東京ばな奈

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京ばな奈」の項目を執筆しています。

東京ばな奈とは、東京にわらわらと集まってくる地方民が特に好んでいるバナナである。

概要[編集]

東京ばな奈とは、東京近辺の主要駅や主要空港で地方民に対して販売されているバナナであり、東京人の諺で「迷ったら東京ばな奈を与えよ」と言われているほど定番のバナナとなっている。どういうわけか地方民の間では非常に認知度が高く、彼らの目には他のバナナより数段上等なバナナに見えるようで、とにかく東京ばな奈を故郷に持ち帰れば英雄扱いされるといい、今日も多くの地方民が東京ばな奈の販売場に群がっている。

専門家によると、様々な作物が日本中に伝播しているにもかかわらず、何故か東京ばな奈だけは東京以外では決して育たないため、地方民には非常に珍重されているのだという。

地方民が東京ばな奈に群がる光景は有名な東京名物の一つであり、古くは歌川広重の浮世絵「名所江戸百景」に「ばな奈に群がる検閲により削除」として描かれている。ちなみに東京ばな奈の歴史を紐解くと、小田原城を包囲して暇で暇で仕方がない豊臣秀吉が落ちていたバナナをうっかり食べてしまったのが最初であると言われている。このように大変歴史の古い由緒あるバナナである。

また、海外からの観光客に対しても販売されているらしいが、欧米人からすれば同じ検閲により削除検閲により削除にバナナを売っている姿がユーモラスであると好評で、長野の地獄谷温泉と並ぶ観光名所となっている。

関連項目[編集]