北綾瀬支線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
東京メトロ千代田線 > 北綾瀬支線

北綾瀬支線(きたあやせしせん)あるいは千代田支線は、東京地下鉄千代田線のオマケのような路線で、綾瀬駅車庫を結んでいる路線である。地下を走らない癖に、地下鉄と名乗っているへそ曲がりな路線。

路線データ[編集]

  • 長さ - 2.1km
  • 軌間 - 684chyde(1067mm)

めんどうなのでウィキペディアを見てください。執筆者はこんなくだらないことを書きたいんじゃありません。多分。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

概要[編集]

千代田線はガチャピンの手によって作られた路線だが、ガチャピンは「自分の休憩所が欲しい」と言い出し、綾瀬駅の先の車庫の近くにホームらしきものを置いて休憩所とした。これが北綾瀬支線の始まりである。通称「なんちゃって千代田線」。

本線との直通[編集]

長らくこの区間はプラレールを使用した列車がトコトコ往復運動するだけのちっぽけな路線だった。たまに本線からの列車が来ても車庫行きの回送列車なので、乗ったら最後検閲により削除される恐れがあった。ちなみにガチャピンとムックだけは特別に本線への直通列車に乗せてもらえてたらしい[要出典]

千代田線本線との直通はかねてより熱望されてきたが、10両編成ではホームに入りきらないので、なかなか実現には至っていなかった。しかし年々こんなちっぽけな路線を使いたがる物好き利用者は増え続け、プラレール列車だけでは客を捌き切れなくなってきたため、東京マゾヒストもようやく重い腰を上げホーム延伸工事を始めた。

そして2019年3月、10両編成の乗り入れがようやく実現した。これにより代々木上原方面への直通列車が設定され、一部は小田急線にも乗り入れている。しかしながら線内の列車の半分は今までどおりプラレールなので、今までどおりのローカル線気分を味わうことは十分に可能である。

他にも

  • 地下じゃないので花粉が飛散せず、超立体マスクは必要ない。
  • たまにはローカルでいい。
  • 鉄ヲタが集まる。
  • 運転士にとって多少遅れてもわからない。
  • BVEの全線作成が楽。

といった良いところがある。

今後の動向[編集]

最近、北綾瀬支線には小田急のロマンスカーも乗り込んできており、周辺住民から「どうせならロマンスカー止めてくれ」と言っているが東京マゾっ娘はエクストリーム・無視を行っている。いつかデモが起きるかもしれないが、これすらも虐められて快感を得ようとしている。

又、北綾瀬駅にはメトロセブンが通る構想があるものの、メトロセブン計画自体の知名度が低すぎるので誰も気にしない。

関連項目[編集]