宝くじ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宝くじ」の項目を執筆しています。

宝くじ(たから - )とは、金銭欲にまみれた国民を利用し、多額の金銭をむしり取る国家事業。

概要[編集]

古くは江戸時代に市民が資金を出し合い、神社や寺の修繕にあてた富くじに起因する。その後日本政府が、効率よく国民から搾取するのに丁度良いと目を付け現在に至る。

現在販売されている宝くじの種類は、ジャンボ宝くじなどの開封くじ。ロト6などの数字選択式宝くじ。スクラッチ式の3種類があり、そのどれもが国家にとって一等の当選額をはるかに超える多額の収入になる。

少額の当たりくじを多数混入することにより、「めんどくせーから換金しないわ」という効果により効果的に金銭を回収する小技を駆使している。汚い流石汚い。

払い戻し[編集]

他の公営ギャンブルに比較すると極端に払戻金が少ないのが特徴であり、最大の収入をもたらす秘訣である。
競馬であれば約75%が払い戻しになるが、宝くじの場合は50%以下が相場である。ちなみに山口くみなどのヤクザが運営する野球賭博では約90%が払い戻されるので、国家の搾取率はヤクザを遙かに超える事が窺える。

収益金の使い道[編集]

国家ぐるみで行っている事業なので、当然国民のために使われる。
具体的には、国民の代表である国会議員がその使い道を決める。そうなると自分自身のために使う政治家が多くなるが、彼らを選んだのは国民なので、結局国民のために使っているのである。 ウンチを自宅の床や壁にコーティングしてくれる気の利いた障害者児童の送迎バスにも利用されている。

種類[編集]

キャッチフレーズ。

開封くじ[編集]

ジャンボ宝くじや自治宝くじなどに代表される開封くじは、いかにも当たりそうなCMに踊らされた国民がこぞって購入する。過去の当選本数の多い売り場に長蛇の列が出来ることも珍しくないが、売ったくじが多くなるほど当選するくじの本数も多くなるので注意が必要である。

数字選択式宝くじ[編集]

ナンバーズ4やロト6に代表される数字選択式宝くじは大変人気が高い。たった4桁の数字を当てるだけなので「誰でも簡単に当てられる」との売りだが、ナンバーズ4の当選確率は1万分の1、ロト6で609万分の1。万が一当たっても払い戻しは45%程度。とんでもない詐欺行為である。このようなことが国家ぐるみで行われているのでより一層の注意が必要である。

スクラッチくじ[編集]

タテ・ヨコ・ナナメに数字が並んだり、特定の絵柄が揃うと当たりとなるスクラッチくじだが、宝くじ売場のカウンターで一円玉を握りしめ、背中を丸めてせこせこ削り、出てきた数字に一喜一憂している姿は、とても先進国の国民とは思えない。しかも金に目がくらんだ庶民は、せっかく当たっても飲みに行ったり風俗に行って浪費してしまうことが多く、結局何のプラスにもならない。尚、風俗に行く場合は性病にかからぬよう注意が必要である。 まれに1000円買って10万円当たる人もいるが、オスの三毛猫を発見するほど困難である。

保険[編集]

社会通念では宝くじに定義されていないが立派な宝くじの一種である。しかも当たる確率は普通の宝くじに当たる確率よりも遥かに高い。

ロト6で3億2千万円当てた男[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」の項目を執筆しています。

アナウンサーによる盗撮痴漢、新幹線のぞみ車内での露出事件で有名な、ABC朝日放送が製作したドラマ
松嶋菜々子の旦那が出ている事で有名である。内容は実体験を基にした小説を劣化コピーして放送しているのみ。全く工夫が見られず、いわばどうしようもない状態なため視聴率が上がらない。視聴率を上げるのは宝くじを当てるよりも難しいのである。実際のロト6で3億2千万円当てた男は、株で失敗し、9000万ほどしか残ってない。ロト6で3億2千万円当てた時点が彼の人生のピークである。

Q&A[編集]

  • Q. 宝くじの購入は納税にカウントされますか?
  • A. されません。ご注意ください。

関連事項[編集]