受胎告知

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
L cross.gif
本項の全文章はいずれ到来する、白人のみで構成されし美しき西洋新世界の価値観に基づいて執筆されました。
本項の内容を疑う者は汚らわしきイスラムに魂を売った多文化主義の先兵であり、
近く来る欧州大革命の後に聖地ウトヤ島で異端審問され、大量銃殺されることでしょう。

受胎告知(じゅたいこくち)とは、処女性行為もしていないマリアが何故か妊娠したという世界でも稀に見るおかしな出来事である。

概要[編集]

キリスト教新約聖書に書かれている話のうちの一つである。ある日、聖母マリア(以下、マリア)の家にいきなり現れた大天使ガブリエルがチョメチョメしていないマリアに妊娠したと告知してくるという内容である。しかし、マリアはの関わりを持っていないはずなので、混乱してしまう。しかし、その後ガブリエルが「それは聖霊のしわざだよ」と言ったことによりその事実を受け止める。

つまり、キリストはSEXなしでも生まれることができるということだ。それでこそ神の子にふさわしい。

この「受胎告知」が上のような内容になっているのはルカによる福音書のみである。それに近いマタイによる福音書では夫のヨセフの夢に天使が現れただけで、マリアのもとには何も訪れていない。

登場人物[編集]

おどろきすぎて、気を失いかけるマリア。(右)
マリア
  • 聖母マリア。不妊の女と呼ばれていた。なので、死ぬまで純潔だったと言われているしかし出産の際に処女膜が内側から破られてしまっているため、確認のしようがない。女なのに童貞と呼ばれているのもそのためだと思われる。を読んでいたり、糸をつむいだり、井戸で水汲みしている時などに大天使ガブリエルに身籠っていることを伝えられる。
最初は言われたことにパニックになるが、落ち着きを取り戻して自分の身籠っている男の子をイエスと名付けることにして、改めて主の召使いであることを認識した。パニックになりすぎだろ。
大天使ガブリエル
  • マリアの前に現れた天使で、マリアの中にいる子供イエスと名付けろと命令する。神からのメッセンジャーとしてマリアの前に現れお告げをした。しかし、彼がどんな能力があるかよくわからない。
ただ、人の妊娠を見分ける能力に長けていることはこのエピソードから判明している。純潔のしるしに白いユリを持ってくることが多い。
  • 純潔の象徴として現れる。重要な引き立て役である。本当は聖霊。絵画にもよく出てきます。
ヨセフ

原因[編集]

なぜマリアがこの時イエスを身ごもったのかは現代の科学では説明できない。ガブリエルによると聖霊が体を覆ったよるもので、何もおかしいことではないとのこと。ガブリエルは「マリアよ、恐れることはない」などとマリアに話しているがやはりありえない話であり、非常に恐ろしい。古代から伝わるため新しい生殖方法として研究されたが、天使は舞い降りてこなかった。

一部の専門家[誰?]によるとぶどう酒とパンの食い過ぎで体がおかしくなって突然変異したと推測しているが、そのようなことは実際ありえない。秋田の聖母マリアによる奇跡なのかもしれないが、さすがにそこまでの力は無いため違うとされる。

2014年、ロクサーナ・ロドリゲスという、イタリアの修道院につとめる33歳の修道女がこのように性行為をせず妊娠して男の子を産んだということも発生している。時代が時代なのでマリア2世とはならなかった。

絵について[編集]

この「受胎告知」の話は有名なためたくさんの絵が有名な画家によって描かれている。基本的に左に大天使ガブリエルがいて、右にマリアがいる構図で、右の方が上というキリスト教の教えを守っている。レオナルド・ダ・ヴィンチもこれの絵を書いており、処女懐胎(アーン♥♥をしなくても子供が生まれること(つまりマリアのこと))を信じていたとされる。[要出典]

結論[編集]

どんな理由でキリスト教徒になったかは完璧には分からないが、この不思議な話に魅せられてキリスト教徒になった人がほとんどだといえるだろう。

関連項目[編集]


この項目「受胎告知」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第31回執筆コンテストに出品されました。