募集

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
安倍首相による日本語的に正しい答弁

募集(ぼしゅう)とは、日本語の一般名詞である。意味について、辞書によって様々な書き方をされるが、断じて募るという意味の言葉では無い。

概要[編集]

「募集」という熟語は同じような意味の漢字を二つ並べた熟語の構成をしている。同様の例としては「思考」や「幸福」などが挙げられる。つまり、募集は「募る」「集まる」という似た意味の漢字によって構成している。しかし、「思考」や「幸福」が構成する漢字両方の意味を持っているのに対し、あくまで募集には「集める」という意味はともかく、募るという意味は無い。

しかし、世の中ではこの二つを同じ意味だと誤解している者も多い。ある国会議員は国会の答弁において「日本語を四十八年使っているが、募るというのは募集するというのと同じ。」と話した。後述するように「募る」と「募集する」は別の意味であり、この国会議員は学の無さを晒すこととなった。

論拠[編集]

岩波書店の発行する広辞苑第七版には「募集」について「つのり、あつめること。」と書いてある。つまり、「募集」という言葉は「つのり、あつめること」という意味であり、募るという意味では無い。

また、同辞書の「募る」の欄には「広く求め集まる。募集する。」とあるが、これは「募る」に「募集する」という意味があるのであって、「募集」に「募る」という意味があるという訳では無い。

大修館書店明鏡国語辞典によれば、「募る」と「募集」には両方とも「広く呼びかけて集める」という意味がある[1]。これもあくまで募ると募集が共に同じ意味を持つというだけで、募ると募集が同じ意味であるということでは無い。

募っている翻訳.jpg

また、Google翻訳で「募ってはいるが募集はしていない」を翻訳すると、「We are recruiting but not recruiting」と出てくるが、この二つのrecruitingは別の意味である。「right」に「右」「正しい」「権利」等さまざまな意味があるように、この場合最初のrecruitingは「募る」という意味で後のrecruitingは「募集する」という意味である。

類似例[編集]

これも類似例である。広辞苑には「花見」は「花を見て遊び楽しむこと」と書いており、本人の感情によって「桜を見る会合」と「花見」はイコールで結び付けられない[2]が、野党を中心に誤解している者が多い。

脚注[編集]

  1. ^ 「募る」には「広く呼びかけて集める。募集する」。「募集」には「広く呼びかけて、人やものを集めること。」とある。
  2. ^ 特に、桜を見る会をコネクションを作る会合と考えた人には桜を楽しむ余裕など無いだろうから「花見」とはならない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「募集」の項目を執筆しています。
  • 責任 言わずもがなだが、1文字の漢字である。にも関わらず熟語と誤解している者が多い。