城代とクシュカナ使い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

『城代とクシュカナ使い』(じょうだいとくしゅかなづかい)はイシヅカタツマロライトノベル、もしくはそれを原作とした一連のメディアミックス作品群である。略称はじょうクシュ、もしくはクシュ使(つか)。

ストーリー[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、モンテ・クリスト伯爵は最期にエドモン・ダンテスに戻って死ぬことや、エンタープライズDがクリンゴンの攻撃によって撃ち落とされることや、綾波レイは何人もいることや、鴇羽舞衣は全ての人々の記憶から失われることや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、マーティン・ジグマールは自分のアルターに殺されることや、レザード・ヴァレスがオーディンと融合して神となることや、うたわれるものの舞台は人類が滅びた後の遠い未来の地球であることや、ガタノゾーアに石にされたティガは、世界中の子供達から贈られた「光」によって復活することや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

城代は同級生の裕乃に密かに恋心を抱く極普通の高校生だった。ある日、裕乃の怪しい動きを目撃した城代は彼女の後をつけて行く。そこで城代は裕乃がクシュカナ(使い魔)を召喚するところを目撃してしまう。クシュカナは通常の人間には見えないはずなのだが、城代は裕乃のクシュカナであるメケが見えてしまったことから、メケに「能力」を見出され、クシュカナ使いたちの「陰の世界」との争いに巻き込まれてゆくのだった。

登場人物[編集]

城代(じょうだい)
本作の主人公。極普通の高校生。成績は中の下。得意科目は古典。ひょんなことからクシュカナ使いたちの争いに巻き込まれることになる。メケ曰く「特殊な能力を持つただの人間」。逸見からは「城代くん」、メケからは「人間」と呼ばれており、下の名前は作中結局明かされない。
逸見裕乃(へみ・ひろの)
ヒロイン。成績は全科目いつも学年トップクラスの才色兼備。城代の同級生であり、クラスのアイドル的存在。クシュカナ使い。
メケ
裕乃のクシュカナ。特に城代に対してはいたずら好きで、毒舌なところがある。
木曽登代子(きそ・とよこ)
転校生の少女。クシュカナ使い。ミステリアスな雰囲気で、陰がある。
モエ
登代子のクシュカナ。メケとは対照的に大人しい性格。
ゴビド
陰の世界(キキマニヨー)の現実世界への侵蝕を目論む、キキマニヨーの精霊
ギゾ
ゴビドが使役する
ベゲ
ゴビドが使役する鬼。

用語[編集]

クシュカナ
使い魔。陰の世界(キキマニヨー)の住人の中で、基本的には現実世界との均衡を保とうとする者たち。クシュカナ使いと契約を交わし、契約を交わしたクシュカナ使いには服従する。
クシュカナ使い
クシュカナを使役し、現実世界とキキマニヨーの均衡を保つ役割を持つ人間。
キキマニヨー
現実世界と表裏一体をなす陰の世界。クシュカナ(使い魔)や精霊、鬼などが棲む。
精霊
キキマニヨーの支配的な存在。現実世界への影響力は低い。しかし、常にキキマニヨーの現実世界に対しての侵蝕を企てている。
キキマニヨーの被支配的な存在。精霊に使役される存在。

コミック化[編集]

橋本シンキチ画。コミック誌『コック・ゴー・オン・イン』連載。

本作のブームの火付け役となった存在であり、近年のラノベを原作とした漫画の中では特に評価の高いものである。石塚の原作を大規模に改め、非常に完成度の高いものへと発展させた。

テレビアニメ化[編集]

注意
この項目は最新かつ正確な番組情報を提供するものではありません。録画・録音などの際には放送局の公式Webサイト・テレビガイド・EPGなどで最新の情報を確認してください。つまり野球・その他が延長されたり、放送時間が変わっていてもここに書かれている内容は元のままだったりします。
ここの情報を信じた結果、録画に失敗してのたうち回っても決してアンサイクロペディアやテレビ局に人骨などを送りつけないでください。約束だよ?

アニメーション制作会社制作。全19話(予定)。毎週深夜全国の某UHF局で放送中。

余談[編集]

本作は当初、数あるラノベの中の一つと捉えられていたが、橋本シンキチによる漫画化以降、クシュカナやキキマニヨーについてのきめ細かな設定登場人物心情描写の巧みさが話題になり、中高生や大きなお友達を中心に爆発的な人気を博した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ひ・ふ・み☆」の項目を執筆しています。

しかし、世界観が大きく異なるひらたあつたねの『ひ・ふ・み☆』シリーズなどのコアなファンには不評であった。『ひ・ふ・み☆』のファンが2ちゃんねるのじょうクシュスレで「じょうクシュまじウゼーw」などと書込み、かえってひふみの程度の低さを晒すこともしばしばだった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「城代とクシュカナ使い」の項目を執筆しています。