晴眼者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「晴眼者」の項目を執筆しています。

晴眼者(せいがんしゃ)とは、頭の固い百科事典において簡単に説明されている、人間を分類するときのカテゴリの一つである。頭の固い百科事典では10行以下(最近増えた)で説明されているので、詳しくはそちらを読んでいただきたい。ここでは、晴眼者が社会に与える影響について解説する。

自動車事故[編集]

世界各国で多くの自動車事故が発生しているが、運転者が晴眼者であるケースが大半である。

恐るべきことに、晴眼者が運転する場合は、標識に書かれている文字のうち、犯罪や事件事故を誘発するといわれる危険な文字である墨字を見ながら運転していることが統計学的に明らかになっていることからも、晴眼者がいかに危険な人物であるかがわかるであろう。

また、晴眼者が標識だけではなく運転中にも拘らずカーナビや車内テレビといったものを注視し、前方不注意事故を発生させるケースの多くも決して少なくない。晴眼者の注意がいかに散漫になり易いかが分かる事例だろう。
なお、晴眼者はあん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(3種類の資格を扱う法律。頭文字をとり「あはき法」と略記されることがある)において晴眼者の取得が制限されていることをネタに火病ることがある。このような晴眼者にありがちな主張は、自動車の運転免許は晴眼者しか取得できないことを無視した暴論であるといえる。当然、わざわざ晴眼者しか取得できないと断りを入れている自動車の運転免許においては、その断りを入れなければならない理由がある、つまり、晴眼者にしかできない方式により自動車を扱う義務があるということだが、前述したとおり、晴眼者がカーナビ・車内テレビを注視する行為が横行している。つまり、その晴眼者は当然履行しなければならない義務を怠っている、すなわち前方を注視する義務がこれにあたる。いかに晴眼者が身勝手な主張をのたまうかがわかる事例だろう。

警察・行政の対応[編集]

それにもかかわらず、警察や行政はこれまで一度も「運転者が晴眼者であること」を理由に免許を取り消したことはなく、一度に100人以上の晴眼者に対し(しかも晴眼者であることが検査でわかっていながら)運転免許証を交付した例すらある。しかしながら、法整備の不備により、これら晴眼者は現在でも自動車の運転を続けているほか、晴眼者による交通事故は毎日のように起こっている。その度に警察は、運転者が晴眼者であることは見て見ぬふりをし、例えば疾病のような別なところに原因を求める傾向がある。

航空機事故[編集]

晴眼者が引き起こす事故は、自動車事故に限った話ではない。なんと、「逆噴射」という流行語を生みだしたJALの墜落事故も、機長・副操縦士ともに晴眼者であったことが明らかになっている。当時のニュースでは「統合失調症(現在の名称)」という単語が頻繁に報道されていたが、機長が晴眼者であったことは当時一切報道されなかった。これは、統合失調症という疾病に大衆の目を向け、機長が晴眼者であることについての批判をかわす意図があるものとみられている。

それ以外にも、これまでに発生がわかっている航空機事故は、すべてといっていいほど晴眼者が操縦中に発生している。

異常性欲と暴行[編集]

恐ろしいことに、ロリコンなどの異常性欲による事件は、そのほとんどが晴眼者によって引き起こされている。たとえば、ロリコン小説などもそのほとんどが墨字によって執筆されている(つまり晴眼者が読むことが想定されている)。また、性欲とは関係がないが、晴眼者とそれ以外の方を比較すると、晴眼者の方が圧倒的に凶暴性を持っている。例えば、白杖を破壊する、盲導犬の同伴を拒否するなどの行為が晴眼者によって起こされていることがしばしば報告されている。

ロリコンの理想が墨字などによって描かれたもの。晴眼者向けである疑いが濃厚であることからも、晴眼者の異常性欲ぶりが推察できる。

また、これとは直接関係ないが、会話に墨字を使用するゲームでは、しばしば晴眼者と思われる者が罵り合っていることが確認できる。このような墨字を使用したゲームを愛好する晴眼者は、しばしば殺人などの凶悪犯罪に手を染めることがあり、少年犯罪などにおいては犯人は墨字を使用したゲームを好んでいるゲームマニアの晴眼者であることはもはや恒例となっている。このように、晴眼者は墨字によって凶悪犯罪に手を染める傾向が強い。[1]

なぜ晴眼者はキチガイなのか[編集]

前述した通り、キチガイは大抵が晴眼者である[要出典]。これは、晴眼者はそれ以外の人より多くの情報が脳に流れ込むことが多く、さらに晴眼者は晴眼者ばかりのコミュニティで一生を過ごすことが多い。そのため、情報過多によりボロボロになった脳は、晴眼者以外の人間を理解することができず、情報だらけで壊れた脳が暴走し、そのために晴眼者はキチガイとなるのである。

晴眼者の関与が疑われる事件[編集]

  • 2000年代以前
    • 北朝鮮による拉致監禁。容疑者の金正日(キム・ジョンイル)は、「喜び組」なるグループを侍らせてニヤニヤしている晴眼者であることが確認されている。後述する倉敷や埼玉の事件においても人物ないし人物画に興味を示す傾向があることが確認されている。
  • 2010年以降
    • 福島第一原子力発電所事故。福島第一原発(以下「原発」)の原子炉から放射性物質が放出された原子力災害。原発を管理する東京電力が公開した資料(ほとんど墨塗り)は、あろうことか墨字で記載されており、晴眼者による判断ミスが招いた事故である疑いが濃厚である。
    • 東京都練馬区の遊園地でビデオカメラ[2]によって25際の女が撮影。[3]
    • 米国の上院議員が銃器を密売した容疑。ゲームタイトルに墨字が大量に記載された暴力ゲームの規制を主張していた議員が銃器を密売したとして逮捕された。前述のとおり、暴力ゲーム愛好者のほとんどは晴眼者であり、晴眼者の凶暴性は多数指摘されている。[4]
    • 倉敷小5女児監禁事件。容疑者の部屋にアニメ(それも美少女関係)のポスターが多数貼られていたとの情報がある。[5]また、容疑者は被害者にアニメを見せていたことも明らかになっている。ポスターを眺めてニヤニヤするのは晴眼者くらいしかいない。こういった、いわゆるオタクは晴眼者であることが多く、これとは直接関係ないが秋葉原における自動車の暴走事件も犯人は晴眼者である。
    • 埼玉県中学生監禁事件。容疑者は晴眼者を題材にしたアニメに熱中する晴眼者である。それだけでなく、現在日本においては通信販売が存在するにもかかわらず、わざわざ人と合わなければならない小売店に出向くという手間をかけてまで人と会いたがることが確認されている。そういえば小売店の利用者はほとんど晴眼者で、犯罪用具を購入するのもほとんどが晴眼者である。[6]

脚注[編集]

  1. ^ http://news.nicovideo.jp/watch/nw962850?ver=video_q 墨字を使用したゲームによって暴言を吐くこどもたちが増えていることが報告されたニュース。
  2. ^ ビデオカメラとは、晴眼者が鑑賞するための動画を撮影する装置。わざわざ晴眼者の間で流通している装置を使うあたり、この教諭が晴眼者である可能性は高い。
  3. ^ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1292057927 2013年7月28日撮影
  4. ^ http://news.nicovideo.jp/watch/nw1005345 2014年3月27日閲覧
  5. ^ <http://fesoku.net/archives/7422292.html
  6. ^ http://news.nicovideo.jp/watch/nw2112937?news_ref=nicotop_topics_topic

関連項目[編集]

  • 墨字…晴眼者がよく使う文字。当該項目で説明されている通り、墨字は危険な文字であり、それをよく使う晴眼者も危険人物である。