大和市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大和市」の項目を執筆しています。

大和市(やまとし)とは、神奈川県の県央部、横浜市の西隣に位置する本格的なDQNが闊歩する紛争地帯の事である。外務省はこの地域に対し、日本国内では初めて渡航注意勧告を出し注意を呼び掛けているが誰も気にしない

概要[編集]

大和市は東京都心部から40km圏内で、小田急線で新宿まで1時間以内・相鉄線で横浜まで20分ちょっと。北部には東急田園都市線も乗り入れ渋谷へも直行できる利便性の高い都市であるがゆえに、古くから東京や横浜に通勤する人たちのベッドタウンとして栄えてきた。 人口は2010年時点で228,180人、人口密度は8,447人/㎢と神奈川県の市町村中第2位を誇る過密地帯で、この値は横浜市をも上回る。

市内は泉の森など自然豊かな地もあり、オークシティなど商業施設も充実しているため暮らしやすく、閑静な住宅街には「横浜に住みたい…でも地価(家賃)高いなぁ…」と横浜暮らしを諦め妥協した層が多く暮らしている。

一方で、治安は神奈川県内でも3本の指に入る悪さである。大和駅前から一本路地を入ればアーン♥♥チョメチョメが出来るうふふなお店があるのは当たり前、大通りをいかにもな格好をしたヤンキー893が歩いているのを始め、道端で突然喧嘩を始めたり、果ては銃撃事件や殺人事件まで起こるため、無防備に道を歩くのは大変危険である。 そのため、もし大和市に行く場合は防弾チョッキを着ていくことをお勧めする。

また、大和市内に厚木基地があるのをいいことに、わざわざ基地の近くに引っ越してきて、騒音による補償金を要求するプロ市民による活動も盛んに行われている。近年はオスプレイの飛行に関して騒動を起こすことが多くなっている。内容にかかわらずこうした活動が行われている現場に近づくことは、プロ市民によって罵倒や暴行を受ける原因となるため、逆に裁判を起こして慰謝料を請求してやろうという気概がある者以外はお勧めしない。

ヤマトという名前の町に米軍基地があるというところに、現代日本の置かれた地位が象徴されている。プロ市民を罵倒する者は、なぜか米軍が「ヤマト」の地にいることに決して抗議しない民である。

地域[編集]

中央林間[編集]

中央林間を始め、○林間と名の付いた地域は、かつて小田急が夢見た壮大な住宅地開発計画の跡地である。

南林間駅を中心に放射状に道路を張り巡らせ、その中に高級住宅地を造成するもので、東急が計画していた田園都市計画をパクった参考にした計画であった。田園都市計画は成功を収めたが、この林間都市計画は戦争や、その後厚木基地が出来て騒音問題が発生したこと、松の木の伐採で「林間都市というイメージが消滅してしまった」ことなど様々な理由からとん挫してしまった。

高度経済成長によって宅地需要が増えたことで、図らずも旧林間都市地域一帯は急速に宅地化が進み、また東急田園都市線が中央林間まで延伸したことで利便性も向上。現在では都心へ通勤する人々のためのベッドタウンとなっている。

鶴間[編集]

どちらかと言えば下町的な趣が強い地域である。

と言いながらも、市役所があったり、イオンイトーヨーカドーが併設された謎の商業施設「オークシティ」があったりして、さりげない存在感を放っている。このオークシティを目当てに、休日には市内のみならず市外からも客が押し寄せ、渋滞を形成するのである。

相模原市の「鶴間」とは、生き別れの兄弟のような関係である。

相模大塚[編集]

厚木基地の門前町である。基地周辺の建物規制から高い建物はほとんどなく、自然豊かな地域である。泉の森があるのもここ。

特に何もない粛清されました

大和[編集]

大和市の中心にして最も栄えている地域。と言っても2割ぐらいはアーン♥♥なお店だけれども。あと2割が居酒屋という何ともアレな地域。ただ、後述するように交通の便が車・電車共に良いため地価は高い。

駅ビル「PROSS」や、ユザワヤなどが入る駅前ビルを完備。駅前だけはちゃんとしたお店が並んでいるが、一歩脇に逸れるとアングラなお店が軒を連ねる表裏一体的な地域である。

南にある引地台公園は屋内プールを完備。高校野球の県予選大会が行われる球場もあり、なかなかの広さである。

2016秋シリウスだかシリアスだか図書館の中にスタバがある豪華きらびやかな建物が天満宮跡地にできた。道路を塞ぐという行政の力の行使が顕在化されたものである。謎に大きい。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

交通[編集]

鉄道路線[編集]

中央林間駅 - つきみ野駅 -
何 故 中 央 林 間 に 繋 げ た し
- 中央林間駅 - 南林間駅 - 鶴間駅 - 大和駅 - 桜ヶ丘駅 - 高座渋谷駅 -
古くから大和市内を南北に縦断する鉄道路線として親しまれている。北に行けば新宿へ、南に行けば江ノ島へ向かうことが出来るため、通勤だけでなく観光用としても利便性が高く、大和市民ご用達の路線である。
- 相模大塚駅 - 大和駅 -
こちらも古くから大和市内を東西に貫く路線として親しまれている。特急も止まり、横浜に向かう際は非常に便利。
高座渋谷駅直下を通過するが、止まらない。

バス[編集]

県央部では知らない人はいないバス会社である。大和市内には営業所もある。
非常に地味ながら運行を行っている。ニュータウン南瀬谷ってどこ?
  • 大和市コミュニティバス「のろっと」

道路[編集]

渋滞の名所「大和トンネル」と、大和バス停がある。大和トンネルでの渋滞の状況をテレビで伝えるため、相模大塚駅の近くにはNHKの情報カメラが設置されていたりする。
混雑がひどい。
混雑が(ry。

厚木基地[編集]

厚木基地は旧日本軍の厚木飛行場時代から大和市(と隣の綾瀬市)に存在する基地である。

表向きは海上自衛隊及び在日米海軍が共同で使用している飛行場とされているが、実際は戦艦大和を宇宙戦艦に改造するためのドックを、「滑走路」という名の蓋で隠したものであると言われている。

秘密裏に行われているこの計画は、将来のガミぴーとの宇宙戦争に備えたもので、戦中に沈没した戦艦大和を引き上げた後、境川を遡上させ大和市へ運び入れ、入渠させ改造するもので、完成は2199年を予定しているらしい。出航の暁には、アスファルトの滑走路をぶち破りながら空中に浮上し、宇宙へと向k・・・おいちょっとなにをするやm粛清されました

「秘密裏」という割には、輸送途上でバレバレのような気もするが誰も気にしない。

昨今は飛行機が離着陸する際の騒音問題などで物議を醸している。名前に冠されている「厚木市」にとっては風評被害甚だしいところである。何故大和にあるのに厚木と名付けられたのかについては、「天皇陛下に名づけていただいた戦艦大和と同じ名前を基地名に使うのはあまりにも畏れ多い」という説が有力であるが、近年になって「戦艦大和がここで改造されていることを隠す目的があるのではないか」という説も浮上してきており、政府はプロ市民のみならず陰謀論者への対応をも余儀なくされている。

関連項目[編集]

この項目「大和市」は、まだまだ神奈川県央らしい地味な記事です。本当にありがとうございました。神奈川県に訴えられないうちにさっさと魅力的にすることをお勧めします。 (Portal:スタブ)