弘南鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「弘南鉄道」の項目を執筆しています。

弘南鉄道(こうなんてつどう)とは、北海道に次ぐ北の大地青森県弘前市を中心に路線を持つ鉄道会社である。

概要[編集]

弘前市を中心に2路線を構えているが、夏暑く冬寒いこの地方の特徴をまるで無視するがごとく、季節関係なく懐がお寒いため、一時期大鰐線の廃止が検討されていた。こう見えても電車が走るれっきとした電化路線であり、そもそも私鉄が存在しない北海道を除いて、日本でもっとも北に位置する電化私鉄の座にある。

ちなみに、2012年に廃止された十和田観光電鉄とは緯度的にどっこいどっこいであり、紛争が懸念されていたが、幸いにも弘南鉄道が弘前よりも「北」の黒石市まで路線を伸ばしていたため、争いは起こらず平和裏に収まった。

路線[編集]

弘南線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「弘南鉄道弘南線」の項目を執筆しています。

弘前市から平賀町平川市を通り、黒石まで向かう路線。「弘南」なのに北に向かうというおかしな路線である。かつては東北初の快速列車も運行されたりしていたが、今やその面影はどこにも見られず、何かと物足りない路線である。

大鰐線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「弘南鉄道大鰐線」の項目を執筆しています。

弘前のド真ん中から、ピンクの鰐がいるところまで走る路線。コチラは弘南線よりもさらに物足りず、売り上げも物足りず、廃止が検討される段階まで行ってしまっていた。しかし地元民や鉄道教信者の猛烈な反対運動が功を奏してか、廃止は撤回された。

黒石線(廃線)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「弘南鉄道黒石線」の項目を執筆しています。

南津軽郡田舎館村という住所からして田舎な川部という集落から、黒石まで結ぶ路線だった。もとは国鉄の一路線だったという異色の経歴を持ち、大赤字だった路線を国鉄や弘南鉄道が一体となって対策した結果、「ちょっと赤字」にまで回復させたが、弘南線が弘前まで繋がって用済みとなったので廃線されてしまった。

歴史[編集]

  • 1926年 - 何か思い立ったのか設立。
  • 1927年 - 弘南線が途中まで開業。
  • 1931年 - 何故かバス事業開始。
  • 1941年 - 9年ちょいでバス部門分社化。
  • 1948年 - すると今度は電化工事。
  • 1949年 - 弘前電気鉄道設立(いまの大鰐線)
  • 1950年 - 弘南線、ついに全通
  • 1952年 - のちの大鰐線が全通
  • 1954年 - 弘南線750ボルトに昇圧
  • 1961年 - 今度は1500ボルトに昇圧
  • 1970年 - 弘前電気鉄道が大人の事情により弘南鉄道大鰐線化。
  • 1984年 - 黒石線を譲り受けた。しかし、その14年後、
  • 1998年 - 黒石線、短すぎ&赤字で廃止。
  • 2009年 - 赤字脱却作戦、大人同伴の小学生以下はタダとなる土休日の子供運賃特別割引が始まる。
  • 20XX年 - 大鰐線廃止。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

車両[編集]

全路線で東京急行電鉄のお下がりが用いられている。これは廃線されたライバルの十和田観光電鉄も同様であった。それだけでなく、東北各地で東急のお下がりは積極的に用いられており、東急の植民地政策に一役買っているようである。

  • 7000系…東急のお下がり。主力車両である。
  • 6000系…こちらも東急のお下がり。7000系が作られる10年前に作られた。大鰐線で快速運用に就いていたが、2006年に廃止。今は2両×1編成が残る。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「弘南鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)