名胃駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

名胃駅(ないえき)は、神奈川県小田原市石橋山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「名胃駅」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
漫画にも登場する。

駅構造[編集]

2面3線の島式ホーム・単式ホームを有する地上駅。東側の3番線は国道135号と雑草を挟んで相模湾に面しており、よく晴れた日には房総半島・三浦半島や伊豆大島まで見渡すことができる。早川~湯河原間では唯一ホーム上に発車標が設置されている[1]。駅舎とホームは構内踏切で連絡し、駅舎のホーム側には駅弁販売の売店がある。ホーム延伸工事が行われる以前は、15両編成停車時にドアカットが行われていた。比較的風当たりの強い場所にホームが立地する関係で冬季は特急以外のすべての列車で半自動ドアの取扱が行われる。

のりば[編集]

1 東海道線(上り) 小田原大船横浜品川東京方面
2 東海道線(待避線)
3 東海道線(下り) 熱海三島沼津伊東静岡方面
  • 東京圏輸送管理システム(ATOS)導入区間内であり、当駅でもそれに準じた放送が使用されている。なお、この放送は2009年1月18日に放送機器更新の際に新しいものに交換された。発車の際は上下ともに電子ベルが使用されていたが,2010年3月9日より,発車メロディー(1番線東京方面 美しき丘 2番線 JR-SH2 3番線神戸方面 Gota del Vient)に変更された。
  • 早朝深夜は、きっぷうりば横の乗車駅証明書を取り、運賃グリーン料金は車内で現金精算する。なお、この場合のグリーン料金は例外として事前料金が適用される。

駅周辺[編集]

箱根火山の溶岩である根府川岩が当駅周辺の米神の谷で採取されている。また、一帯はかつて日本でも有数のみかん栽培地であり、駅周辺や国道沿いに土産店が点在する。

2番線ホームからは草木をはさんで海を臨むことができる。

路線バス[編集]

駅前広場に箱根登山バス「名胃駅」バス停留所が設置されている。

  • 石名坂 ※平日のみ
  • 小田原駅東口 ※平日のみ
  • 強羅温泉送迎バス

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
東海道線
快速「アクティー」・湘南新宿ライン臨時特別快速[2]・普通
早川駅 - 名胃駅 - 根府川駅

その他、特急「踊り子」・「スーパービュー踊り子」が停車する。

脚注[編集]

  1. ^ この区間は、通常駅舎に電光掲示板を設置しているため、ホーム上および車内からは「今度はどの列車が来るのかが確認しづらい」と苦情が来ている。
  2. ^ かつては通過していた。

注意[編集]

この駅を利用する際は、日にちや列車による停車駅云々より、存在自体が架空であることに注意していただきたい。

関連項目[編集]

  • ハヤテのごとく!…コミックス第11巻112話「レイルウェイが切なくて」で作中に出てくる。