新幹線700系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
700系とひよこ陛下(ドクターイエロー)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新幹線700系電車」の項目を執筆しています。

新幹線700系電車(しんかんせん700けいでんしゃ)は、カモノハシの顔つきをした新幹線車両のことである。姿形を除き歴代新幹線の中でも最高の出来とされている。

概要[編集]

東海道新幹線0系及び100系の駆逐とJR西日本への追い出しを正当化するために開発が始まった。JR西日本がうまく口車に乗せられ、JR東海との共同開発となる。居住性の観点から最高時速は500系より−15km/hダウンの285km/hとなったり、前述の通り微妙なスタイリングになったりと、なんだか悲しいことになったがその分300系や500系での悲惨な体験は免れるようになった。

東海道新幹線では絶滅寸前の0系に拍車を駆けるように運行開始。のぞみとして活躍した。数ヶ月後0系は東海道新幹線から蒸発した。また700系の勢いが頂点に達しようという2003年、100系も鉄くずや短編成になった。山陽新幹線においてはひかりレールスターとして、乗客集めのための8両編成の車両が用意された。九州新幹線にいたっては700系をベースとした無駄に豪華な800系が作られ、台湾高速鉄道では最高時速300km/hの強化版700系、700T型が走り、どっか大陸のような事故に遭わずに安全運行を続けている。このように流用性が高く、300系亡き後は主にこだまとして活躍していた。

しかし引退の早い新幹線車両のこと、この形式も当然例外ではなく、後継車の増殖に伴い急速に勢力を縮小しつつあった。そして東海所属車はついに余命宣告をされ、2020年3月8日に完全に引退することが報じられた。西日本所属車は余命宣告をされていないが、こちらも4本にまで減っており既に風前の灯といえよう。

なお唯一の例外が7000番台「レールスター」で、こちらは一向に代替廃車の話が出てこない。当面は安泰なものと思われる。先に500系が消されそうな感じだし。

特徴[編集]

ごはんがススムくん型の700系。後期に作られた。
  • 鼻先はC1編成を除き9.2m。ただし16両編成の全長はおよそ400mなので大したことはない。
  • 非常連結器のカバーの形状によってイカリング型とごはんがススムくん型がある。
  • 最高速度は285km/h。ただし東海道新幹線では285km/hを出すとスペイン国鉄みたいなことになるため、270km/hまでしか出せない。
  • 開発時の仮称は「N300」。このノリはN700系に受け継がれたとみられる。
  • お値段は1両あたり約2億3000万円。これは大卒のサラリーマンの平均生涯年収全額を払って約2000万円がお釣りとして戻ってくる金額である。16両編成では約36億4000万円だが、500系は同じ16両編成で約50億かかったと言うからだいぶましである。
  • 16両編成での車両の重量は空車で634t。300系の16両編成での重量637tから-3tという微妙な車両軽量化に成功した。

愉快な仲間たち[編集]

9000番台(C0編成→C1編成)[編集]

量産先行車。1号車の次に5号車を連結するなど他の新幹線試作車では見られなかった実験が行われた。他の仲間と比べて鼻が70cm短いがどうってこともなく走りつづけた。廃車後は1号車のみがリニア・鉄道館に封印された。

0番台(C編成)[編集]

最もポピュラーな700系。JR倒壊所属であったが、300系引退のどさくさに紛れて金属の塊になったり、JR西日本へ左遷譲渡されたりしたものが存在している。先述した通り、2020年3月8日のさよなら運行をもって全廃となる予定。

3000番台(B編成)[編集]

JR西日本所属の700系。サボ(行き先表示)がJR倒壊では字幕式だったのに対しLEDだったり、先頭車の乗務員室扉の横に「JR700」と書いてあったり、内装がだいぶ違ったりしてJR西日本が格の違いを見せようとしているのが分かる。しかし鉄道ファン以外の一般客に理解されることはない。C編成引退後もしばらくは残るらしいが、先はそう長くないだろう…

7000番台(E編成)[編集]

こちらもJR西日本の車両。8両編成。乗客を奪って行く航空会社や自己中なダイヤを作るJR倒壊に一泡吹かそうとして作製された。他の仲間と塗装が全く異なりカッコ良くなっている。ひかりレールスターとして活躍し、飛行機やバスに盗られた客を取り戻すために必死に考えたサービスは大好評を博した。開発時に8両編成の車両を2つ連結して東海道新幹線を走らせようという案があったが、そんなごはんがススムくん同士のキスなど見たくないとして闇の中に葬られた。N700系7000・8000番台に運用を奪われたので、現在はもっぱらこだまとして活躍している。ちなみにこだまで走っているときは折角のコンパートも“業務用室”なんて称して封じられてしまうので、魅力半減である。どうしてもコンパートに乗りたいなら、1日1往復しかないひかりレールスターを頑張って狙おう。

923型(T4・T5編成)[編集]

黄色い電車。鉄道ファンだけではなく一般客からも絶大な支持を得ており、広島の某ローカル電車とは大違いである。ドクターイエローとして線路や架線とかの検査をしてくれる。見たら幸せになれると言うが当たり前である。なぜならあのひよこ陛下が医者として新幹線に勤務されるときのお姿だからだ。それゆえ10日に1回ぐらいしか走らない走らないうえ、クズ鉄どもの出現を防止するためにダイヤが公表されないので、見るのが難しい。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「新幹線700系電車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)