御徒町駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

御徒町駅(おかちまちえき)とは、商店街「アメヤ横丁」の一角を形成する上野駅別館・アメ横口(うえのえきべっかん・あめよこぐち)の通称である。

概要[編集]

上野駅本館と別館の間にはアメヤ横丁、通称アメ横と呼ばれる巨大な商店街がある。本館駅前から広がる商店街を見ながら歩いて回ると、ほどなく別館にたどり着く。数値上は比較的短距離であるにも関わらずあまりの物量の人とモノを体感した人々はもう疲れてヘトヘト、もと来た方向に歩くのも面倒臭くなり、別館から本館へと電車に乗って戻ったりする。

別館からといえども移動分は課金されてしまうのだが、そうした小さい出費をユーザーに意識させないこともSuica開発理由のひとつであるという。

山手線の超有名撮影地だが、撮り鉄の魔の力に駅員も困惑し、撮影にいくらか注意事項が入ってしまった。

歴史[編集]

別館はもともと上野駅の南口であった。上野駅ではテナント収入を得るためにエキナカを開発、線路ガード下にどんどん店舗区画を広げていった。このアーケード商店街は大成功を収め、これに味をしめた当時の国鉄は南口をもっと南に移動して構内空間を増床していった。

しかし、不忍口から南口まで500メートル近く離れているなどひとつの駅と言うには無理が生じるうえ、外から見てもまるで巨大な壁面が街を分断するようにそそり立つに至って、さすがに地元商店会も反発し「エキナカは地元に何の利益ももたらさない。一般解放しろ!」とデモを繰り広げたため、仕方なしにガード下店舗を切符なしでも出入りが自由なよう改築し南口も別館扱いにした。これがアメ横口(御徒町駅)のはじまりである。この開放政策が功を奏し、一帯は一大商業地として繁栄することになった。

利用路線[編集]

JR東日本:山手線京浜東北線
京浜東北線が快速運転の時は止まらない。
都営地下鉄大江戸線上野御徒町駅
駅名が、上野駅と御徒町駅の本来の一体性をよく物語っている。
東京地下鉄銀座線上野広小路駅
本来は「ごく近い駅」でしかなかったが、大江戸線が御徒町駅と上野広小路駅を結ぶように作られたため物理的に接続された。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「御徒町駅」の項目を執筆しています。
Gomen.jpg この「御徒町駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)