地獄巡り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

地獄巡り(じごくめぐり)とは、エクストリームスポーツのひとつ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「別府地獄めぐり」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この競技には通常とエクストリームの二種類の種目があり、それぞれで様相は大きく異なる。

通常種目のほうは、地獄めぐりという仰々しい名称であるものの、普通に参加する分には安全性が確保されており、むしろ温泉により心も体も癒される、エクストリームスポーツとしては珍しい部類に入る。プロ選手ではなくても気軽に始められるため、参加者も多く、この競技がさかんな大分県別府市では参加証の販売を行っており、ひとつの名物となっている。九州旅客鉄道では、この競技が盛んに行われる時期に一部の特急列車を増発している。

一方、エクストリーム種目は命を賭けた文字通り本物の地獄である。基本的には参加自体に命を失うことを必要とし、しかも特別な条件を満たさなければならない。競技内容は凄惨を極める。そのため参加する選手はほとんどの場合閻魔の裁判によって有罪(いわゆる地獄行き)を言い渡された元一般人である。なお、例外的に地上でこの競技が行われる場合もあり[1]、この場合の参加者も希望者は少なく、多くがなんらかの事情で参加を余儀なくされた人々である。

なお、通常種目で行われる地獄に入ることもエクストリームスポーツであるが、実際に行うと確実に命を失うので、プレイヤーはほとんどいない。

通常種目[編集]

概要[編集]

別府市で開催される公式の地獄巡りの会場は別府地獄組合(外部リンク参照)に加盟しており、公式大会ではこちらの地獄が使用される。この組合に加盟していない非公式の会場もあり、その他の大会や個人の練習で使用される。別府地獄協会公認の公式大会の参加費用は大人2,000円と安価になっており、団体競技の場合はさらに30~40%の割引となる。参加記念品も準備されており、九州旅行の際にはおみやげとして重宝する。

地獄、坊主地獄、地獄、かまど地獄、地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄の8つが別府地獄組合公認の地獄である。これらの地獄は大会専用バスでめぐることができ、気軽に大会に参加できるため、初心者にオススメである。

坊主地獄、地獄、鶴見地獄、明礬地獄など、その他の地獄は協会非加盟となっているが、評価の高い地獄も多い。

エクストリーム種目[編集]

エクストリーム種目のコースはあまりにも複雑でかつ難解であるため、ここでは概略のみ説明し、詳しいことは頭の固い百科事典にゆずる。こちらを参照のこと。

大まかには、難易度毎に8つのコースがあり、閻魔の裁判によって有罪になり、選手になることを命じられたものはそれぞれに振り分けられる。内容、期間ともに一番楽なものでも普通の人間に耐えられるものではなさそうだが、死後の世界であるため、こちらで競技風景を見ることは現在のところ不可能である。

脚注[編集]

  1. ^ 驚くべきことに、地上の楽園で行われた記録もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]