夏色

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「ブレーキいっぱい握りしめて~ゆっくり~ゆっくり~下ってく~って、自転車の故障じゃないか!」
夏色 について、ブラックマヨネーズ吉田敬
「お前の唄は俺の歌 俺の歌は俺の歌 ごのながいながいぐだり~ざがお~」
夏色 について、ジャイアン
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夏色」の項目を執筆しています。

夏色(なついろ)とは、夏の色である。しっかりとした色は神のみぞ知る

起源[編集]

この色が出来たのは、1984年4月1日早見優が出した夏色のナンシーという曲である。ただし、発売日がエイプリルフールであることから、この夏色はうそであることがわかる。

そして本当の由来は、自称さわやかフォークデュオの曲である。曲名はそのまま夏色である。そして発売日が6月3日なので本当の起源である。

自転車[編集]

この色には自転車が関係する。なぜなら、長い長い下り坂をゆっくりゆっくり下るために、自転車でブレーキいっぱい握り締めなければならないからである。そして次になぜゆっくりゆっくりくだらなきゃならないのかがナゾになってくるが、そりゃスピード付けすぎて、ガードレールで転んで、死ぬからに決まってるでしょ。

作り方[編集]

まず、今がであることと、ゆずの絞り汁と自転車と長い長い下り坂が必要となる。そしてカギとなってくるのが、女の子である。なぜなら、自転車の後ろに女の子を乗せなければ無理心中意味が無いからだ。

1番[編集]

まずA色その一が必要になります。駐車場ぬこと穏やかな街並みと浮かれ気分の人たちが必要になります。でなければA色その1が出来ないからである。

次にB色その一を作るために、大きな5時半の夕焼けだけが必要である。ただしただの大きな五時半の夕焼けじゃいけません。 海も空も雲も僕らも大きな5時半の夕焼けに染まるくらい強い大きな五時半の夕焼けじゃないとだめなのです。

そしてサビ色はさっきの自転車など。

2番[編集]

A色その2は、風鈴と網戸とゴロゴロしている人が必要になります。なぜなら、風鈴の音でウトウトしながら、網戸越しの風のにおいでヨダレをたらすために、ごろごろしてる人じゃなきゃその味みたいなのが出ないからである。

B色その2は、真夏の夜の波の音だけが必要になります。これもただの真夏の夜の波の音じゃ駄目なんです。少しだけ忘却時間が必要とできる真夏の夜の波の音じゃなきゃだめなんです。

そしてサビ色その2では、細い細い裏道と、誰もいない田舎の大きな海と、線香花火(2つ)と火をつける用のろうそくが必要となります。このときに注意することは、大きな海といってもの部分しか混ぜてはいけない。なぜなら海とまぜると消えるからだ。

C色は、女の子の泪(涙ではない)だけである。今回は本当にそれだけでいい。

あと、サビ色で完成だ。

最後に[編集]

これにはセットで大バカ者贈る唄が付いてくることがある。

あと、自転車の二人乗りは犯罪ですのでやらないでください。

関連項目[編集]


この項目「夏色」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)