名東区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。

名東区(めいとうく)は、中京都を構成する一般区である。皇紀2635年に千種区との独立戦争に勝利し、昭和区の一部ととも分離独立を果たした。

概要[編集]

中京都東部丘陵地帯に広がる閑静な新興住宅地。かつては、多くの灌漑ため池が点在し、畑、稲作の他、養蚕や葉煙草も栽培する田園地帯であり昭和20年代まで亜炭も産出していたが、昭和30年代後半から戦火で田畑が焼け、急速に宅地造成が進んだ。また、名古屋市中心部では色々な物がドーナツになる現象が起き、当区に移住する人が増えた。

名前については色々な説が存在する。後述するが"東名"をひっくり返したという説、名古屋の東だからという説(この説に似たものとして、本当は東名古屋区という後の南セントレア市と同レベルの区だったという説まで)ある。

地理[編集]

尾張丘陵の南西部に位置する。区の東南部にかけて大規模な里山も残っており、稀にイタチタヌキなどが出没する事もある。

一社地区
名東区の西の玄関口と言えるべき場所。この地区には、一社や高社など"社"と付く地名が多く存在し、住民は強制的に仏教徒にさせられる。
上社地区
東名高速道路の名古屋ICがある。東名高速道路は一応、名古屋を通る。区名はこの"東名"をひっくり返して"名東"になったのではないのかと噂されている。
本郷地区
区役所がある。
藤が丘地区
区内で一番発展している。リニモの駅がある。
高針地区
亜炭の産地だった。
梅森坂自治共和国
元々は昭和区で、本来なら天白区になる予定であったが名東区が独立する時に条約で併合されてしまった。それだけに、独立意識が高く、「梅森坂独立戦線」というテロ組織も活動しており、警察も手に負えない。ガラが悪いだけ
猪子石
この辺りには、イノシシが出るかも…
一応、"いのこし"という名前だが区民の中でも"いのこいし"と言う者がいることには誰も気にしない

歴史[編集]

猪高村の占領まで[編集]

1906年(明治39年)5月10日:猪子石村高社村が合併し猪高村となる。この数年後、猪高村は名古屋侵攻大同盟に加盟。この同盟は、名古屋市の周りの町や村などが名古屋に侵攻、占領してしまおうという同盟であり天白村などが加盟していた。

この同盟を潰すべく、1955年(昭和30年)名古屋市は千種区昭和区の陸軍に、猪高村と天白村に侵攻せよと命令。これにより、名古屋市対同盟側の戦争が始まった。同盟側はよく戦ったが敗北し両村は占領されてしまう。その他の町村がどうなったのかは、誰も気にしない

独立戦争[編集]

1975年(昭和50年)独立戦争が勃発。駐留部隊が少なかったためかあっさりと千種区猪高町のほとんどを解放した。昭和区の一部も占領することができた。しかし、宮根地域は千種軍の部隊が多く撤退を余儀なくされ、結果的に元々の猪高村の領土の独立は果たせなかった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名東区」の項目を執筆しています。