明治時代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス

明治時代とは、幕末に次いで捏造が多い時代である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「明治時代」の項目を執筆しています。

明治時代の始まり[編集]

後世の弁によれば「無能な癖に圧政を敷く政府が倒れ、四民平等の近代社会が構築された」となっているが、これは捏造である。

実際には外交圧力とテロリズムにより国家が転覆し、そのどさくさで立った新政府が「欧米列強と比肩する強国にならなければ植民地にされてしまう。国内で争っている暇はないから一丸となろう」と国民を丸め込んだことから「明治時代」が始まったのである。

尚、「明治維新」という言葉は昭和の軍人が捏造した言葉であり明治時代には存在していなかった言葉である。力づくで社会を変えようという青年将校たちが「江戸幕府を倒したように、今の政府も倒そう」という思いを込めたものだとされている[要出典]

身分制度[編集]

「封建的身分制度がなくなり平等になった」と言われているが、これは捏造である。

士農工商にあたる身分は「貴族(公家様)」「華族(旧大名~中級武士)」「士族(武士)」「卒族(下級武士)」「平民(農工商)」「新平民(非差別民)」というものがちゃんと作成され、新平民はアンサイクロペディアにおけるIP民のように酷い扱いを受け続けた。

土地制度[編集]

地租改正により農民の生活は飛躍的に進歩したと言われているが、これも捏造である。

そもそも日本の農政は律令国家時代から苛斂誅求を極め、水飲み百姓はいつも血の涙を流して只耐え抜いていた。それがたかが一制度の改革でどうにかなるはずもなく、相変わらず農民は底辺の生活を余儀なくされていた。

地租改正の成果と言えば、「全ての土地に課税する」という原則が成立し地税が切れ目無く入ってくるようになったことくらいである。

近代化[編集]

「鎖国により遅れた文化を脱し、近代国家になった」と言われてはいるがこれは欧米による捏造である。

日本は鎖国下にあってなお文明文化の進歩は西欧を大きく上回り、独自の平和文明を築いていた。しかしクジラ漁の中継地点が欲しいアメリカが一方的に不平等条約を押し付けて強引に開国させ、江戸時代までの日本文化を全否定させたのである。

その為多くの日本美術の逸品は海外に流出し、今では海外のコレクターの方が遥かに優れたコレクションを持っている。アンサイクロペディアよりもWikipediaが面白く思えるようなものであり、悔しいものである。

戦争[編集]

上記のように、どうにか国民を丸め込むため新政府は取りつかれたように戦争に逸った。大義名分は基本的に捏造であり、「とりあえず戦争して賠償金せしめればみんな金持ちになって文句も言わないだろう」という楽観主義が主であった。

当時「眠れる獅子」と恐れられていた清国を薙ぎ倒し、同じく青海の覇者だったロシアを叩き潰し、破竹の勢いで「日本ここにあり」とアピールすることで確かに植民地化は防げたが、それにより「金に困ったら戦争しよう」という思いが生まれてしまう。それにより関東大震災後の不況を振り払うため戦争を起こしたりもしていくのだが、それは昭和のお話なのでここには記さない。

明治時代に関係した人物[編集]

  • 板垣退助…自由民権運動を進めた政治家。「板垣死すとも自由は死せず」という名言は、後年の捏造であることは言うまでもない
  • 西郷隆盛…西南戦争で活躍した薩摩隼人。戦争責任を捏造され、まったく似ていない銅像を建てられてしまうという辱しめを受けた。
  • 伊藤博文…日本史上唯一、天皇陛下から直々に「身を慎め」と言われた御仁。故に反天皇思想者との説を捏造され暗殺された。
  • 岩倉具視…岩倉使節団団長。後に「明治政府外交の足を引っ張った」との醜聞を捏造されている。
  • 明治天皇…思想の変化が早かったことから、実は暗殺され別人が秘密利に代理を勤めていたという説がある。多分捏造だと思われる。思われるが…。

関連項目[編集]


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「明治時代」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)