北島三郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

北島三郎(きたじま さぶろう、kitazima Saburou)は、日本を代表する演歌歌手であり、北島音楽事務所(通称、北島ファンド)の代表である。愛称はサブちゃん与作猿

人物[編集]

生誕の地は北海道渡島管内にある知内大帝国であり、同帝国内には北島三郎がポケットマネーで建設したJR津軽海峡線知内駅(特急停車駅)(但し、帝国内のみ第三セクター「大野鉄道」が運行)があったものの三郎の紅白引退に先立ちこの駅も引退した。なお、社長が函館西高校まで通学していた当時を歌ったのが、あの函館の女である。(「はるばる来たぜ」と言っているが、知内~函館の距離は高尾~東京間と大差ないと言われている。また、北島は2014年「高尾山」を発表し一部の投資家から「第二次函館の女」と呼ばれている。)(知内~函館が遠いとみるか近いとみるかは皆さんの想像に任せることにしよう。) 長年にわたって継続していた日本放送協会株主総会への参加を50回を節目として辞退したのちは、毎年愛車のキタサンブラックで京都競馬場に乗りつけ頼まれてもいないのに約3kmのパレードを行うことを、『まつり』と称して新しいライフワークとしている。

北島ファンドの設立[編集]

数々のヒット曲を打ち出した北島氏は、その印税を元手に北島音楽事務所を設立した。その業務は、駆け出しの演歌歌手を買収し、一人前の演歌歌手として育て上げて収益を上げるタイプの投資ファンドである。種類としてはバイアウト・ファンドの中のヴァルチャーファンド企業再生ファンドなどに近いと言える。主に国内の機関投資家から資金を集め、運用している。

運用実績[編集]

北島ファンド山本譲二小金沢昇司などの運用で実績を収め、1963年から1992年の間 (運用期間はすべて3年+オプション2年)は15~20%台の好成績を上げてきたが、最近は業績が低迷していた。しかしながら最近の北山たけし和田青児などの運用で2003年から2007年までの間では50.24%の大台をたたき出した。 業界ではアメリカのKKRとも比較され、日本独自のファンドとしての地位を確立している。

買収手法[編集]

北島ファンドの買収手法はケースバイケースで一定していないが、一例では、銀行や闇金などから債権を買い取り、被債権者が北島氏により投資対象と判断された場合は、事務所との独占契約を結ぶ条件で債権放棄を行う、などといったユニークな買収手法をとることもしばしばある。

北島ファミリー[編集]

北島ファンドで再生した企業団を世間では北島ファミリーと呼ぶ。持株会社であるSABURO&.coを中核とするこのグループでは再生した演歌歌手は未来永劫キャッシュフローを生む優良企業として活躍している。このファンドのレベルの高さを証明していると言えるだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北島三郎」の項目を執筆しています。
この項目「北島三郎」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)