暗黒の了解

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

暗黒の了解(あんこくのりょうかい)とは、あなたを陥れる手段である。暗黙の了解の一種であるが、最悪災厄)の事態を避けるために、あなた自身が関わる手段でもある。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「暗黒の了解」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

冒頭に述べた通り、最悪のケースを避けるための手段である。自らの立場を理解し、相手の主旨を了解して、事態の早期収拾を目指すことが目的である。

そのため、暗黒の了解を回避する事は、さらに望ましくない状況に陥ることになる。つまり、暗黒の了解とは、自己防衛のテクニックなのである。

わかりやすいよう、以下に事例をあげて説明する。

事例[編集]

男性の場合(痴漢冤罪)[編集]

この人痴漢です!」の黒魔法を使われた場合、ほぼ回避不能である(同性愛者などなら別だが)。「それでもボクはやってない」などと主張しても無効なので、積極的に認めた方がダメージが少ない。それゆえ、やっていなくても「やりました!」と認め、相手の意に沿う答弁をした方が良い。これが暗黒の了解である。

なお、このテクニックを使用しなかったミラーマンは泥沼(痴漢スパイラル)にはまりました。

女性の場合(強姦)[編集]

強姦をする者は大抵DQNであり、またチームプレーである事も多い。さらに、仕掛ける場所は無人であるケースがほとんどであり、救助を呼ぶことができない(まれに特急列車サンダーバード1号の中で行う者もいる)。

そのため、抵抗する(逃げる)ことは、完全に不可能である。そればかりではなく、DQNな相手を無駄に刺激してしまい、さらなる被害を受けることとなってしまう。そのため、暗黒の了解をし、積極的に最悪の事態(下記参照)を回避するのである。

一般に、強姦は

屋外で行われる。
衣服、身体が汚れ、帰路で衆目に奇異の目で見られる。
性的な意味以外での暴行を受ける事がある。
抵抗すると、負傷するばかりか、最悪の場合、死亡に至る。
避妊されない。
妊娠の危険がある。妊娠しない場合でも、病気に感染する懸念がある。

上記の事態を避けるため、積極的に相手の意に沿い、ダメージを少なくするのが暗黒の了解である(屋内での行為に持込む、避妊具を渡す、一切抵抗しない、積極的に楽しむなど)。

ただし、暗黒の了解を使用する、と見せかけて逃亡する事は可能だが、失敗した場合のリスクは最大になる事に注意する必要がある。

関連項目[編集]


絶望した!!.jpg まだ文が少ないじゃないですか!消されたらどーする!
絶望した!加筆してくれない人たちに絶望した!! (Portal:スタブ)