北鎌倉駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

北鎌倉駅(きたかまくらえき)とは、神奈川県鎌倉市にある駅である。寺が所有する駅として有名。

概要[編集]

神奈川県のなかにはアメリカ軍が管轄の神武寺駅などがあるが、寺所有の駅もあり、それがこの北鎌倉駅である。建長寺所有のこの駅は、常設改札口が建長寺に設けられており、主に観光を目的とした駅として開業したのである。もとを言えば横須賀線を乗り継いで修行に来るお坊さんのためでもあったのだが、戦後はほぼ観光用にしか使われなくなってしまったのである。そして現在は観光客のみならず、学校に行く生徒なども多く利用。寺所有駅とはいえ、ほぼ利用客は学生というギャップに悩まされる駅である。ほとんどの列車が通過するなか、夏季などには成田エクスプレスがこの駅に停車する。大船駅のほうがでかいし、この駅に停まる理由もないのに止まらせるのは何かあるのだろうか…?

駅構内[編集]

この駅は二面二線。構内踏切がある。駅の口があるのは1番線の下り方面だけで、2番線方面は非常改札口の扱いである。簡易Suica改札機という田舎のための機械が置いてあるのみで、ほぼ使われずにいるものである。忙しいときたまに鎌倉駅より駅員が出張、寺所有のはずなのに勝手に検札を行っているのである。朝の時間帯は非常改札口を一つ開けているが、これは高校用という名目のもとに地元住民の救済を行っている。また、寺からの要請によりリニューアル工事が進められ、2014年には久里浜方1番線が拡張されている。継いで2番線も拡張され、よりよくなっていく…のだろうか。実はみどりの窓口も設置されていたりする。しかし被管理駅(管理元)は鎌倉駅のため、独立しているわけではない。

沿線環境[編集]

もともとこの駅は円覚寺のために作られたそうなのだが、観光目的としては建長寺のほうが多い。そのため昔は円覚寺の管理だったが現在は建長寺である。ほか、バス停は少し遠くにある。というか結構遠くである。しかしこの駅を利用し、このバスを利用する人はあまりいない為、そのことも誰も気にしないこととなってしまっているのである。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「北鎌倉駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)