明知鉄道明知線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「明知鉄道明知線」の項目を執筆しています。

明知鉄道明知線(あけちてつどうあけちせん)とは、旧国鉄明智線が国鉄再建法により引導を渡されたが、第三セクターとなり明知鉄道明知線として運行している往生際の悪い鉄道路線である。

当頁では、明知鉄道株式会社と旧国鉄明智線についても記述する。

概要[編集]

明知線とは、JR中央線恵那駅から明智駅まで約25km(16.1キロhyde)の山の中を二つの峠を越え急勾配と急曲線が連続する電車酔いのための路線である。

運行形態[編集]

明智線は、非電化、全本ワンマン運転で上下共に通勤時間であっても1時間に一本という運行形態で生粋のローカル三セク線である。もちろん周囲にバス路線など無いので、まさに公共交通機関を利用しないでくださいと言わんばかりである。しかし、乗車率が100%を超えることはまず無いので、電車に確実に遅れない自信があり、周辺の恵那市中津川市、少し遠いが春日井市名古屋市などに通勤する人は、ストレスフリーの明知鉄道沿線に住むことはオススメである。

沿線状況[編集]

明知鉄道沿線には素晴らしい観光施設が揃っている。明智駅の、大正ロマンを現代に伝える日本大正村、山岡駅で、美味しい寒天料理に舌鼓をうち、花白温泉駅で、ラジウム温泉にゆったり浸かり、岩村駅で、岩村城を見学し、飯羽間駅の美しい農村風景に心和ませ、恵那駅で中山道大井宿の歴史的景観や五平餅を味わい、1時間ほど明智側に戻り極楽駅からあの世に旅立つ。この様な最高の旅を明知鉄道を使い楽しむことができる。その他にも素晴らしい場所があるので、探してみるのも良いだろう。しかし列車の本数が極端に少ないので、朝一から又は泊まりがけで観光することを強く強くお勧めする。

観光列車[編集]

上記の観光資源とスカスカのダイヤを生かし…たかどうかは分からないが、様々な観光列車が運行されている。いくつか例を挙げよう。

食堂車[編集]

一年中月曜日以外ほぼ毎日お昼時に運行されている。季節の料理(冬は枡酒やじねんじょ)を列車内で食べることができる。なんとお値段運賃込みで4千円〜5千円!ん?高い?何を言うか、運賃が1380円(2016年12月現在)もするんだ。美味しい料理とのどかな風景を4000円払えばお釣りがくるなんていい話じゃないか。

SL乗車体験[編集]

明智駅構内(120m)をSLに乗って往復する。料金は500円。ん?高い?何を言うか、大正ロマンのあのなんとも言えない雰囲気を味わうことができるんだぞ。 安いもんじゃないか。

広告[編集]

明知鉄道株式会社の経営状況は芳しくない。そこでだ、皆さんの企業の宣伝をしてみないか?つり革広告は東海地方の中でも格段に安い。ネーミングライツと言って一本の運行に自分だけの名前をつけることができる。 一体何円なんだ?と期待している方もいるだろう。

それでは発表しよう。

お値段はそれぞれ…

おや、誰か来たようだ

アンサイクロペディアでの広告行為は禁止されている!

いや、ちょっ、すみません、許して!

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

関連項目[編集]



東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「明知鉄道明知線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)