子 (漢字)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(ね、し、こ)とは、ありとあらゆる文字の中で最も厳かで神秘性を帯びた漢字。その圧倒的な性能の前には、かの有名なルーン文字でさえ霞んでしまう。

人間のについてはこどもなどを参照。

概要[編集]

「終わりと始まりは同じところにある」などというのは近年のフィクション作品では高確率で頻出するセリフであるが、改めて言ってくれなくともそのようなことはわかりきったことであった。なぜなら、何千年も前から子という漢字はその真理を体現し、なおかつ我々の目の前に厳として存在していたからである。例によって「子」の漢字を分解してみると、「一」(はじめ)と「了」(おわり)の二つの要素から成り立っていることが見て取れる。つまり、子の一字だけで始まりと終わりを意味しているのである。アルファでありオメガであり阿吽である。

また、子の方とはの方角を意味する。この北とは言うまでもなく北極星のことであり、宇宙の中心である。北斗七星を従えたこの星は、古代中国では神霊化され太極(太一とも)と呼ばれ、皇帝の星となった。また陰陽道では、陽と陰はこの太極から生じたと説かれる。太極から生じた陰と陽が、お互いに作用し交感しているうちに木火土金水が生まれ、さらにそれらが相生や相克(中略)こうして再び太極へと還る。

つまり、子とは宇宙の中心にいる最高ので、万物を創生し、始まりと終わりを統べる皇帝を意味する漢字、ということになる。末期の中二病患者でもさすがにここまでは思いつくまいと思われるほどの無敵設定である。

しかも子は干支の第一番目、ネズミでもある。ネズミは、小さくてこれといった武器も持たないひ弱な動物であるが、子の漢字を与えられているだけあって、とてもすばらしい動物であると言える。地球の歴史上、最初に誕生した哺乳類こそネズミであり、仮に人類が絶滅するような環境の激変などが到来したとしても、雑食性で体が小さく繁殖力にも優れているので絶対に最後まで生き残る。

この点だけを見ても、始まりと終わりである子を名乗るのに十分な資格を持っていることがわかる。また、現在地球を支配しているのは人間であると豪語する傲慢な者もいるが、これは誤りである。地球を掌握しているのは、世界で最も愛されるキャラクター・ミッキーマウスであることは紛れもない事実で、ミッキーマウスの一挙手一投足次第で世界は如何様にも動く。つまるところ、我々はウォルト・ディズニー・カンパニーの手の上で踊らされているに過ぎないのだ。

ついでにこの字はもあらわしており(男子女子など)このことも人がネズミと似た部分があることを意味している。(沢山いる、正にプラスでマイナス、雑食性、世界を支配してるなど)

「し」をなかったことにして子の読みを(ね、こ)などと書けば、たちまちそこにが現れ、子のたった一字だけでネズミと猫をも網羅する。要するにトムとジェリーである。ウォルト・ディズニー・カンパニーだけでなくワーナー・ブラザースでもあるのだから、この漢字が保有する影響力、経済力がいかに絶大であるかがわかるだろう。

関連項目[編集]

この項目「子 (漢字)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)