手相電鉄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

手相電鉄株式会社(てそうでんてつ、英称Tesou Electric Railway Co.,Ltd. = TER)は手のひらに路線を有する大手私鉄手相の略称で呼ばれている。創業時の旧名称は掌線掌丘鉄道

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「手相電鉄」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

手のひらの交通における利便性を確保するため企画される。当初は生命線のみの開業であったが、徐々に路線を拡大して現在の形態となった。

現在も新規路線の企画、建設が続いている。

路線[編集]

現有路線[編集]

  • 生命線:第2中手骨中駅~手首駅間(約90.0mm)
  • 知能線:第2中手骨中駅~第5中手骨下駅間(約70.0mm)
  • 感情線:第5中手骨中駅~人差し指駅間(約70.0mm)
  • 運命線:中指駅~手首駅間(約80.0mm)

生命線[編集]

生命線は、金星丘に沿って湾曲し、人差し指の付け根と親指の間にある第2中手骨中駅から手首駅までを結ぶ。

手のひら圏の通勤路線としての性格と、手のひらの主要血管に沿った重要な輸送路との両方の性格を持つ。 ターミナルである第2中手骨中駅を出て暫くは、知能線との複々線区間となっておりラッシュ時の輸送力を支えている。

知能線[編集]

知能線は、第2中手骨中駅~第5中手骨下駅間を結ぶ。

第2中手骨中駅から金星丘上部を生命線との複々線区間として通り、分岐後は感情線に並行する形で運行されている。 当初は第5中手骨中駅をターミナルとして感情線と合流する計画だったが、第二火星丘を貫通するトンネル建設が困難なことから計画を撤回。これにより、同時期に建設されていた感情線が長らく本線から孤立することとなる。

感情線[編集]

感情線は、第5中手骨中駅から人差し指駅間を結ぶ。

手のひら北部の輸送手段として他の路線から独立する形で建設された。当初予定されていた知能線との連絡が、路線経路の変更によって撤回されため、長らく他路線との連絡に難があった。しかし運命線開業後はこの不都合も解消されている。

運命線[編集]

運命線は、中指駅から手首駅を縦に結ぶ比較的新しい路線。

感情線と知能線の乗り換え駅を持ち、ターミナルである手首駅で生命線と合流している。 当初は知能線と合流するまでの区間のみの開業だったが、後に手首駅まで延長された事により全線に連絡。生命線に次ぐ主要路線としての地位を確立している。

優等列車[編集]

手相電鉄では第2中手骨中駅と中指駅をターミナルとして、「辻占い」と総称して呼ばれる有料特急列車を運行している。系統・種別に応じて下記の愛称が付けられている。全列車、全座席指定。

現在の愛称[編集]

  • 「銀座の母」:生命線系統で四肢鉄道腕線に乗り入れ、体幹方面へ運行する列車。
  • 「銀座の父」:知能線系統の列車。手のひら最大の観光地「月丘」への観光客を輸送する。
  • 「新宿の母」:運命線系統で四肢鉄道腕線に乗り入れ、上記「銀座の母」と同様に体幹方面へ運行する列車。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「手相電鉄」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)