東京都の負の遺産

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

東京都の負の遺産(とうきょうとのふのいさん)とは、東京メトロポリタンテレビジョン(東京MXテレビ)で毎週日曜日23:30~24:00(JST)に放送されているテレビ番組。新銀行東京の一社提供だったが、きらぼしの如く消え去り、現在は、首都大学東京の提供と尖閣諸島寄付金で賄われている。

概要[編集]

東京都の負の遺産の映像をハイビジョンで未来永劫記録していくという、東京都庁の企画番組である。なぜ東京都当局が自分の失敗を公共の電波で放送するか疑問に思う人も多いかも知れないが、東京都としてはこれらの「負の遺産」呼ばわりされている物は、公共事業などではなくむしろ芸術の領域にあると確信しているからである。現在は失政と思われても、百年後には評価されると考えているのである。

キャッチコピー[編集]

「本当は揉み消したい東京の記憶へようこそ。」
東京都の負の遺産 について、市村正親

放送内容[編集]

多摩都市モノレール[編集]

多摩都市モノレール全線の沿線風景を「世界の車窓から」風味で紹介しつつ、採算の状況などをナレーションで説明した第一回放送。鉄ヲタから熱烈な反応(映像については賛成、採算については抗議)があったが、それらは無視された。

稲城大橋有料道路[編集]

府中市からの全面協力を得て制作。交通量の予想と実態が違う原因が誰の陰謀であるのか、宇宙人説、CIA説を交えつつ矢追純一氏らコメンテーターの討論などが放送された。

ひよどり山有料道路[編集]

この回に限りスポンサーは創価学会聖教新聞社であった。その理由は検閲により削除。東京に残る自然遺産ともいえる八王子市界隈を紹介しつつ、トンネルの美しさをパノラマで映し出し、創価大学へのアクセスを紹介。

新富町ドッグラン[編集]

ディスカバリーちゃんねるとの共同制作。海外では「【税金】謎のアンダーワールド 穴15個目【泥棒】」として放映され、ロチェスター市営地下鉄などと共に税金の無駄遣い例として反響を呼んだ。お犬様専用道路として余生を送る、壮大な構想に基づいた地下道路。晴海地区は秋葉原にもほど近く、ヲタの街として壮大な開発計画が予定されていたのだが・・

イシハラフノイサンSP[編集]

  • 石原シンタロウが知事を辞任したことを記念して放送されたスペシャル、以下の石原ゆかりの負の遺産が紹介された。
    • 新銀行東京
    • 首都大学東京
    • 東京都尖閣諸島寄付金
    • 東京オリンピック2020
    • 豊洲市場
    • 「NO」と言える日本
    • 石原四兄弟
    • たちあがれ日本
    • 厚化粧の女
    • イノセナオキ5000万円のかばん芸

テーマ曲[編集]

この項目「東京都の負の遺産」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)