国鉄50系客車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

国鉄50系客車(こくてつ - けいきゃくしゃ)は、国鉄末期につくられた赤い客車である。この客車には一般車と荷物車が存在したが、ここでは一般車について記述する。すべて知りたい方はWikipediaを見て。

概要[編集]

国鉄の方針により出番が少なかった国鉄時代[編集]

とにかく赤い。その上、見た目もプレハブ小屋みたいな感じであったため、これまでの客車の中でとりわけ存在感を醸し出していた。国鉄末期、地方都市やど田舎にうじゃうじゃと残っていた旧型客車を一掃させるためだけに作られたと言われており、将来的なことは何も考慮されなかった。そのせいか、国鉄では地方の普通列車を機関車を必要としない電車や気動車にしようとしたため、JR発足1年前には早くも余剰車が現れた。JR化後もものすごいスピードで余剰車が増加していった。50系は赤い電気機関車と連結されているのをよく見かけたので、乗客の中には誤って電気機関車に乗車する人がいたような、いなかったような。

とにかく赤いため、国鉄が赤字体質を象徴しているのを表した車両と言われている

JR発足後~各社の方針により廃車・魔改造された車両が続出・・・[編集]

JR発足後、JR東海を除く各社が50系を継承したが、その後の扱いについてはお察し下さい

JR北海道
主に札幌近郊で使われたが、誤って電気機関車に乗車する人がいたようないなかったような。721系の投入により定期運用が消滅。一両だけ3ドア化された車両もあったようだが、あっという間に廃車となった。JR発足前に津軽海峡線用に改造された5000番台は、なんとか長く定期運用に就いたが、それも2005年あたりに戦力外通告を受けた[1]
大量に余ったJR北の50系はノロッコ号用に改造された車両もあったようだが、特筆すべきはキハ141系に改造された車両が登場したこと。この気動車は客車からの気動車改造を成功させた唯一の車両であり、客車からの気動車改造は難しいとさてれいた常識を覆した車両と言われているのかどうかはわかりません。この車両は札沼線でよく見かけることができたが、札沼線の一部が電化されたため、同路線では見ることが出来なくなった。一部の車両は室蘭本線やミャンマーで第二の人生を送っている。
JR東日本
主に東北地方で使われていたが、ここでも誤って電気機関車に乗車する人がいたようないなかったような。しかし、701系の登場によりわずか数年でお役御免に。ただ、どうも701系の評判がひどく50系のほうがよかったという声も多かったらしい。
2014年4月ごろにSL銀河鉄道を運行開始したが、それに使われる客車がなんと前述のキハ141系。前述のとおりキハ141系はもともとこの客車を改造した気動車なので再び客車として使用され始め、東北地方に元50系客車が走ることになった。ただ、顔が701系に似ているため701系の派生車両かと誤解する人もいたとか。
JR西日本
ここは赤い電気機関車を所有していなかったようなので、誤って電気機関車に乗車する人はいなかった。
意外なことにJR北のキハ141系同様、50系客車を気動車に改造した車両を所有していた。しかし、キハ141とは対照に改造費がかなりかかってしまい、わずか2両の改造に留まった。顔もキハ141にそっくり。
JR四国
ここもJR西同様、赤い電気機関車を所有していなかったようなので、誤って電気機関車に乗車する人はいなかった。
しかし、普通列車の気動車化によりわずか数年で引退。余った50系は「アイランドエクスプレス四国」用に改造された。
JR九州
北や東同様、誤って電気機関車に乗車する人がいたようないなかったような。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

現在[編集]

現在は観光列車用に改造された車両が臨時列車で使われたり、気動車として運用されたりと存在感はあったりする。

例は少ないが救援車と言う名で機関車の接続器が合わない時のアダプターとして使われた事もあったが電車・気動車のジョイフルトレイン改造が増えてSL(またはSL不調のピンチヒッターなディーゼル機関車(DL))以外で機関車に頼るのをやめたために粛清されました方針である。

脚注[編集]

  1. ^ 。ただし、5000番台は車体が青く塗られたため、誤って電気機関車に乗車する人はいなかった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国鉄50系客車」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「国鉄50系客車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)