小数

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

小数(しょうすう)とは、小さい数のことである。 しかし、「大きさが小さい数」のことではない。

たとえば、1 は小数ではないが
999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999.9 は小数である。

同様に、-99999999999999999999999999999999999999999999999999999999 は小数ではないが、-0.1 は小数である。

真実[編集]

1000000人に1人くらいの人間しか知らないことだが、小数とは正しくは物理的に小さい数をさしている。 世界には190ほどの国が存在するが、それを知っている者がいるのは2国ほどだ。 小さい数字は紙等のスペースの節約、メガネっ娘の増加、などなど約100の利点がある。 若干読みにくいこともある(読みにくい文章を参照)が、そんなものは利点の10分の1ほどに過ぎない。 故に数字は小さめに書くべきであるし、人々はそれを読めるよう視力をせめて1.0以上(裸眼でなくても可)に しておくべきでもある。 唯欠点をあげるとすれば、<small></small>と打つのが面倒臭いということだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小数」の項目を執筆しています。


身長 この項目「小数」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)