囲碁界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

囲碁界(いごかい)とは、遊戯である囲碁をめぐって、プロの棋士やアマチュア、業界関係者などで構成される社会領域である。強力な結界が張られており、基本的におじいちゃんか眼鏡をかけた根暗な若者しか入ることができない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「囲碁界」の項目を執筆しています。

世界の囲碁界[編集]

囲碁は中国春秋時代以前に発明され、その後、朝鮮半島と日本に伝わった。このため、世界で囲碁が盛んなのは中国韓国日本で、台湾でもそこそこ盛況である。

韓国の囲碁界[編集]

韓国では街に囲碁道場が溢れ、洗練された教育システムにより、毎年のように多数の有能な少年棋士が誕生している。囲碁は頭脳ゲームと割り切られており、韓国棋士達は純粋に勝敗を競う。指定された世界棋戦に優勝すれば兵役が免除される制度もあるため、トップクラスの若手達は死に物狂いで盤上に向かっている。

中国の囲碁界[編集]

中国は国家体制で囲碁棋士を養成しており、中国全土から天才少年を北京などの拠点に集めて、英才教育を施している。囲碁を頭脳ゲームと割り切っている点は韓国と同様である。

日本の囲碁界[編集]

碁は芸道なり

日本では囲碁は「芸道」として重んじられ、盤上の勝敗はどうでもいいとされる。むしろ、対局開始時と終局時の作法、碁石を打つ手の優雅さなどを競う。盤上で打たれる手も、「読みの入った力強い手」よりも「形の美しい手」にこだわる。これら美しさをもって、日本の囲碁界は中韓を圧倒しており、世界囲碁界の頂点に君臨している。日本国民にとっては大変誇らしいことである。

昨今では、「国際戦の一回戦で全棋士が華々しく散るのも、命の儚さともののあはれを表現して美しいのでは」と、日本棋院が主体となって「玉砕」の概念を囲碁の芸道に取り入れることを検討している。意欲的な日本棋士たちは盛んに玉砕して、美しさと「もののあはれ」を表現している。

関連項目[編集]