日本全国酒飲み音頭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本全国酒飲み音頭」の項目を執筆しています。

日本全国酒飲み音頭(にほんぜんこくさけの-おんど)とは、1980年代盛んに用いられた洗脳歌である。

概要[編集]

このような酒好きでなければ大人に非ず、というのが当時の「普通」だったのである[要出典]

1960年代から1980年代にかけて、煙草は大人のたしなみであり「好きか嫌いか」ではなく「好きで当然」と言われるものであった。特に高度経済性長期における一般的な会社員(特に男性)は、煙草をふかしながらオフィスワークに勤しみ終業後はビアガーデンにてとりあえずビールで乾杯[1]というのが定番であり他の選択肢は殆ど無かったのである。そんな中にあって、大気汚染などの影響を口実に出来る嫌煙家[2]はまだしも下戸は本当に立場が無く忍従の日を強いられていた。

それを憐れんだ一部の左党が、まずは下戸連中の酒に対する苦手意識を改革し酒へと興味をもってもらう為に一計を案じた。そして「皆が慣れ親しんだ歌のメロディを使い、愉快に楽しく酒を歌い上げるような歌を作ろう」という方向で話は固まり、ディズニー映画「シンデレラ」の挿入曲「ビビディバビディブゥ」を基にして生まれたのが「日本全国酒飲み音頭」なのである。

歌詞[編集]

酒が苦手というのは基本的に酒に不慣れ、という考えから「まず酒に触れる機会を持とう」ということで一番の歌詞では1月から12月まで酒を飲む理由を歌い上げている。1月は正月で酒が飲めるぞ、2月は…というようにして分かりやすい節を付け、いつでも口ずさむようにして無意識からの改善を促していく。二番では全国各地の酒飲みを歌い、それによって地域毎に特色ある酒文化へ自然と興味を持つように誘導していく。全体的にメロディラインは大きく動かないため非常に歌いやすい歌だが、二番後半辺りに入ると「酒が飲めるバッテン」などメロディから歌詞が遊離してしまう部分もある。そういった弱点もあるものの、1980年代の飲酒人口増加に一役買ったことは事実である[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ ツマミは揚げすぎの鶏唐やベシャベシャのラビオリ、もしくはいつ茹でたんだか分からない枝豆が定番。とりあえず高いところに皆であつまって一斉にビール、が普通だった昭和の光景。
  2. ^ 環境汚染が原因で怪獣が出てくる、という映画もあったくらいなので環境問題はそういった口実に向いていたのだろう。

関連項目[編集]

酒乱幼児.jpg この項目「日本全国酒飲み音頭」は、まだまだ執筆者が酔っていないので、ハメをはずしきれていませんどんどん呑んで、中川大臣の待つバッカスのお膝元にこの項目を飛び立たせてください。 (Portal:スタブ)