東急多摩川線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

東急多摩川線(とうきゅうたまがわせん)は東急の路線で、多摩川駅蒲田駅間を結ぶ。もともと目黒蒲田間とつながっていて、目蒲線として運転をしていたが真っ二つに分離された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東急多摩川線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「東急多摩川線」の項目を執筆しています。

路線概要[編集]

元々は目蒲線という路線の一部だったが営団地下鉄南北線都営三田線が東急線に乗り入れることが決まり、こんなショボい路線に自分の車両を入れたくないと営団地下鉄東京都交通局がせがんだ結果分断されたのが東急多摩川線だった。多摩川駅から目黒駅間は目黒線になった。目黒線は東急のドル箱路線東横線のお供をしてがっつりいい思いをさせてもらっており、分断された多摩川駅から先は武蔵小杉、果ては日吉まで延伸することとなった。車両数も目黒線は東急多摩川線の2倍と相当なまでに差を付けている。

残された東急多摩川線沿線の住民は不便を強いられることとなり、目黒にまで行きたくても多摩川駅でわざわざ階段を登らなくてはならなくなった。おまけに終点の多摩川駅は東横線で特急が設定される時に通過駅にされるなど笑うしかない冷遇を受けている。

目蒲線時代は4両編成で運行していたが、目黒線と東急多摩川線に分断されて以来3両編成にされた。おまけに目黒線の車体は全長20mに開業時に延長されたが、東急多摩川線は目蒲線時代の18mに留められ、結果として大部分の駅のホームが一両分余り、十数年間野晒しにされている。

ちなみになぜここまで東急多摩川線と強調してるかというと、単に“多摩川線”と書くと黄色い某私鉄(走ってる車両は真っ白だけど)に怒られるからである。

運行[編集]

全編成3両編成で、すべてが各駅停車である。通勤時間帯においても快速列車などの設定はない。オンボロ車両を最新式モーターに換装するといういかにも東急らしい発想を生かした列車を使用している。

中間駅は全ていったん改札を出なければ反対のホームに行くことができない。しかし寝過ごしてもそれほど影響はない。なぜなら全体の所要時間が10分とちょっとだから。

車両[編集]

7000系。おい、誰だ池上線とか言ってる奴。

節約の観点から池上線と同じ車両を使っている。かつては池上線より1両多い4両だったのだが… TOQ-iさえあれば目黒線も走れるが、無論乗れない。

車両の半分が他路線のおさがりである。東横線から流れてきた1000系…改め1500系が大量に流入している。かつては元先頭車を3つ繋げた7600系や、車体を実に50年もこき使われた7700系(後述)も存在した。はじめから新品の車両と言えば1000系と新7000系ぐらいなものだ。その新7000系も東横線へ偏った投資をしまくったり、日本航空が倒産したりして導入がなかなか思うように進まず、当初予定されていた導入数の約半数は既存の1000系を使い回して(これが序盤に述べた1500系)賄う事にした。しかしその1500系も種車の在庫切れ[1]で作れなくなってしまったため、残りのボロを駆逐するために泣く泣く新7000系を作らされるハメになったのである。

VS目黒線ユーザー[編集]

上記のとおり、多摩川線と目黒線はかつてつながっていて目蒲線という路線を形成していた。多摩川線ユーザーは目黒線ユーザーと敵対関係にある。しかし勝ち目は絶対にない。

1980年代に多摩川線(2代目)と目黒線に分離させることが決定し、目黒線は地下鉄経由で都心に進出し大出世。

このことを知った当時の多摩川線多摩川~蒲田間のユーザーは激怒し、2002年ごろから沿線の過激派が戸塚安行駅前に集結したが、蒲田安行駅になるはずもなく結局乗り入れが行われることになった。

東急は「多摩川線にも新型列車入れるから勘弁してくれ。」といっているが、目黒線との対立は続いている。一方目黒線ユーザーは「南北線便利すぎてワロタ」と、健康で文化的な最低限度のメトロライフを楽しんでいる。

これから[編集]

多摩川線を羽田空港に延伸する計画もある。コストパフォーマンスの面から京急に乗り入れる計画もある。どちらにせよ、多摩川線沿線住民に猛烈に後押しされている。理由は、そうやって発展して、「目黒線ざまぁ」と言ってやりたいからである。それを大田区オタク化してしまったので、後押しに拍車が掛かっている。「フリゲージトレインを入れるんだぞ!」スネ夫みたいに自慢をしたいのだろう。

しかし、京急が蒲田を完全に無視していることや、蒲田からのバスが充実していること、さらに石原元都知事が言うようにロングライドで自転車で羽田空港に簡単に行けることを考慮すると、東急にとって羽田空港に路線を繋ぐメリットは薄いであろう。残酷にも目黒線では日吉駅から相鉄線と直通運転する計画が急ピッチで進められており、工事も始まっている。おまけに直通開始と同時に6両から8両へと増強する計画も持ち上がり、多摩川線ユーザーには怒りを通り越して泣くしかない状況となっている。だって、ロードバイクで荷物をあまり持てない事を知っていましたか?訓練されていないとミネラル分やが減ったり、低血糖で死ぬ思いをJぴーL123でGOしたいのですか?そこを歴代都知事は知らないから寝言になるのであった。

関連項目[編集]

  1. ^ 中間車が全部M車で使い勝手が良いため、地方私鉄から“よこせ”との圧力が絶えなかったらしい。