忠臣蔵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

忠臣蔵』(ちゅうしんぐら)は、大石内蔵助赤穂浪士を中心として世の不条理を描いた演劇作品である。ムラ社会かつ体育会系的上下関係に閉じ込められた日本的の民には非常に愛好されている。

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、オリエント急行殺人事件の犯人は容疑者全員であることや、天上学園は死後の世界だということや、夜神月はニアに敗北しリュークに殺されることや、市長は寄生獣に協力していただけの普通の人間であることや、ジューダスの正体は前作で死んだリオン・マグナスであることや、妹達(シスターズ)が生み出された本当の目的は「天使」を具象化するためであることや、プロフェッサー・ギルは自らの脳髄をハカイダーに移植して蘇ることや、阿Qが処刑されることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

作品背景[編集]

エクストリームスポーツウォーリーをさがせ!」の1703年大会にて、元赤穂藩所属のメンバーで結成されたグループ「AKO47」が主催イベント『「討ち入り予定」* 諸般の事情により、討ち入りしない場合もありますので、ご了承ください。』において、ウォーリー氏を発見したという『元禄赤穂事件』を原作としている。


登場人物[編集]

悪の枢軸[編集]

赤穂藩の殿様。
武術に精通しているが統合失調症というチョット危ないひと。
賄賂が普通とされている当時の日本において、ほとんど賄賂を贈らないという清廉な政治家。当時としては凄まじいKY。(なお、当時の日本に「賄賂」という概念はなく、むしろ当然の礼儀とされていた)
吉良と一緒に朝廷の接待準備をしていたが、ある日とつぜん持病が発症してわけもわからず吉良上野介に斬りかかる。このため武術に励んでいたにも関わらず刀を抜かなかった吉良を討ち漏らした。その罪で即日切腹を命じられ切腹。赤穂藩はお取り潰しとなった。
浅野家の重臣。討ち入りの首謀者。精力絶倫。
その様から昼行灯性病のデパートと呼ばれた。
赤穂藩の取り潰し後、浅野家を再興させようとするが不可能となったため、当時の武士として最低限の面子を守るため吉良を討つ。(この行為については特に政治的目的があるわけではないのでテロではない。あえて言えばケンカである)
言わずとしれたワンコ大好き将軍様
これに対してAKO47が命がけのケンカを仕掛けるのだが、民衆はほぼ全て47側の味方であった。
天皇。平安以降の天皇の例に漏れず、ただいるだけの人。(だがそれがいい)

にゃんこ[編集]

上杉謙信の末裔。ただし血は繋がってない。

被害者[編集]

幕臣である傍ら、「中野丞」、「下野守」の3人でトリオ漫才「吉良クールブラザーズ」を組む漫才師。
発病した浅野に斬りかかられ、AKO47に殺されたカワイソスな人。なお、息子まで殺されたという誤謬が広まっているが、息子は討ち入りより前に死んでいる。
  • 残りの赤穂浪士
討ち入りに参加しなかったチキン当時の平均的価値観に基き忠義のない奴だとされた彼らは、生活必需品すらも売ってもらえなくなってしまう。多くの者が「四十七」という数字をトラウマとして抱えることとなったが、彼らの「四十七」を乗り越えようという不屈の精神とたゆまぬ努力が、後に四十八手の房術として結実することとなる。
浅野が刃傷に及んだ日に徹夜で働いていた人。お偉いさんが事件を起こしたときはそれなりの身分の者の屋敷に預けられるという決まりがあったのだが、浅野の取り調べが終わったとき江戸城にはこの人しか残っていなかったため、全く関係ない浅野を預かることになった。浅野は即日切腹を申しつけられたため、田村の屋敷で切腹した。
将軍様に命じられて浅野に切腹を言い渡した人。将軍様の命令通り涙を呑んで庭先で切腹させたが、広島浅野家のクレームにたじろいだ幕府は、すべて床田が一人で決めたことだとして逃げる。哀れ、床田はクビにされてしまった。
浅野内匠頭の弟。かつては兄とお笑いコンビ「W-ASANO」を結成して活動したこともあった。浅野の起こした事件によって禁固刑に処される。刑期中の暇つぶしにはじめた料理がきっかけで調理師となり、ブリア=サヴァランをもうならせるほどの名料理人となる。ちなみに「大学芋」は彼が考案した。


あらすじ[編集]

刃傷松の廊下[編集]

吉良を斬りつけたために取り押さえられる浅野

江戸城に帝からのお言葉が届く日のこと。朝廷からの使者を迎える用意をしていた吉良は、持病が発症した浅野によって斬り殺されそうになる。さいわい、浅野はかけつけた武士によって取り押さえられ、吉良はなんとか一命を取り留めた。

将軍はこれを聞いて激昂して浅野に即日切腹を命じる。赤穂藩はお取り潰しとなり、浅野の縁者も次々とその罪に連座させられていった。


襲撃計画[編集]

いっぽう、浅野の奸臣・大石内蔵助は浅野切腹を聞きつけると血気にはやる他の赤穂藩士がなんとか取り押さえる。その後もイロイロあったもの、赤穂城は無血開城し、おケツも開陳した。

大石ら赤穂藩士は運命を受け入れるかのごとく大人しかったが、それは大石の偽装であった。大石は藩の再興を試みるが、それが敵わないと見るや吉良への襲撃を計画した。


四十七士の討ち入り[編集]

四十七士のこの世の者とは思えぬ狂戦士ぶりに、核攻撃をも辞さなかった吉良の部下は彼我戦力差を見誤り主君を見捨てて次々と遁走していった。吉良の部下たちは、四十七士を吉良低に閉じ込めようと家の戸に鎹(かすがい)を打ち付け主君もろとも閉じ込めた。多勢に無勢となった吉良側のサムライは次々と惨殺され、とうとう吉良はアナル童貞と命を奪われてしまうのである。


討ち入り後[編集]

自分の裁定に真っ向から反抗したAKO47に対し、将軍様は烈火の如く怒ったが、民衆をはじめ幕府内ですら浅野と大石擁護論者が多く、仕方なく47に切腹という名誉の死を命じた。



『忠臣蔵』を基にした作品[編集]

  • 忠臣蔵外伝 四谷怪談
    深作欣二監督の映画。高岡早紀プルルン巨乳は絶対見なきゃソン。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「忠臣蔵」の項目を執筆しています。