坂本真綾

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「粉まぶしたくなる。いやエッチな意味ではなく」
坂本真綾 について、菅野よう子

坂本 真綾(さかもと まーや、1980年3月31日 - )は、エッセイスト・歌手・コラムニスト・作詞家・声優・ナレーター・俳優・ラジオパーソナリティ(以上五十音順)など多くの肩書きを持つ日本人女性。夫は鈴村健一


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「坂本真綾」の項目を執筆しています。

人物について[編集]

愛称は「真綾」「まーや」。ただし親友とファンに限る。ファンだって遠くから叫ぶ場合にしか許されない。あの菅野よう子でさえ「坂本さん」なのである。鈴木祥子だって「真綾さん」なのである。'ちなみに浪川大輔は「おい」である。'「呼び捨てはちょっと」って言われちゃうから、面と向かってはとりあえず「さん」ないし「ちゃん」を付けておいた方が良い。「まやや」なんて呼び方、聞いたことねーや。

実姉は女優の深津絵里。テレビドラマで一度だけ共演したことがあるが、平手打ち・「泥棒猫」呼ばわり・即退場という衝撃的な三段オチで視聴者の話題を攫った。

数年前までは神秘的な雰囲気の女性を担当する機会が多く、そのため「彼女の前世はきっと天使に違いない」「いや某国の姫君かもしれない」と夢を見る輩が後を絶たなかった(本人もラジオで「私には姫が似合う」とコメントしている)。

しかし近年、戦闘的・男言葉・無気力の三点がセットになった役柄が急増し、それらを見事に演じ切っているため、「彼女は男だ」「いや漢だ」「オヤジだ」と評価を転じる声が相次いでいる。薄幸キャラを演じさせたら天下一品なのは相変わらずである。棒読み口調も相変わらずである。

イケメン好きを公言している。RPGゲームでパーティを組ませてみたら逆ハーレム状態を作り上げた。

BLの概念を全く理解できないと雑誌の取材で回答している。


作曲家の菅野よう子と遠距離恋愛中。一年に一度、七夕の夜にしか逢えない。その熱愛ぶりは歌とピアノだけで互いの全てが通じ合う程である。

主な出演作品[編集]

以下太字は鈴村との関わりがあるキャラ

(以上五十音順)


Yuichi Nakamura.jpg この項目「坂本真綾」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)