全ての電車が地下鉄に乗り入れるようになり、東京側でも地下鉄乗り入れが本格的にスタート。彩の国へ(から)のアクセスが格段に向上した。 なお地下鉄直通に伴い、カマボコ屋根が特徴的だった渋谷駅は跡形もなく粛清されました

列車種別[編集]

S-TRAIN

停車駅:渋谷・自由が丘・横浜・みなとみらい・元町・中華街
西武池袋線から土日・祝日だけ来る有料種別。東横線内では自由が丘駅の1駅にしか止まらないが、Fライナーと速度はほぼ同じ。平日には元住吉検車区に幽閉されている姿を確認できる。

Fライナー

副都心線乗り入れに際して新設された、乗り入れ会社を全て最速種別で走る(例外アリ)電車。東横線・みなとみらい線内では準急になる。

準急

停車駅:渋谷・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・菊名・横浜・みなとみらい・元町・中華街
チャイナ・セミ・エクスプレス。渋谷〜横浜を25分程度で結ぶが、遠回りする遭難顰蹙ラインの方が速い。そのため渋谷〜菊名間の利用者の間では「本当の準急」と呼ばれる。
「特急」の別名もあるが、田園都市線の急行より遅いのでこの名が付けられた。特別(に鈍足な)急行。

通勤準急

停車駅:渋谷・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・日吉・菊名・横浜・みなとみらい〜元町・中華街の各駅
西武線や東武線内ではチンタラ走ってるのに、副都心線に入った途端通勤急行に化けて本気を出す。ラッシュ時間帯の過密ダイヤを縫って走ってるので、しょっちゅう先行列車に詰まる。準急すら名乗っていいか怪しいレベル。

隔駅停車

停車駅:渋谷・中目黒・学芸大学・自由が丘・田園調布・多摩川・武蔵小杉・日吉・綱島・菊名・横浜・みなとみらい〜元町・中華街の各駅
渋谷〜横浜を30分ちょいで結ぶ。JRで言えば横浜線快速ポジ。別名は「急行」。
こんな隔駅停車でも線内では準急に抜かされはしない。逆に各駅停車を抜かす。菊名より南ではちょっとだけ本気を出す。しかし副都心線内では各駅停車に抜かされてしまったりする。

各駅停車

停車駅:各駅
正真正銘の各駅停車。渋谷〜横浜を40分くらいで結ぶ。各駅に停車し、みなとみらい線・副都心線へ直通して行く。

昔の列車種別[編集]

日比谷線直通

停車駅:各駅
各駅停車の変わり者。この表記なら隔駅停車と間違われずに済むため、安心して乗ることができる。しかし肝心の渋谷には入ってこない上に、日比谷線方面の電車で寝過ごしたならば運が悪いと遥か彼方の北千住まで連れ去られてしまう。
副都心線乗り入れに際して日比谷線を中目黒で締め出したため、沿線住民が安心して乗れる各駅停車はなくなってしまった。

駅一覧[編集]

渋谷駅
起点駅。全国でも有名な迷宮の1つ.今の渋谷区の繁栄は、東急西武の争いで生じたものであることを認識する者は少ない。
阪急と違ってターミナル駅としての重要性は余り考えていないため、地下へもぐってそのまま生き埋めとなった。おまけに名物だったカマボコ駅舎も取り壊されてしまった。
現在その跡地は最強線のホーム移設工事真っ只中。これで最強線の川越アクセスが便利になるため、東武は何杯も食わされたものだ。
代官山
一部のホームがトンネルにひきこもっちゃたニートな駅だが、主な利用者はニートではなくスイーツ(笑)を好むオシャレ系OL。
中目黒
地下鉄との接点。日比谷線の18m車を足手まといだとイチャモンをつけて追い出したが、最初に18m車にしたいとダダをこねたのは東急である
ダダコネに飽きたのか、日比谷線にて増殖しつつある新車は20m車である。
祐天寺駅
最近通過線ができた。しかし上下線兼用なので、横浜方面は通過線がクランクになってしまっている。そのためいつか正面衝突事故が起きるのではないか、との懸念の声もある。
鉄オタ御用達のカレー店「ナイアガラ」はこちら。この駅から「ナイアガラ」までの道は鉄分がとても豊富。
学芸大学駅・都立大学駅
大学を誘致したのはいいが、それが東急を見限って去ってしまった後でも、見苦しく元の名を名乗り続けている駅。後者は名前すら変えてしまったが、新名称(首都大学東京)が倒置法のごとくダサすぎたために、結局「都立大学」に戻すことに決めたそうな。
張り巡らされた電線と放置自転車の街。学芸大学には隔駅停車が止まる。
自由が丘
大井町線との接点。この町には創価ストリートなるものが存在しており、近づいたら勧誘されるので、見つけても興味本位で突っ込んではいけない。
名城線にそっくりな駅名があるが、あっちは「自由ヶ丘」。
急行はここから3連続で停車しやがる。
田園調布駅
東京3大危険地帯のひとつ。女子中高生がカツアゲしてくることもあるので油断禁物である。住民の思いが通じ、古い駅舎をわざわざ復元させたことで知られている。
電波状況がバカみたいに悪く、妨害電波を出されているのではないかと疑うほど。
売国奴元首相の居住地としても有名。
多摩川駅
目蒲線分離を許さない多摩川線沿線住民のためだけに存在する駅。
特急は全力で通過するが、隔駅停車は律儀にも止まってくれる。
新丸子駅
空気。武蔵小杉駅からの距離が二子玉川~二子新地間並みに短い。
武蔵小杉駅
南武線との接点。近年になって横須賀線遭難顰蹙ラインも駅を作ったが、カーブにある駅なので危なっかしいことこの上ない。
横須賀線ホームは乗り換えがバカみたいに遠い。ライバル同士だからか?
元住吉駅
車庫があるが、東横線ホームから直接車庫に入れないため、目黒線の線路を借りて電車を車庫に入れている。急行通過駅にもかかわらず、かつてはここを始発とする急行があった。
近くにはドイツのパクリであるブレーメン通り商店街があり、半強制的にドイツのロイドパサージュと友好関係を築いたためにドイツ側では「ブレーモン(無礼者)商店街」といわれる。
2014年2月15日、雪の降ったある日のこと。下り運用に就いていた走ルンですver.2が日比谷線相直ぶった切り記念…もとい副都心線直通記念の疲れからか、不幸にも走ルンですver.2横浜高速タイプに追突してしまう。雪がブレーキに挟まり、制動を失ったのが原因。
日吉駅
あの巨大金玉で有名な駅。(正しくは巨大銀玉)目黒線の延伸(正しくは占拠)によって、退避施設が元住吉に移されてしまったかわいそうな駅。ついでに引き上げ線も目黒線に占拠された。
近年になって横浜市が地下鉄を開業、ハマ線の中山まで行っている模様。
綱島駅
「東京の奥座敷」と呼ばれる綱島温泉の最寄り駅だが、どう見ても神奈川です本当に(略)
パチンコ屋の数がとても多く、治安はとても良い。東横沿線随一の自転車王国。東急バスがカバーしているのはこの駅までで,大倉山から先は横浜市営バスの領土となる。
大倉山駅
ここから相模鉄道と提携し、密かに東海道新幹線方面へ進出する計画があったが、日吉駅に奪い取られた。
「大倉山」で騒ぎ出す奴は絶対北海道出身者だから気をつけましょう。
菊名駅
ハマ線との接点。横浜アリーナへ行くにはここで乗り換え。
住民によると、日光東照宮のお猿さんのうち1匹が駅周辺に出没するらしい。
この駅では隔駅停車や準急の停車駅を聞いてはならない暗黙のルールが存在する。
妙連寺駅
妙な蓮がある寺の最寄駅。
東横線建設の際、優しい住職さんが敷地を譲って下さり、あのケチで有名な五島が感動して駅を作ったという逸話がある。
白楽駅
隔駅停車を止める計画もあったが、なぜか地元商店街の反対で立ち消えに。そのため、菊名〜横浜間だけは隔駅停車が本気を出し「急行」になる。
この駅近辺の住人は車を避けるという概念が無いため、クラクションのけたたましい音が絶えない。
東は暗く駅
かつては東白楽駅だったが、米ソ冷戦時に東側陣営が非常に暗くなってしまったため、西側陣営の社員が勝手に改名。しかしながら数年後、その社員は共産主義者が検閲により削除。南無三。
東横線の中で一番人の乗り降りが少ない駅である。すなわち空気。
反町駅
横浜駅と共に地下に潜った駅。地上駅時代は近くにトンネルがあり、非常に邪魔だった。
読みは「そりまち」でも良いし、「たんまち」でも良い。反町隆史のファンがたまに降り立っている姿が散見される。
横浜駅
将来の空襲を予想して、密かに地下へ潜ったと噂される駅。みなとみらい線へ直通している。
まだデビュー直後だった若々しい大井町国王が脱輪したことがある。
高島町駅・桜木町駅
東急に見限られた駅。同社は余り終着駅の意義というものを認識していないらしい。利用者からすればどうでもいいが。

使用車両[編集]

東急3000系5050番台
この形式の5152Fが副都心線対応改造に行く時、長津田で連結に失敗、流される事件が発生した。下回りを自社開発の3000系ベースとした事に対して、束目木が行った報復措置との見方が強い。
1編成は前述の通り、元住吉で事故を起こして使い物にならなくなったため、千葉県某所で死刑になった。
東急3000系5000番台
DT線からの移籍時に2両を奪われて8両編成となってしまった希少種だが、5050番台に類似しているため鉄ヲタの人気は高くない。

開業90周年だとかで、ある1編成が京王のアレやJR西のナニをパクって全身緑にされた。ヒカリヱ号やY500系なども含めると、随分とカラフルなファミリーになったものである。

東急5050系4000番台
10両で製造された。音だけ聞けば直通先のカボチャとおんなじ。
1編成だけドぎつい黄色に塗られた編成がいる。これはヒカリヱ号と言って、自社が所有しているバカでかいビルの宣伝の為にこんな色になっている。もちろんT武やS武にも乗り入れて容赦なく宣伝をし、ピュアなさいたま県民どもを洗脳するのに一役買っているようだ。
横浜高速鉄道Y500系
5050系のメイクを変えた車両、ずっと地下に潜ってたせいか、顔色が悪く青くなってしまっている。一応ドアチャイムとイスの柄は5050系とは異なっている。車番は10両編成化に対応できるよう2両分欠番があるが、今のところ増結予定はない。
兄弟の5000系・5050系がフルカラーLED化、LEDヘッドライト化、室内灯のLED化…などの改修工事を受けている中、コイツらはガン無視されて何一つ改修させてもらえなかった。最近ようやくフルカラーLEDになり始めたが、ヘッドライトや室内灯は未だ手つかずな模様。
Y516Fが元住吉の事故でペシャンコになってしまったため、損害賠償と称して盗急から5156Fをぶん取り、新たにY517Fとして仕立て上げた。元が5050系なので改修工事は一通り施工されていたが、Y500系にする際に面倒くさがって内装を放置したので、盗急のいやいやくれてやった感が尋常じゃなかった。後になって一通りの内装改装はやってもらえた。
事故で使えなくなったY516Fは廃車され、重機の餌となった。
西武6000系
彩の国からの使いの者。初期のVVVF車らしく妙にガコガコしてて乗り心地はあまり良くない。その代わりかなりの美声の持ち主…だったが、機器更新で大したことなくなった。性能の方もかなりの鈍足故、日頃からFライナー運用に入っては足を引っ張っている。
西武40000系
土日・祝日だけやってきてお金を取るぼったくり野郎。リッチでブルジョアな東横線の観光客共を秩父まで連れて行く。
リクライニングがなくて座り心地が悪いのに、最大で1060円もぼったくられる。ラビューのほうがよっぽど快適。
東武9000系
稀少種なので、鉄ヲタがカメラを背負い待ちかまえる。けっこー壊れる。
現状東横線唯一のVVVFでない車両。わざわざ全車両を新車で揃えたのに、こんなポンコツを入れられた盗急はたまったものではないだろう。そして東武電車の例にもれずくさい。
東武9050系
9000系の亜種。こっちはVVVFで、9000系のさらに倍ぐらいレア。しかしくさい。
東武50070系
東武車は平日日中は運用がない。休日日中も2運用のみ。東横線内では朝と夜にしか見かけない貴重な車両だが、9000系列とは違ってオタの標的にはされない。
東武車がうんざりするほど走ってる東急田園都市線とは対照的である。
東京マゾヒスト7000系
こいつが来ると沿線民はがっかりする。だってボロボロだもん。何しろ走ってると「ガタピシガタピシギッタンバッタンズッコンバッコンギシギシアンアン」ってやかましいし、ドアが開く時なんか「プゥゥゥゥ」ってアホほど情けない音が出る。しかも東横線内に必ずと言っていいほど大量にいて走ってる。
椅子だけはふかふか。他に取り柄はない。そのくせ多い。おまけに東武電車じゃないのになぜだかくさい。
東京マゾヒスト10000系
コストカットの塊。顔をまあるくしてかわいこぶってるが、所詮コストカットの塊
ドアチャイムが結構な頻度でバグるが、それもコストカットの塊だからに違いない。

昔の車両[編集]

東急9000系
時代の変化についていけず遺棄されたが、死にきれなかったものはおばけとして東急大井町線に蹴飛ばされるようになった。
東急1000系
日比谷線直通専用車だったため、直通廃止で駆逐。
東京マゾヒスト03系
同上。

副都心線・西武線・東武線との直通運転[編集]

2013年3月16日より副都心線西武池袋線東武東上線との直通運転が開始された。 5社という前代未聞の直通が完成し、渋谷駅の乗り換えがなくなった代わりに、行き先が複雑になり、そのうえ一つの遅れがほかに響くなど、乗客にとってはよくなったのか悪くなったのかわからない。

この直通運転が始まったことにより、今までは渋谷で分断されていた埼玉の田舎者どもお山で生まれ育った元気な方々が、堰を切ったように大量に流れ出してしまい、東横線の渋谷と横浜というおしゃれで高貴なイメージは完全に崩れることとなった。

自由が丘の洋服は似合わない 彩の国の国民に買いあさられ、中華街の中華料理は食い荒らされることになった。このため、渋谷や自由が丘や横浜やみなとみらいの人々はとても落胆している。 ただし、Chineseらだけは、久しぶりに自分たちと同じ種類の仲間に出会えると大喜びである。

一方、東横線沿線の人々は車内に忘れ物をした際、所沢などにハイキングに行く機会に恵まれることとなった。

将来はライバルの遭難貧弱ライン湘南新宿ライン相模鉄道とも和解直通し、東横線の田舎者コレクションはさらに増える予定である。また、新横浜駅東海道新幹線と連絡し、東海地方以西からも来られるようにする予定。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「東急東横線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)