平凡な少年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

平凡な少年(へいぼん-しょうねん)とは、物語の主人公になると様々な特権をもらえる特殊な存在である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「平凡な少年」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

外見や身体能力において、秀でた部分はないことが多い少年である(少女を含む場合もあるが、ここでは少年について記述する)。しかしながら、主人公になった場合、何らかの変わった出来事に遭遇するのである(平凡な少年が平凡な人生を送って普通に死ぬ物語はあまりない)。しかし、それで多少数奇な人生を送ったとしても平凡な少年は平凡な少年なのである。

特徴[編集]

最低でもこのくらいの容姿は無いと、『平凡な少年』は名乗れない。ブサイクはお断りである。

特に秀でた部分はないが、以下のような特徴を持つことが多い。

  • 偏差値はそんなに悪くないが、良くもないような高校に通う。私立高校に通っていることが多い。(高校生の場合)
  • 勉強の成績はほぼ平均的、あるいはそれ以下である。
  • 文系で、数学は得意ではない。
  • 父親は会社員、母親は専業主婦である。
  • 家庭の経済レベルは良くも悪くも中流である。
  • 部活は文化系、もしくは帰宅部
  • や習い事はあまり行っていない。
  • あるいはがいる。
  • 自室を持ち、ベッド本棚がある。
  • 恋愛経験はないか、わずかである。
  • 童貞
  • 最初のうちはノンケである。
  • こんなところになんか絶対に来ない。

実例[編集]

ここ参照。たくさんいる。

特権[編集]

運命の神によって、様々な特権がもらえる。

特殊な能力を手に入れる。
特殊な能力になぜか目覚める。あるいは特殊な能力を持っていたことが判明する。それから平凡な少年の存在はだんだん大きくなっていき、世界を救うこともある。
リア充になる。
なぜだか知らないが突然モテ始める。うらやましい。前述の特殊な能力が関与している場合もある。巨乳の未来人やら、読書家の宇宙人やら、ニヤケ笑いの超能力者やらが主人公に対して全力でアプローチしてきたりする場合もある。
簡単には死なない。
諸事情により、簡単には死ななくなる。が、物語の種類によっては周りで人がよく死ぬようになる。

義務[編集]

特権がもらえる代わりに義務もある。

周囲からの視線
異常なまでにモテるため、嫉妬の目で見られる。基本的に彼女は複数人いる為、二股、三股、もしくはそれ以上疑惑がかかること請け合いである。
周囲からの暴力
モテまくっているので当然ながら周囲からは嫌われる。ヒロインたちからもあまりに鈍い、と暴力を受ける。
特殊能力なぞ持とうものなら日常が戦場に早変わり。平凡な少年も大変である。
理不尽な労働
その特殊な能力ゆえに、何らかの活動をしなければならない。例を挙げるとよくわからない奴らとの戦闘、それに関する特訓や鍛錬、ヒロインとの交流等である。

結論[編集]

全く平凡では無い。

関連項目[編集]


この項目「平凡な少年」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)