小田原市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小田原市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「小田原市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「小田原市」の項目を執筆しています。

小田原市(おだわらし)とは、旧相模国(現神奈川県)の中心となっていた都市である。

概要[編集]

神奈川県の西部に位置する中心的都市。関東平野>足柄平野にあるが。西湘地域に属する。よく湘南と間違われる。

栃木県大田原市より市の規模は大きいが、名前的に言うと小さい。でも、そんなの関係ねぇー!戦国時代に後北条氏の拠点として栄えて以来、小田原は常に関東地方の中心地である。住人は小田原語を話す。新幹線・小田急線・東海道線・大雄山線・箱根登山鉄道が通り交通の便がよい。ちなみに平塚人の50%が町田東京を代表する都市だと信じている。

小田原語 [編集]

小田原市を中心に相模川以西の西相模で話されている言語。 小田原に暮らすものの99%は小田原語が全国で話されていると信じているが、実際、小田原語が戦国時代に全国に知れ渡り今の東京弁の原点になっている。東京弁だけでなく、昔の日本語、本州と四国と九州のすべての方言も小田原発祥、特に近隣の伊豆弁、静岡弁、甲州弁、東京弁、横浜弁などにその影響が強い。

例:「け~?」「だべ?」など。これらは主に付加疑問文として用いられ、断定の終止符としては使われない。
例:「へぇ~」。話の途中に入る。特に意味は持たない。「あいつは、へぇ~、もう駄目だ。」
例:「はだって」。改めて、わざわざの意味。「はだって、行かない」

東京弁と標準語は違うが、小田原は日本全土に強い影響力を持つため標準語作成の基準になった。そのため足柄平野から日本語が始まったと言われている。 新宿板橋成田などの地名はマジで小田原発祥だったりする。

もせるごみ[編集]

小田原市民は可燃ゴミのことを「もえるごみ」とはいわずに「もせるごみ」という。小田原市内では市指定のゴミ袋やゴミ収集場だけでなく、コンビニエンスストアやファストフード店、鉄道駅構内のゴミ箱までが「もせるごみ」の表記をしている。この「もせるごみ」という呼び方は小田原が発祥で、近年横須賀市平塚市も小田原市を見習って採用している。小田原市役所の敷地内には「もせるごみ発祥の地 小田原」の碑が建っているらしい。

産業 [編集]

小田原は、神奈川県西部の中心都市であるからサービス業が盛んであるし、大手企業の工場(ライオン第一三共日立製作所明治製菓ほか)立ち並んでいるし、漁業が行われてることから水産加工業(かまぼこ等)盛んである。1960年代まではみかんの栽培も最北の地としてそこそこ盛んであったが、生産量はそこそこだったので政府の減反政策にあってしまい、現在では細々と生産されているのみ。(青カビの研究)


弾圧の歴史 [編集]

1990年代に前市長派と現市長派の激しい対立があった。そこで現市長派は、市役所付近の歩道に梅丸の絵を埋め込み、踏み絵として使用した。

情報統制・行動統制・思想統制[編集]

小田原市を中心とする神奈川県西部では、その独自の政治・経済・文化形態を保護するという名目で、他地域の情報の持ち込みを規制している(もちろん文化的な情報にはファッション関係の情報も含む)。また、同じ名目で他地域からの移民も規制している。 この地域では地元の環境に満足し他地域の情報は持たないことが美徳とされ、他地域(特に首都圏大都市部)の事情に精通していたり、地元の環境に不満を抱いていたりする者は「非小田原人」として弾圧される。また市民の行動様式としては、日常の行動範囲が神奈川県西部だけで完結してる市民が優良な小田原人とされ、地元から横浜や東京などの首都圏大都市部に通勤通学している市民は不良市民とされている。 この情報統制・行動統制・思想統制は特に10~30代の若い世代に対して厳しく行われており、これに耐え兼ねたり疑問を抱いたりして地元を脱出してしまういわゆる「脱小田原者」が後を絶たない。 1990年代以降インターネットの普及により他地域の情報を簡単に入手できるようになったため、地元への不満と「脱小田原者」は増加の一途をたどり、21世紀に入ってからは神奈川県西部の人口は激減し、地元独自の政治・経済・文化形態は崩壊の危機に晒されている。これらの事態を憂慮した地元の有力者は地元住民のインターネットの閲覧の規制を検討している。

市政・観光・行事[編集]

歴史もあり、交通の便も良く、生活環境的にも優れているが、小田原市の行政はこれらを活かさない方針である。 5月4~5日は小田原市内中心部は5つの神社の例大祭が同時に行われ、失禁するほどの規模で山車・神輿の運行があるが、小田原市行政はヒタ隠しに躍起で、祭り参加者も観光客にバレないようにやることに快感を覚える。 告知しない理由としては4年に一度表彰される「もったいない都市日本一」を目指し、一環として「エクストリーム誘致」をしているのではないかと囁かれている。 もう一つの理由は「宗教の曲解」である。 実際、宗教や文化を曲解してるので当然のように創価学会などのカルト団体やエセ宗教には寛容である。

地震のメッカ [編集]

近くを関東大震災の震源地となった相模トラフが伸びていたり、東海地震が起きるとされる震源地にも近い。また市内に松田=国府津活断層も走っている。つまり関東大震災、東海地震、小田原直下型地震の三つの地震が連続して発生する可能性がある。「神戸(阪神淡路大震災の震源地)の次に壊滅する都市は小田原」とまで言われている。このように小田原が神戸に匹敵するすばらしい都市であることは全国に響き渡っている事実なのである。

地理[編集]

神奈川県の南西部に位置し、相模湾に面している。

  • 小田原駅東海道線東海道新幹線小田急線箱根登山鉄道大雄山線の5路線が通っている。
  • 市の西部の東海道線根府川駅周辺の集落(片浦地区)は、相模湾に望む景色が素晴らしい景勝地であるものの、集落内には駄菓子屋が一軒しか存在しないため、住民は駄菓子と特産のみかんを主食としている。
  • 縦に道路を引くということに頭が回らないらしく、横にしか道路が走っていない。そのためどこもいつも大渋滞。また渋滞の生活がスタンダード化しているので、神奈川全体も含め運転は非常にへたくそ。そのため外からの観光客が非常に迷惑をしているが住人は気にしない。しかしながら、市の西側の箱根周囲に住む者に山岳走りで右に出る者はいない。
  • 条例により、山側の開拓は進めない方針。逆の見方をすると、そのうち地震がやってきて沈むエリアに意図的に住民を寄せ集めるような政策を取っているとしか思えないが住民は海を眺められて満足しているらしい。

観光施設[編集]

小田原城内の動物園にいる象。週末になると暴れだすので注意が必要だ。
■■■■■象:ウメ子は西暦2009年10月に他界しました 合唱合掌■■■■■

(狭い、コンクリートの飼育場所で飼われていたため)

  • 小田原城(復元なくせに小さく、鉄筋コンクリート製なのにその辺のラブホテルよりしょぼい子供だましの城)- 小田原に関する古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料の展示室となっている。城址公園内では他にも博物館や小さい動物園などがあり、4月には桜まつりを開いたりしている。

最近まで併設していた動物園は日本一劣悪な環境と格付けされたため、動物たちは「わんぱくランド」に移転された。(気の広い小田原人は全国最下位を気にするほどヤワではない。) ある調査では小田原城が日本三位になったこともあるある。 城の周りが動物のうんこでくさいというものもいるいたが、それは都会人づらした横浜人がすかしていうことであって、剛健な小田原人はそんなことは気にしない。

  • 小田原さかなセンター
  • 小田原競輪場
  • 梅丸遺跡群 ‐ 市役所の壁やマンホールの蓋等市内に点在
  • パチンコ屋の灯台兼航空信号所 - 上の小田原城なんか目じゃないほどよく目立つ。箱根の山からもバッチリ見えるぞ!自衛隊のヘリや航空機はここを目安に飛行し、富士や武山、厚木基地などのパイロットからは好評である。

エロ本回収ポスト[編集]

白ポスト。

このように、小田原市内の各駅前にはこどもによくない本を入れるポストが置いてある。また、そのキャンペーンガールには、地元出身のグラビアアイドルの深澤ゆうき週刊少年チャンピオン専属)が起用されており、彼女が水着姿でポストを抱えるポスターも作られ、それを持って彼女本人が各学校をまわり、「男の子のみんな、このお姉さんの言うことを聞いて、健全な性生活を送ろうね!」と呼びかけた。・・・・・お前が言うな

小田原外し[編集]

小田原外し(おだわらはずし)とは、鎌倉市茅ヶ崎市平塚市大和市厚木市沼津市などの神奈川県およびその近県の小田原市と規模の近い都市で行われている金融機関や有名チェーン店の支店、外国語スクールの教室、サービスなどの進出が小田原市(または神奈川県西エリア)で行われないことを示す俗語を指す。この「小田原外し」を行っている企業には三菱東京UFJ銀行、NOVA、東横インなどが該当する。かつてはJR東日本の東京近郊区間やホリデーパス(現・休日おでかけパス)も小田原外しを行っていたが、小田原市民の長年にわたる要請により前者は1999年6月、後者は2012年3月に解消した。しかし、一方で新たに小田原外しを開始した企業も存在する。NOVAはかつては小田原駅前に教室があったが2007年の経営破綻に伴う大量閉校により閉校、その後伊勢原市内、秦野市内には開校するも小田原市内には復活していない。また、マクドナルドの店舗は1974~2010年に小田原駅周辺部に存在したが、日本マクドナルドが2010年度に行った大量閉店に伴い閉店、現在小田原駅周辺部にマクドナルドの店舗は存在せず、「駅前マック」としては小田原外しと言える。(2016年4月記)

小田原駅は神奈川県内の1日当たりの乗降客数が5万人以上の駅の中で唯一、東京駅または新宿駅から普通乗車券のみで乗車できる最速列車で60分以内に到達できない駅であり、これも小田原外しとされている。JR西日本の新快速が東海道線東京~小田原間83.9kmより長い大阪~姫路間87.9kmを最短61分で結んでいること、小田急が戦後間もない1948年に「新宿~小田原間(82.5km)60分運転」という目標を掲げながらそれから70年近く経った2016年現在でも未達成であること、小田原市で首都圏大都市部への通勤通学時間が長い故に人口減少や街の衰退が起こっていること等から、小田原市民のJR東日本や小田急に対する「普通乗車券のみで乗れる電車で東京・新宿~小田原間を60分以内に」という懇願は日に日に激しさを増している。

小田原評定 [編集]

小田原評定(おだわらひょうじょう)とは、豊臣秀吉の小田原征伐のときに北条方の和戦の評定が容易に決定しなかったところから、「長引いて容易に結論の出ない会議・相談」を意味する、小田原が生んだ故事成語である。小田原の物事がなかなか決まらない、進まない、という気質・風土は21世紀に入っても保たれており、小田原駅の自由通路建設も乗り入れている5鉄道会社の折り合いがなかなかつかず、全国の主要駅では昭和の頃から自由通路化が進んでいたにもかかわらず、完成は2003年3月と他の多くの主要駅に比べて大幅に遅れてしまった。また、小田原市民会館の建て替えの話は約30年前の昭和61年から出ていたにもかかわらず今まで何度も頓挫し、現在計画されている新市民会館「芸術文化創造センター(市民ホール)」も「2020年東京五輪までは材料費が高騰するからやめておけ」という意見と「2019年までに完成させる」という意見がぶつかり合っている。


関連項目[編集]


この項目「小田原市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)