平安京

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平安京」の項目を執筆しています。

平安京(へいあんきょう)とは、京都市の当初の名称である。当時の全世界において最高水準の科学技術を誇り、むしろ現代を上回っているとの見解さえある。

歴史[編集]

時の君主、桓武天皇が長岡京から遷都したのが起源。正史には記されていないが、その造営意義は未来に来る可能性がある北方からの脅威に対抗する、というものであったらしい。英邁な桓武天皇は、かの将軍様の出現まで予言していたという。そのためか最新鋭の科学技術は、軍事目的から派生して発展を遂げていく。しかしながら平安京は実際にはからの攻撃を受けることがないままに自然消滅していくこととなる。 ゆえに、軍事の片手間とは言いがたいほどに文化も花を咲かせ、特にエロゲの分野では目覚しい進化を見せた。

非公式な記録ながら、平安京は異星人の襲撃を受けたとの記述が存在する。しかしその際は、検非違使が落とし穴を掘るという非常に原始的且つ効果的な方法で異星人を撃退したらしい。

マスコットキャラクター[編集]

現在、太秦映画村「太秦戦国祭り」の公式キャラクターとして知られるうじゅは、実は平安京のマスコットキャラクターであった。 太秦映画村はこの1000年前に誕生したキャラクターを流用し、現在の京都の活性化を図ったのである。

地域が近しいことでよく間違われるが、せんとくんは平城京の遷都1300年記念のマスコットであり何ら関係は無い。

観光[編集]

平安京が栄えた時期は文字通り平安だったため、観光業が栄えた。

京都御所[編集]

君主である天皇の住む京都御所は年に二度特別公開され、それ以外でも予約をすれば拝観できた。 当時の貴族の日記には、「ある日予約なしに御所に入ってきた拝観者に禁則事項を見られ、主上(天皇のこと)は大変ご立腹であった。」とある。(藤原道長「御堂関白記」)

清水寺[編集]

自殺の名所として有名なストリップ劇場。 日に一人は清水の舞台と呼ばれるストリップのステージから飛び降りた。 これは単なる自殺ではなく、清水の舞台でストリップを披露していた踊り子に客が飛びつこうとして誤って足を滑らせ、その高台から落下して命を落とした、という事故死に過ぎないのだという説もある。

二条城[編集]

江戸時代に作られたのが最初と言われるがそうではない。 すでに平安時代には造営され、北からの脅威に対する為の軍事訓練が行われていたらしい。 兵士たちはこの軍事施設で寝起きし、主に庭でじゃがいもやさつまいもなどを栽培し主食とした。 鴬張りの廊下など、敵の侵入に敏感な設備を数多設置したのは、ここから軍事機密がばれるのを恐れたためであるという。 しかしながら脅威が一向に訪れなかったため市民に開放され、花見の名所となった。

教育[編集]

世界的著名人を多く輩出した綜藝種智院、エロゲ製作のメッカ・勧学院などが有名。 当世最高水準の科学技術、及び文化はここから生まれたといっても過言ではない。

綜藝種智院[編集]

学祖は弘法太子空海。自由な校風で知られ、校訓は「奴らを全力で見逃せ」。 その教育方針によって学生個々の能力を開花させることに成功し、世界的著名人を多く輩出した。 鋼の錬金術師として名高いエドワード・エルリックをはじめ、世界七大ビッチの一人である山本モナ、のちに唯一神へと昇華する夜神月もこの学院の出身である。 近年発掘された木簡には、上記三人がエロゲについて語り合ったという記述が見られる。(文化庁所蔵EROGE木簡)

この学生間の切磋琢磨が、平安京発展の礎になったことが推測されよう。

勧学院[編集]

後にアリスソフトを立ち上げるしらきんぐや、ぬまきちこと大沼明夫らエロゲ界を大きくリードする人材を育成した。