札幌市電

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「札幌市電」の項目を執筆しています。

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市(の中心部)を走る路面電車である。

概要[編集]

1909年に現在の南区から石材を輸送するために敷設され、1912年に市街地まで延長される馬車鉄道を起源とする。1918年に電化され、1927年に札幌市に買収される。その後、ササラ電車や路面ディーゼルカー、雪ミク電車といった変態特色ある車両を生み出し、現在に至る。

特色[編集]

札幌市電は豪雪地帯を走る市電であるからか、なまら(かなり)面白いことをしていたりする。特に1956年から1975年まで札幌市交通局局長(交通事業管理者)を務めていた大刀豊[1]大暴走活躍によるところが大きい。

雪を道路に跳ね飛ばして線路の除雪をする
これはササラ電車として有名である。札幌電気軌道時代の1925年から札幌の風物詩となっているが、その20年ほど前から欧米で同じようなことをしていた。
電車をレストランにする
1988年に北海道三大黒歴史の一つであるショックの祭典世界・食の祭典の一環として、210型215号車をトラムレストランにして、キリンビールが営業していた。車体は祭典の行く末を暗示するかのように[2]真っ赤に染められ、床は310mmかさ上げされ、厨房を設置したうえにテーブルの設置などで定員を28名に減らした。この際、トイレも設置されている。筆者の知る限り路面電車では唯一トイレが設置された車両である。

大刀時代[編集]

ここでは、交通局長(交通事業管理者)を務めていた大刀豊が実行に移したアイデアを列記する。

道産電車
大型ボギー車を安価に増備し、地元企業の育成に貢献するため、古い単車を生贄にささげの機器を流用して320形(ナニワ工機製)や330形(日立製作所製)の外見をパクリつつ200形、210形、220形、230形、240形、250形が計43両製造された。
親子電車
札幌市の人口増加に伴う輸送力増強を求められていた1960年代、ラッシュ時には親子の2両で、閑散時には親の1両だけで運行することを前提に、親のM100形、子のTc1形がそれぞれ1両製造された。親車であるM100形のみならず、国鉄札幌駅構内を乗り越える急坂対策として子車であるTc1形にもモーターを1基だけ搭載していた(ただし、子車だけでは運行できない)。しかし、いざフタを開けてみると連結と開放に時間がかかりすぎるために常時2両連結で運行されることになった。1970年に親子の縁が引きちぎられ、子は札幌市交通博物館に保存され、親だけが本線上に残り、今でも旧塗装のまま走り続けている。結局、ラッシュ対策としての親子電車は放棄され、「パッセンジャーフロー方式」を採用した「連結車」(世間一般で言う「連接車」)として結実する。
変電所の容量を稼ぐために非電化区間を作る
1964年に札幌市北部の麻生まで延伸する際、変電所を増強する余裕が無かったため、大刀は線路だけ敷設してそこに路面ディーゼルカーを走らせることにした。その際、ご丁寧にも非電化区間の除雪のためにササラ電車ならぬササラディーゼルカーも新製していた。しかし、3年後の1967年には全線電化されたため、電気を食わないササラディーゼルカーを除き路面ディーゼルカーはその存在意義を失い、後述の通り古い電車から電装品や台車を強奪流用して電車として生き永らえた。
婦人子供専用車
女性と12歳以下の子供を対象とした、今でいう女性専用車両である。これは、朝夕に1便ずつしか運行されておらず、また市議会で女性議員などから「女性差別だ!」と大刀がつるし上げを喰らう程に大反発を受けたため、程なく廃止された。今では地下鉄で同じようなことをして筆者を含む男性客から反発を受けながらも運行をし続けている。

路線[編集]

現在は一条線、山鼻西線、山鼻線の3線であるが、これらは1本の路線でつながっている。ピーク時には、北は麻生太郎麻生(あさぶ)、南は藻岩山のふもと、西は円山公園付近、東は定鉄豊平駅まで路線を伸ばしており、1964年には総延長25kmを誇った。しかし、これにはトリックがあり、変電所の増強を後回しにして路面電車としては前代未聞の非電化区間として開通した区間も含まれていた。地下鉄と自家用車の台頭によって1971年に2回、1973年、1974年の計4回の路線縮小を経て、一時は市電の全廃が決まってしまう。しかし、山鼻の住人に市電を諦めて地下鉄に乗ってもらうために、すすきの-西4丁目間の300mほどという中途半端な距離の路線を断絶して環状線を解消したにもかかわらずニーズが強く、1976年には札幌市は市電全廃を撤回する。その後、市電の赤字経営を言い訳にループ線を断絶したまま放置していたが、さすがにたかが300m分断しているのもばかばかしいことに気付いたのか、2012年に再ループ化を決定する。しかし、ここでただで起きないのが札幌市電。線路を道路の両サイドに敷設するサイドリザベーションという形で車線を潰してタクシーの客待ちを邪魔しながら線路を敷き、2015年12月20日に開通させた。

主な電停[編集]

西4丁目
一条線の起点で、地下鉄大通駅最寄りの電停。かつてここ西4丁目交差点で、札幌駅前 - すすきの間を南北に結ぶ「西4丁目線」と直交していた。こちらの電停はほぼ同じ場所にありながら「三越前」。また、この交差点には、タワー型の信号扱所や、一条線の東行と西4丁目線の北行を結ぶ連絡線があった。
ロープウェイ入口
藻岩山ロープウェイの最寄りの電停だが、500mも離れているのでご注意を。だから「入口」なのね。
電車事業所前
市電の車庫がこの電停の目の前にあり、ゆかりの地である。
すすきの
北海道最大の歓楽街であるすすきののど真ん中、かつ国道36号起点の真ん前にある電停。ここから西4丁目(環状化前は三越前)電停まで電車に乗ったまま短時間で行けるが、一時期は西4丁目電停まで300m歩くか、1駅だけ地下鉄に乗らねばならなくなった。最寄りのデパートは松坂屋→ヨークマツザカヤ→スピッツの名曲ロビンソン百貨店→ススキノラフィラと激しく変遷している。

札幌という大都市を走るのにこの停留所の少なさは度々問題視されるがいつも無かったことにさ検閲により削除

車両一覧[編集]

ここでは、札幌市電の誇る変態特色ある車両を紹介する。

ササラ電車
正式名称は「ロータリーブルーム式電動除雪車」。竹製の箒(ほうき)を車両前後に設置された回転軸に取り付け、それを回して雪を跳ね飛ばし、自家用車やタクシーへの憂さを晴らしながら軌道の除雪をする。このササラと同等のものは中華鍋を洗うブラシとしても流通しており、金物店やホームセンターなどで入手可能。
路面ディーゼルカー
路面電車と同等の車体の床下に、日野製アンダーフロアエンジンバス(初代ブルーリボン)用のディーゼルエンジンを搭載し、非電化区間で運用されていた。製造はすべて、変態の誉れ高きユニークな製品で知られる東急車輛製造。最終的には非電化区間もすべて電化され、ディーゼルカーである意義がなくなったため、一部は古い電車から電装品を剥ぎ取って流用して電車になった。
親子電車
1960年代初頭の札幌市の人口増加に伴う輸送力増強に対する試行錯誤の象徴である。
道産子電車
200形、210形、220形、230形、240形、250形の6種類が存在する。基本的に外観は本州で作られた車両の丸パクリがベースとなっている。1958年~61年の間に古い単車を生贄にしつつの部品を流用しつつ製造された。今もひょっとしたら戦前製の部品が使われてるかもしれない。現在は210形、220形、240形、250形の計18両が残っており、札幌市電の最大勢力である。230形は1974年に元非電化区間と共に潰された。240形241号車の中で探偵が追っ手を相手に乱闘を繰り広げ、ガラスを割る被害を出している。
A820形、A830形、D1040形
A820形とA830形は連接車で、D1040形は路面ディーゼルカーである。330形の登場とその亜流である「道産子電車」によって確立され、そこに日本車両製造の血が交わって進化した、「札幌スタイル」の集大成とも言える内外デザインで、市電の輸送力増強を担ってきた車両たちである。しかし、いずれも大きな窓の為に座席の背面を犠牲にしており、夏になると側面上部の窓しか開かないうえに直射日光が車内に容赦なく襲いかかるものだった模様。1976年にA830型が岐阜市内を走る名古屋鉄道岐阜市内線に譲渡され、モ870型に改番された。そこで色々と魔改造を施されて使い倒されたのち、岐阜市内線廃線に伴いA841-A842編成改めモ875-モ876のモ875が生首にされてのカットボディのみが保存されている。完全な形としては、D1040形D1041号が札幌市交通博物館に保存されるのみとなっている。A820形を単車にしたものがD1040形のスタイリングで、A830形は中扉の位置と構造がこれらとは異なる。この曲面と大きな窓へのフェチっぷりが地下鉄用の1000・2000形を産んだ。
雪ミク電車
札幌出身である初音ミクによって雪まつりと共に冬季限定ながらもみっくみくにされた痛電車。2011年から毎冬1両はみっくみくにしている。大体3300型の3302号車か3303号車がみっくみくにされているのは筆者の気のせいではないはず。
LH02型
SWIMO-X
いずれも川崎重工製で、札幌市電を走った初の超低床車両である。しかし、ただ試験のために走らせていただけに過ぎず、客を乗せることはなかった。

注釈[編集]

  1. ^ 地下鉄建設の補助金を取り付ける際、大蔵省の担当者に「熊でも乗せるのか」とからかわれて「運賃さえ払えば熊でも乗せる」と返したことで知られ、地下鉄をゴムタイヤ式にして札幌市に大赤字を被らせた張本人。
  2. ^ 現に祭典の関係者1人が自殺しており、90億円の赤字で今に至るまで北海道の財政に影響を与えている。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「札幌市電」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)